ページの本文へ

資源の有効活用

廃棄物の削減

資源の有効活用

廃棄物の削減

ダイキンでは2010年度までは生産工程で発生する廃棄物の100%再資源化に取り組んできました。2011年度からは、出たものを再資源化するのではなく、出るものを減らす取り組みへ方針を変更し、排出物(有害廃棄物も含めた、廃棄物および再資源化物)の削減に取り組んでいます。

2020年度に基準値(2013年度から2015年度の平均)比5%削減を目標として、部品などの梱包材の再利用や通い箱の利用などで排出物の発生抑制に取り組んでいます。2018年度のグループ全体の排出量原単位は基準値に比べ8%削減となりました。

排出物量/生産量あたりの排出物量原単位

排出物量/生産量あたりの排出物量原単位
環境行動計画2020の策定にあたり、集計対象範囲・算定方法を見直したため、過年度の数値を遡って修正しました。

旧集計対象範囲・算定方法による2015年度以前の実績はこちら(1.9MB)。

関連情報

ESGデータを探す

CSR・環境
ページの先頭へ