ダイキン工業株式会社

CORPORATE NEWS [最新ニュース一覧]  2016年6月28日
line
ディープラーニングによるビッグデータ解析に強みを持つベンチャー企業ABEJAと連携
AIによる高度な業務改善・効率化をめざし協業を開始


お問い合わせ

印刷用PDFファイルダウンロード



ダイキン工業株式会社は、当社の技術開発拠点であるテクノロジー・イノベーションセンターを主体として、機械学習の一種であるディープラーニングのビジネスへの応用を専門とするベンチャー企業、株式会社ABEJA(以下、ABEJA)との協業を開始します。ABEJAが強みとするディープラーニングを活用して社内の様々な情報を解析し、AI(人工知能)による高度な業務改善・効率化をめざします。

近年、ビッグデータと呼ばれる大量の情報を解析できる技術としてAIが注目されており、マーケティングをはじめとする様々なビジネスシーンでAIが活用され始めています。製造業においては、開発、設計、製造、品質管理、販売、保守サービスなどあらゆる業務過程で大量の情報が扱われています。特に当社が主力とする空調事業においては、IoTへの対応を進める中で、空調機器に搭載したセンサーが収集した運転情報を、いかに人手や時間をかけずに解析し、運転時の機器制御や保守サービスなどに活用するかが新たな価値提供の鍵となっており、情報の高度な解析が可能であるAIの活用が期待されています。

ABEJAの強みであるディープラーニングは、機械学習の一種で、人間が経験から学習するのと同様に、コンピューターに蓄積された情報からAIが学習して答えを導き出すコンピューティング技術です。当社は、ディープラーニング解析のノウハウを持つABEJAとの協業を通じて、社内にある製造業特有の様々な情報から、AIで解析することによって業務の改善・効率化につながる情報を探索し、解析結果の活用をめざします。
たとえば、空調機器の修理対応など、人が過去のデータを検索し判断していたプロセスでの活用を想定しています。空調機器の修理対応時には、サービスマンが過去の履歴から現在対応中の案件と同様のケースを検索し、経験やノウハウに基づいて対処法や必要な部品を判断するケースが多くありました。AIの活用により、大量の履歴から不具合の傾向を自動で読み取り、対処法や必要な部品を正確に判断して提示することで、修理の一発完了率の向上につながる可能性があります。また、将来の修理対応が必要となる案件を予測し、予防保全のための事前修理の提案にもつなげることができ、お客様の負担を軽減できる可能性があります。将来的には、サービス業務に限らず、様々なものづくり業務への応用をめざします。

当社は、2015年11月に技術開発のコア拠点「テクノロジー・イノベーションセンター」を設立し、異業種・異分野のユニークな技術を持つ企業・大学・研究機関との連携・提携を強化しています。AIは専門性が高い分野であり、今後も最先端の技術を持つ様々な企業との協創によって、技術の進歩・変化のスピードに対応し、新たな価値・事業創出を実現します。

【株式会社ABEJAについて】
ABEJAは、蓄積されたビックデータから、人間の手を介さずしてそのデータを適切に表現する特徴を自動的に見つけ出す「特徴量抽出」の自動化を行う「ディープラーニング」を活用し、多様な業界、シーンにおけるビジネスの効率化・自動化を促進するベンチャー企業です。2012年の創業時より、国内のAI関連を専門とする大学教員陣と連携し、ディープラーニング技術などの研究を行っており、提供するサービスで用いられるディープラーニングの技術は、すべて自社で開発しています。現在は、小売・流通業界を中心にサービスを展開し、株式会社三越伊勢丹ホールディングス、株式会社ゲオ、株式会社ジュンなど、国内大手小売企業を対象に約300店舗への導入実績があります。

   会社名 株式会社 ABEJA
代表者 代表取締役CEO  岡田 陽介
所在地 〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-20 田中山ビル10階
事業内容 ディープラーニングを活用した産業構造変革のサポート
URL http://www.abeja.asia/

【ディープラーニングについて】
ディープラーニングとは、機械学習の一種で、人間が経験によって学習するのと同様に、人工知能がコンピューターに入力されたデータを経験と定義して、自ら学習して答えを導き出すコンピューティング技術のことです。2012年にGoogleが大量の動画データから自動的に対象物が猫であることを認識する画像認識技術を開発したことで、ディープラーニング技術は大きな注目を浴びました。現在では、Google、Facebookなどの企業が研究開発に力を入れており、画像認識以外でも音声認識で活用されるなど、既に多くの分野で利用されています。


ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

●報道機関からのお問い合わせ先
  ダイキン工業株式会社 コーポレートコミュニケーション室
  【本社】 〒530-8323 大阪市北区中崎西二丁目4番12号(梅田センタービル)
TEL (06)6373-4348(ダイヤルイン)
  【東京支社】 〒108-0075 東京都港区港南二丁目18番1号(JR品川イーストビル)
TEL (03)6716-0112(ダイヤルイン)

Adobe Reader ダウンロード Adobe Readerを
ダウンロードする
PDFの資料をご覧頂くためには、Adobe社のAdobe Reader のプラグインが必要です。
お持ちでない方は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、
インストールしてください。