ページの本文へ

トップ > 企業情報 > CSR・環境 > 活動ハイライト > 品質・CS:サービス品質の向上
2014年度の活動ハイライト3

品質・CS:サービス品質の向上:日本の質の高いサービス対応力を中国全土に広げる

Why? なぜ重要か

拡大する中国市場において急がれるサービス体制の整備

ダイキングループは、グローバルに空調事業を拡大する中で、エアコンを販売するだけでなく、据付工事やメンテナンスなどのサービス体制を充実させ、お客様満足度の向上を追求しています。製品の総合相談窓口を世界27拠点に設置し、また、お客様満足度調査を22カ国で実施するなど、お客様の声を把握しながら、据付工事やメンテナンスを行う販売店に対する技術支援などのサポートに努めています。

急成長する中国市場において、1995年に現地法人を設立して以来、売上高が年々拡大し、販売エリアも大都市から地方へ急速に広がっています。そんな中、サービス体制を量と質の両面で強化し、お客様満足度の向上に不可欠なサービス品質の向上を図ることが急がれていました。

中国地域の売上高

中国地域の売上高

ページ上部へ戻る

DAIKIN’S APPROACH

営業・販売店・サービスが一体となってお客様の満足度向上をめざす

ダイキングループがめざしているのは、お客様とのコミュニケーションを大切に、確かな技術に裏打ちされたきめ細かいサービスの展開です。

エアコンの主な故障原因は据付時の工事不良ですが、中国の大手空調メーカーは自社でSE(サービスエンジニア)を持たず、据付工事やメンテナンスは協力店に任せることが一般的です。一方、ダイキンでは自らサービス会社を設立し、社員SEを置くことで、据付・修理品質の向上に取り組んできました。しかし、事業の急拡大に対応するには、自社だけでなく、据付・修理を担う現地販売店との協力が重要です。

中国のダイキングループは従来から「We are DAIKIN Family」の合言葉のもと販売店と強い絆を築いてきました。販売店の満足を図ることがお客様満足の向上につながると考え、販売店の支援に注力。2014年度は販売店支援をさらに強化するとともに、「販売店は大切なパートナーである」という意識をサービス会社の全従業員に浸透させる意識改革に取り組みました。

ページ上部へ戻る

PERFORMANCE

販売店向けの技術教育を強化し、日本が誇るサービス品質を徹底

ダイキンは中国でのサービス拠点を増やし、各地に社員SEを配置しています。2014年度は一気に30拠点を新設し、特に地方のサービス体制を強化しました。社員SEは、自身が据付工事やメンテナンスをするだけでなく、販売店の指導もしています。そのためにもまず社員SEが確かなサービスを提供できるよう、社内研修「サービス大学」で技術力の教育をしています。2014年度末現在で、研修を終えた社員SEは455名にのぼっています。

こうした社員SEが培った技術を販売店に展開すべく、2014年度は、販売量の多い販売店や新規の販売店を中心に、営業と一体となって現場での指導を強化しました。無理な配管接続など雑な工事がエアコンの不具合につながりかねない箇所を修正指導するなどした結果、販売店が不具合を未然に防止できるようになりました。

中国でのサービス体制強化

中国でのサービス体制強化

販売店との関係強化でお客様満足度向上

これまでお客様向けには、北京、上海、広州に相談窓口を設けて、お問い合わせに対応してきました。加えて2014年度は、販売店専用の相談窓口を設置し販売店からのお問い合わせに確実に応える体制を整備しました。

技術指導の強化や専用相談窓口の設置によって販売店とのコミュニケーションが深まったことで、問題が拡大する前にダイキンに相談し早めの対応・解決ができるという成果が現れています。中国では感謝の意を表すときに旗を贈る文化がありますが、2014年度のダイキンへの「旗」の寄贈枚数は前年度の5倍以上に急増しました。さらに、販売店との関係が強化されたことで、販売店がお聞きしたお客様の情報をダイキンが把握しや すくなり、機器更新や増設など、売上拡大にもつながっています。

販売店満足の向上がお客様満足の向上につながるという考えのもとで進めてきたこうした取り組みによって、2014年度に中国で実施したお客様満足度調査の結果は、2011年度の5点満点中4.4から4.7に向上しました。

販売店のサービスエンジニア研修

販売店のサービスエンジニア研修

販売店からの「旗」寄贈

販売店からの「旗」寄贈

販売店からの感謝を示す「旗」の数前年度比5倍

ページ上部へ戻る

NEXT CHALLENGE

日本の質の高いサービスを理解する中国人幹部候補を育成

今後、中国でさらにサービス品質を高めていくためには、日本流の迅速かつ丁寧なコミュニケーション対応を理解し実践する中国人幹部の育成が重要だと考えています。そこで、2011年度から日本での留学経験があり、日本の質の高い接客サービスを実生活で体感した中国人を中国のサービス会社で採用しています。2014年度は6名の中国人留学生を採用し、中国の「サービス大学」で空調の基礎やサービスの基礎を学ぶ研修のほか、日本でSEに同行して工事やメンテナンス現場におけるサービスを学ぶ現場実習、日本の“おもてなし”に関する基本姿勢を体感するコンタクトセンター研修など9カ月にわたる研修を実施しました。

今後、サービス拠点ごとの交流頻度を増やして販売店との関係を一層強化するとともに、日本流サービスの浸透を図ることで、中国においてお客様満足度No.1企業をめざしていきます。

ステークホルダーの声

他社にはないサービスで共にお客様満足を高めていくために

現場に足を運んで工事指導をしてもらうなど、ダイキンにはさまざまな支援をしてもらい、感謝しています。お客様からも、特に部品の配送スピードが速いと評価されています。

市場はますます厳しさを増し、他社との差別化が難しくなってきています。今後もお客様満足度の向上に向けて、据付・施工技術に関する標準化とその徹底や、情報共有などのサポートをお願いしたいです。例えばWEB上にお客様が困りごとを簡単に解決できるような情報を掲載してもらえると、販売店とお客様が対話をする際にも役立つと思います。

ダイキン中国販売店 江蘇大宇有限公司 董事長 任 偉国氏

ダイキン中国販売店
江蘇大宇有限公司
董事長任 偉国氏

ページ上部へ戻る

おすすめコンテンツ

ページの先頭へ