ページの本文へ

CSR行動計画2020

基盤的CSR

CSR行動計画2020

コーポレート・ガバナンス

経営課題と環境変化に対し、意思決定と実行のスピードアップと、透明性・健全性の高度化との両面を推進し、企業価値の向上を図ります

取り組み内容

  • 取締役会の独立性・多様性・透明性の確保(単体)
  • コンプライアンスの徹底
2018年度実績
社外、女性、外国人取締役数

社外3人 女性1人  外国人2人 (単体)

取締役メンバーの多様性を測っています

自己点検実施率

99%

自己点検の実施率により、コンプライアンスの遵守状況を測っています

人権の尊重

各国・地域の法令などを踏まえ、人権に関するさまざまな国際規範を理解し、基本的人権を尊重します

取り組み内容

  • 人権尊重の徹底
2018年度実績
自己点検実施率

99%

自己点検の実施率により、「人権の尊重」の徹底状況を測っています

サプライチェーン・マネジメント

環境負荷、品質保証、労働安全衛生など、サプライチェーン全体で当社の社会的責任を捉えます

取り組み内容

  • CSR調達の実行
2018年度実績
CSR調達実施率

94%(単体)

社内基準を満たした取引先様の割合を測っています

ステークホルダー・エンゲージメント

広く社会と双方向のコミュニケーションを行い、社会の要請や期待に適切に応えているか、私たちの活動を常に見直します

取り組み内容

  • ステークホルダーとの双方向の対話と経営への反映
2018年度実績
空調懇話会の開催回数、外部出席者の人数

世界5地域で計6回開催し、大学教授・専門家などのべ37カ国114人が参加

数あるエンゲージメントの中でも特に事業の根幹である空調にかかわる、世界の有識者との対話の回数です

地域社会

各国・地域の文化・歴史を尊重しながら、地域社会の一員として、地域と強い絆をはぐくみます

取り組み内容

  • 「環境保全」「教育支援」「地域共生」への貢献
2018年度実績
社会貢献活動費

14億円

地域社会への寄付や物品の支援額を算出しています

CSR・環境
ページの先頭へ