ダイキン工業株式会社

グループ行動指針

7.企業情報の適時・適切な開示

私たちは、社会から信頼される、透明性の高い「開かれた企業」を目指し、株主・投資家などはもとより、広く社会に対し、企業情報を積極的かつタイムリーに開示し、双方向のコミュニケーション活動を行います。

具体的指針

  1. 社会から信頼される、透明性の高い「開かれた企業」の実現
    1. 私たちは、株主・投資家やお客様、お取引先などのダイキングループと関わりのあるすべての方々に対して、企業活動に関わる情報を積極的に発信するとともに、ダイキングループへの意見・要望を真摯に受け止め、企業活動に反映することによって、社会から信頼される、透明性の高い「開かれた企業」として、相互理解の促進に努めます。
  2. IR(インベスター・リレーションズ)活動での適正かつタイムリーな情報開示
    1. 私たちは、株主・投資家などの方々に対して、法制度に基づく情報開示(会社法や金融商品取引法に基づく計算書類や有価証券報告書など)は当然のこととして、経営理念、経営戦略、事業計画など、有用で信頼性のある情報を積極的に、かつ適切、タイムリーに開示し、企業経営への理解促進を図ります。
    2. 特に重要な情報の開示については、情報開示委員会が、その妥当性・適正性の判断を行い、アカウンタビリティ(説明責任)の一層の充実をめざします。
ページの先頭へ