ページの本文へ

フィルタ事業

空気清浄機向け高機能フィルタや集塵フィルタで快適な空気づくりに貢献する、フィルタ事業。大気汚染の抑制や、家・オフィス・工場の空気環境改善など、人をとりまく空気に対するニーズは高まるばかりです。空調事業との融合によるあらたな市場の開拓など成長を続けています。

空調×フィルタで広がる新しい価値とマーケット

イメージ:空調×フィルタで広がる新しい価値とマーケット

イメージ:空調×フィルタで広がる新しい価値とマーケット

フィルタ事業の主な製品は、クリーンルームの空気浄化フィルタや工場の排気ガスの集塵・消音のためのシステムです。ダイキンは、2007年からのグローバル規模の買収により、製品ラインアップの充実と販路の拡大をすすめています。マレーシアの空調メーカーOYL社の傘下にあった「アメリカンエアフィルタ」の業務用フィルタと大規模プラント向け集塵システムなどのP&I(パワー&インダストリアル)事業、高性能フィルタを得意とするエアフィルタの日本No.1メーカー「日本無機」、さらに製薬や食品分野などクリーンルーム向けの高機能・高付加価値製品に強く住宅用フィルタも手がける米国No.1メーカー「フランダース社」、北欧No.2メーカー「ディンエア社」も買収。空調事業との親和性が高いフィルター事業は、新しい市場を開拓しながら「第3の収益の柱」として大きく成長していく事業です。

ページの先頭へ