このページはJavascriptを有効にしてご覧ください。


〜 快眠カプセル 〜



4℃差の「頭寒足熱」が快眠のポイントでした。

ぐっすりと眠ることは健康な生活に欠かせません。ストレスの多い現代社会では、「なかなか寝つけない」「熟睡感がない」など、1000万人以上もの人が不眠症で悩んでいます。
そこで、「快適なねむりのために、空調技術が活用できないだろうか?」このテーマを掲げて取り組んだのがダイキン空調技術研究所。これまでも、より快適な空間を提供するために技術開発を重ねてきましたが、その空調技術、ノウハウを結集して「快眠カプセル」を開発。現在、製品化を検討しています。

開発時は、マスコミ関係の方や、ソフト開発業務の方への仮眠設備、空港・高速SAなどでの仮眠サービス、ヒーリングサロンでの展開を考えておりましたが、家庭用など新たなターゲットを含めて幅広いビジネス展開を考えています。

「空気の質を含めた環境をコントロールして、人のための心地よさを考える」
総合空調メーカーダイキンが考えた未来空調の一つのカタチです。




快適なねむりのためには頭寒足熱が理想とされています。簡単にいうと頭を涼しくして、足を温めること。ダイキンではその温度差が4℃の時がもっとも快眠につながることをつきとめ、「快眠カプセル」でそれを実現しました。


<快眠カプセル仕様>

快眠カプセル仕様 空調仕様
頭部と足部に別々の空調ユニット配備。頭涼し目、足元暖か目(約4℃差)の眠りに適した頭寒足熱空間を実現します。
冷房能力 最大280W
暖房能力 最大600W
消費電力 定格300W

最大800W
電源 100V 15A(50/60Hz)


マット部仕様
肩〜臀部には170mmのスプリングマットを搭載、ダブルマットで寝心地を高めます。
W1000×L2000×T70
60mm高硬度ウレタン/10mm低反発ウレタン
ベロアカバー付き
(ポリエステル100%)
バイブレータ6ヶ埋め込み
足熱ヒーター(50W)埋め込み


●一般的なベッド 比較:一般的なベッド
●快眠カプセル 比較:快眠カプセル





快眠カプセル 1.空調モジュール
駆動のなく静かなペルチェ素子による空調を行ないます。

2.空気清浄機
マイナスイオンとフィトンチットを含む清浄空気を送ります。

3.足元ヒーター
足部を暖め、冷えを抑え、血行を促進させます。

4.バイブレーター
軽いマッサージ効果で、血行を促進させます。




現在の最新型
快眠カプセル最新型




睡眠に要した時間と血流量 睡眠中の脳波変動回数




<機能紹介>
●頭部と足部で独立温度制御
カプセル内の頭部と足部に設置された吹出し口から供給される空気温度を独立に制御することで、人が最も快適に感じる頭から足先で約4℃の傾斜温度分布を実現します。
国立精神・神経センターとの共同研究の結果、約4℃の傾斜温度分布下では、睡眠中の交感神経(興奮を司る)活動の亢進が、通常の睡眠環境に比べ、5〜18%抑制され、同じ睡眠時間でも身体・脳の休息効果が高いというデータ−を得ております。

冷媒を用いる空調方式では実現困難
●足熱ヒーター&バイブレータ搭載
末端部への血行循環を促進することにより、入眠促進制御を行い、ねむりの態勢へと誘導します。
当社の研究結果で、血行促進の結果として足(末梢部)の皮膚温度が34℃以上になると、34℃以下の場合に比べ寝つくまでの時間が半減するというデータを得ております。

血行促進→寝つきを良くする入浴後はねむりやすい
●癒しの空気
ねむりに有効に働くといわれる成分(マイナスイオンおよびアロマ)を含んだ空気を供給することで、リラックス効果をさらに高めます。
●ベルチェ素子を熱源に採用
ペルチェ素子とは、半導体素子によって構成された冷却素子のことです。直流電流を流すことで片方の面が吸熱(冷却)し、反対の面が放熱します。(ペルチェ効果)
駆動部がないので静か


発売予定価格・時期につきましては現在未定となっております。
お問い合わせはこちらまで

ページ上部へ戻る