ダイキン工業株式会社

グループ行動指針

5.情報の適切な管理と活用

私たちは、当社の機密情報、お取引先等から入手した他社の機密情報およびお客様・従業員等の個人情報を適切に管理し、有効に活用するとともに、これらの情報を不正に入手しません。また、情報システムのセキュリティ管理を徹底します。

具体的指針

  1. 当社機密情報の適切な管理と活用
    1. 私たちは、当社の機密情報が、社外に漏えいしないよう、秘密表示・アクセス制限・情報セキュリティなどを実施し適切に管理・活用します。
    2. 私たちは、当社の機密情報を開示する場合、その開示内容や方法について十分検討したうえで、秘密保持契約を締結するなどして、第三者への漏えいを防止します。
    3. 私たちは、退職後も在職中に知り得た機密情報を第三者に当社の許可なく使用または開示・漏えいしません。
  2. 他社機密情報の正当な入手と適正な使用
    1. 私たちは、他社の機密情報を入手する場合には、正当な権限者から正当な方法で入手します。
    2. 私たちは、入手した他社の機密情報を他社との契約に定められた利用可能な範囲内においてのみ使用し、当社の機密情報と同じく適切に管理します。
  3. 個人情報の適切な取扱い
    1. 私たちは、個人情報を取得する場合、ご本人に利用目的をお伝えし、その利用目的の範囲内で利用します。また、グループ会社間で共同利用する場合は、共同利用者の範囲・利用項目・利用目的などを、あらかじめご本人に通知するか当社ホームページなどで公表します。
    2. 私たちは、お客様・お取引先・従業員などからお預かりした個人情報の漏えい防止に努めます。
    3. 私たちは、データベース化した個人情報について、ご本人から開示・訂正・利用停止などの要求があった場合は、適切に対応します。
  4. 情報システムの適切な管理
    1. 私たちは、ダイキンの情報システム(コンピュータシステム、ネットワークおよびコンピュータシステムで保管している情報資産)を保護し、適切に使用するために、ITセキュリティガイドラインに従いITセキュリティ管理を徹底します。
    2. 私たちは、外部からのコンピュータウイルス攻撃等のサイバー攻撃に対して常に注意を持って行動します。また、万が一攻撃を受けても、ウイルスによる実被害を防ぐため、ITセキュリティガイドラインに従って行動します。
ページの先頭へ