ページの本文へ

これからのダイキンの取り組み

Q. ダイキンがこれからめざすことは?

A. ライフサイクルを通じた取り組みを実施していきます。

冷凍空調機器の環境負荷を最大限に低減させるためには、冷媒の低GWP 化に加えて、冷媒の適切な管理、回収・再生・破壊の着実な実行など、製品のライフサイクルを通じた取り組みが必要です。また、機器のエネルギー効率向上を含む、機器の省エネ性にも取り組み、サステナブルな社会の実現に寄与していきます。

これらの取り組みはキガリ改正をはじめとしたHFCのCO2換算総量での削減の達成に向けても非常に有効な手段となり得ます。

冷媒にかかわる取り組みとめざす姿

冷媒にかかわる取り組みとめざす姿 1 冷媒メーカーとしての役割 2 機器メーカーとしての役割 3 ステークホルダーと一体となった役割 冷媒破壊 機器据付 機器使用 機器および冷媒回収

1 冷媒メーカーとしての役割

ニーズの多様性に応える冷媒を提供しつつ、冷媒の再生および再利用を実行し、循環型社会をめざします。

  • 下記特性を持つ冷媒の開発/生産
    • 温暖化規制に対応した冷媒
    • 安全かつ妥当な価格の冷媒
    • 機器の能力とエネルギー効率のバランスを考慮した冷媒
  • 冷媒の再生/再利用のための技術確立

「冷媒の破壊」については、「CSR・環境」の「フロンの回収・破壊」もご覧ください。

2 機器メーカーとしての役割

機器・システムのエネルギー効率の向上と多様なニーズに応える最適な冷媒の選択に取り組み続けます。

  • 冷媒メーカーとの連携による機器に応じた最適な冷媒選定
  • 冷媒漏れの少ない機器設計
  • 省冷媒設計

「機器の据付」については、「CSR・環境」の「2014年度の活動ハイライト 環境:低温暖化冷媒の普及促進」もご覧ください。

3 ステークホルダーと一体となった役割

ステークホルダーとともに、漏洩を防止し、確実な冷媒回収を実施することによる循環型社会実現に向けて取り組みます。

  • 確実な冷媒回収の実行および実現するための回収技術の開発
  • 漏洩を防止する確実な据付
  • 冷媒管理の徹底に向けた啓発/技術教育
  • 回収/再生・破壊の新たなスキーム構築

「機器使用」については、「CSR・環境」の「2016年度の活動ハイライト 顧客満足:お客様が直面している空調機器管理のお困りごとを解決」もご覧ください。

「機器および冷媒回収」については、「CSR・環境」の「フロンの回収・破壊」もご覧ください。

ページの先頭へ