ダイキン工業株式会社

高専・短大・専門学校採用 DAIKIN RECRUITING WEB 2018

大学卒・大学院修了採用 DAIKIN RECRUITING WEB 2018

採用FAQ

ダイキン工業への応募方法を教えてください。
学校推薦となります。
求人票の有無をご確認いただき、就職担当の先生にご相談の上、先生より採用事務局へご連絡ください。
(詳細は求人票に記載)
筆記試験はどのような内容ですか?
筆記試験は総合適性検査を実施しています。
選考は、試験結果だけに偏重しないよう、学校での成績や面談の内容も含め、総合的に判断させていただきます。
選考の「面談」について教えてください。
面談員と学生複数名のグループ面接です。ダイキン工業では「面接」ではなく、「面談」と呼んでいます。
学生の皆さんのことを知り、逆にダイキン工業のことを知ってもらう場と考えております。
語学力は必要ですか?
語学力はアピールポイントにはなりますが、必須ではありません。
選考基準は一律ではありませんので、専門性・人物・語学力など、それぞれの人が持つ特長を発揮していただきたいと考えています。
専攻科は募集していますか?
大卒と同じ扱いでの自由応募となります。ダイキン工業の大学卒・大学院修了採用ページからエントリーください。
インターンシップは行っていますか?
高専4年生を対象に毎年7月〜9月頃に行っています。
主に製作所での製造工程実習やフィールドサービスのメンテナンス実習を行っています。
入社後の研修はどのくらいの期間、どんな内容で実施していますか?
集合研修は約1ヶ月。大阪本社が中心です。会社全体の理解(理念・ビジョン・現状の課題)、語学、企画プレゼンテーション研修など・・・年によって異なりますが、営業研修・製造研修を実施する場合もあります。
勤務地について教えてください。
サービス本部に配属された場合は勤務地は全国にあります。それ以外の部門に配属された場合は工場のある大阪・東京・滋賀のいずれかが勤務地となるケースがほとんどです。
入社後に、配属面談(本人の希望調査)を実施します。各部門のニーズとマッチングさせ、配属先を決定します。
研修制度はありますか?
導入教育が終わると、その先は社員一律の研修はなく配属先での研修に入ります。それ以外にも、自ら向上しようと努力する人を支援し、その能力を最大に発揮できる環境づくりをしていきたいと考えています。現在は、海外拠点実践研修・語学研修・通信教育などの機会を提供し、多くの社員が成長のきっかけにしています。
配属後の異動について教えてください。
期間が決まったローテーション制度はありません。
部門の人材ニーズと従業員本人の長期的な育成の観点から適性な異動を行います。
1年に一度、自己申告の機会として自由に会社に希望を伝える制度もあります。
海外勤務について教えてください。
海外では、ダイキングループ現地従業員がたくさん活躍しています。日本からの出向者のほとんどは、現地幹部の立場で行くケースが多く、日本での経験・ノウハウを伝える役割を担っています。また、グローバル事業の拡大に伴い海外拠点(事務所・工場)の立上げスタッフのニーズが増えています。
スペシャルコンテンツ
ダイキン工業について
ダイキン工業の人と仕事
採用情報