ページの本文へ

COLLABORATOR NO.1

コラボレーターとともに
未来を
切り拓く
ダイキンならではの協創。

東京大学 工学系研究科/
政策ビジョン研究センター教授
坂田一郎/Ichirou Sakata

オープン・イノベーションをいち早く。

研究開発や事業化の現場を外に開き、外部の知的資源を社内に取り込む――オープン・イノベーションは、今日の企業のイノベーション活動を語るうえで最も重要な要素です。その実現のためには、社外の事象に目線を広げて理解し、組織の内外をつなぐインターフェースを設け、さらに研究・商品開発に内外の知を結合する新しい役割を付与するなどの条件をTICに整える必要があります。

ダイキン工業は、このオープン・イノベーションを日本企業の中でも迅速にかつ本格的に進めている企業のひとつです。推進する司令塔組織を明確にし、テクノロジー・イノベーションセンター(以下、TIC)という規模の大きなインターフェースを設け、多くの大学と組織同士の連携を並行して進めている点で、独自の先進性を発揮しているといえます。

グローバル企業であるからこそ。

開発した技術や生み出したアイデアを、いち早くグローバルに展開したいと考えている大学やベンチャーがあります。また、企業と共同研究を行うだけでなく、開発済みの革新的な技術群をグローバル企業の力を借りて広く打ち出したいと考えている研究者の方々や大学発のベンチャーが増えています。

ダイキン工業は、そうしたコラボレーターにとって最良のパートナーであるといえるでしょう。連携のチャンスを、幅を拡げて探索し、スピーディに知を活用していくことが重要です。一方で、世界シェアが高まると、大きくなった本業との対比で、社内で小さな芽を育てることが難しくなる面があります。大学やベンチャーには、規模の大小ではなく、他とちがうこと自体を大事にする気風があります。そこで、それらを「特区」として活用し、そうした組織内で小さな芽がある程度成長するまで育てることも有効な方策と考えられます。

ハイブリッドな組織文化を活かして。

人と人のつながりや地域コミュニティとの信頼関係を大事にするという日本のよき伝統を受け継ぐと同時に、ダイナミックなグローバル展開を進める——これはダイキン工業の特徴でもあります。社会的な評価の高い中核企業と機動力のあるベンチャー企業、その双方のよさを兼ね備えているともいえるのではないでしょうか。

SDGsやESG投資の理念に対する共感が世界的に拡がり、今や、技術の蓄積が厚い、あるいはビジネスモデルの独自性が高いというだけでは市場から大きな評価を得ることは難しくなりつつあります。そうした中で、ダイキン工業のハイブリッドな組織文化は、シリコンバレーや深圳などに集積する成長企業群との融合を図るうえでも有効な武器になるはずです。理念を共有し、よりよい未来社会を協創するコラボレーターの拡大に期待しています。

坂田一郎 / Ichirou Sakata

1966年生まれ。東京大学工学系研究科/政策ビジョン研究センター教授。
元経産省官僚。エネルギー・サスティナビリティ、ナノテクノロジー、情報科学領域を中心としたイノベーション政策、技術経営、地域クラスター、産業政策論など、現代の課題に挑戦する。
2016年12月よりダイキンのフェローに就任し、ダイキン工業とは、当初より、学術ビックデータを用いて世界の萌芽的な社会課題を特定することを目指した共同研究に携わる。

お問い合わせ

TIC についてのお問い合わせは
下記リンクからお気軽にお送りください。

ページの先頭へ