ダイキン工業株式会社

CORPORATE NEWS [最新ニュース一覧]  2016年6月2日
line
【目標年度:2020年度(2021年3月期)】
戦略経営計画「FUSION 20」を策定
英知と情熱を結集し、空気と環境の新たな価値を協創する


お問い合わせ

印刷用PDFファイルダウンロード
投資家情報のページへ



ダイキン工業株式会社は、このほど2016年度から2020年度までの戦略経営計画「FUSION 20」を策定しました。

2015年を最終年度とする「FUSION15」では、厳しい事業環境の中、販売力・営業力の抜本的強化による拡販、全社を挙げたトータルコストダウンを推進しました。また、温暖化係数の低い次世代冷媒R32 を世界で初めて採用するなど、インバータ空調機の普及拡大とあわせ、事業を通じた社会課題の解決にも積極的に貢献してきました。その結果として、この5年間で売上高は約1.2兆円から2兆円超へ、営業利益率は6.5%から10%超へと向上し、事業基盤は一段と強固なものになりました。

今年度からスタートする戦略経営計画「FUSION20」では、重点分野を明確に定めて集中的に資源を投入し、既存事業の徹底強化と、新分野の事業領域拡大を図ります。既存事業の空調・化学・フィルタ分野で世界トップクラスの地位を確固たるものにするとともに、新分野として、「暖房・給湯事業」「エネルギーソリューション事業」「商業用冷設事業」「次世代冷媒・ガス事業」「空気・空間エンジニアリング事業」等にも挑戦します。

「FUSION20」の定量目標として、2018年度中期実行計画を定め、最終年度の2020年にありたい姿として、売上高3兆円規模、営業利益率12%をめざします。

1. 定量目標
(単位:億円)
  2015年度実績 2018年度 中期実行計画 2020年度目標イメージ
売上高 20,437 25,000 30,000
営業利益(%) 2,179
(10.7%)
2,700
(10.8%)
12%

2. 計画の方向性

FUSION20では、既存事業の強化、新分野への挑戦、事業展開を支える経営基盤の強化を図るため、全社重点戦略12テーマを定めています。

既存事業では主力の空調事業において、この5年間、グローバルの主要地域ごとにバランスよく稼ぐことのできる事業基盤を確立しました。FUSION20では、その事業基盤を最大限に活かし、グローバル各地域で稼ぐ力をさらに高めていきます。

特に、世界最大規模の北米市場と、中間層の増加・都市化が著しいアジア市場での事業拡大に注力します。化学事業では、例えば、電動化の進む自動車分野に対して、フッ素材料の新たな用途の開発や、フッ素以外の材料とも組み合わせた複合・非フッ素の事業化を推進し、収益基盤を強化します。さらに、空調・化学と親和性のあるフィルタ事業の成長・発展を加速し、空調、化学に加えた第3の収益の柱として育てていきます。

一方で、空調・化学で培った環境技術を基盤に、IoTや人工知能など時代対応の技術を組み合わせて、新分野へ事業領域を拡大し、事業構造の転換を図ります。「環境・エネルギー」「空気・空間」を軸に、次の5つの事業に注力します。「暖房・給湯事業」「エネルギーソリューション事業」では成果の創出を急ぎます。また「商業用冷設事業」「次世代冷媒・ガス事業」「空気・空間エンジニアリング事業」は、将来を見据えた事業として挑戦していきます。

既存、新分野ともに事業を強化・成長させるためには、メーカーの生命線である技術・モノづくりの高度化は欠かせません。2015年に設立したダイキングループの技術開発のコア拠点「テクノロジー・イノベーションセンター(TIC)」を中心に、グローバルの各研究開発拠点と連携し、社外との協創を進めながら、差別化商品を切れ目なく生み出していきます。また、顧客ニーズにあった商品をタイムリーに供給する仕組みを高度化するため、情報・通信・センサーなどの先端技術を取り込み、最先端のモノづくりを追求していきます。

FUSION15では、M&Aも含めた成長に伴い、海外の拠点、従業員が急速に増え、当社は現在、世界の多種多様な価値観を持つ人材が活躍する企業グループとなりました。今後もグローバルで、より大きく事業を拡大する計画です。

こうした状況に見合う経営基盤の強化として、経営管理の高度化、経営理念の浸透を含めた人材力強化、ガバナンス構築、リスクマネジメントの更なる強化などを、重要な課題としてテーマアップしています。

ページ上部へ戻る

【全社重点戦略12テーマ】
1)既存事業の強化(空調、化学、フィルタ3本柱)
(1) 北米空調事業
(2) アジア空調事業
(3) 化学事業
(4) フィルタ事業
2)事業領域/事業構造転換(環境・エネルギー/空気・空間)
(5) 成果創出を急ぐ新分野 
   暖房・給湯事業、エネルギーソリューション事業
(6) 将来を見据えた挑戦事業 
   商業用冷設事業、次世代冷媒・ガス事業、空気・空間エンジニアリング事業
3) 技術・モノづくりの高度化
(7) TICを核とした切れ目ない差別化技術・商品の創出
(8) 空調事業を支えるモノづくり力の強化
4) 経営管理の高度化
(9) 身軽で強靭な固定費構造の実現
(10) キャッシュフロー極大化を狙いとした在庫の徹底圧縮
(11) グローバルでの経理業務の標準化とIT統合
5) 当社独自の企業理念の実践
(12) 「人を基軸におく経営」を基盤とした人材力強化


以上


ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

●報道機関からのお問い合わせ先
  ダイキン工業株式会社 コーポレートコミュニケーション室
  【本社】 〒530-8323 大阪市北区中崎西二丁目4番12号(梅田センタービル)
TEL (06)6373-4348(ダイヤルイン)
  【東京支社】 〒108-0075 東京都港区港南二丁目18番1号(JR品川イーストビル)
TEL (03)6716-0112(ダイヤルイン)

Adobe Reader ダウンロード Adobe Readerを
ダウンロードする
PDFの資料をご覧頂くためには、Adobe社のAdobe Reader のプラグインが必要です。
お持ちでない方は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、
インストールしてください。