「草屋根」

ノルウェーの草屋根の家。厳しい気候から暮らしを守るだけでなく、周囲の自然ともよく調和している。

夏は涼を保ち、
冬は寒さを緩和する草の屋根

陸地が氷河に浸食されてできたフィヨルドが有名なノルウェーは、その国土の3分の1が北極圏に属している。内陸部や北部では、冬の寒さはもちろん、夏の陽射しが強く、暑さも厳しい。そんなノルウェーの伝統的な住まいは、日本と同じ木の住まいである。壁面は、なんと丸太や太い木材を水平に積み重ねる校倉造り。さらに特徴的なのは、白樺などの樹皮を敷き、土を載せ、芝を植えた“草屋根"である。夏は草の蒸散作用で室内を涼しく保ち、冬は断熱材の役割を果たし寒さを緩和する。ヒートアイランド現象が心配される日本でも注目されており、草屋根のある家を提案する住宅会社も現れているという。

空気の可能性を信じ、追い求め、

新しい価値をくわえて
これまでになかった空気を、世界へ届けます。

空気で答えを出す会社

ページの先頭へ