ダイキン工業株式会社

CORPORATE NEWS [最新ニュース一覧] 2016年1月19日
line
平成27年度 省エネ大賞において
『HFC-32高性能空調機の世界展開による省エネルギー推進』が「経済産業大臣賞」
ビル用マルチエアコン『VRVシリーズ』が「省エネルギーセンター会長賞」を受賞



特 長
お問い合わせ

印刷用PDFファイルダウンロード

ダイキン工業株式会社は、一般財団法人省エネルギーセンターが主催する平成27年度省エネ大賞(製品・ビジネスモデル部門)において、『HFC-32高性能空調機※1の世界展開による省エネルギー推進』が最高賞の「経済産業大臣賞」を、またビル用マルチエアコン『VRVシリーズ』※2が「省エネルギーセンター会長賞」をそれぞれ受賞しました。

省エネ大賞は、国内の省エネを推進している事業者や、省エネに優れた製品を開発した事業者の活動を表彰することで、省エネ意識の浸透、省エネ製品の普及促進等に寄与することを目的としたものです。

「経済産業大臣賞」を受賞した『HFC-32高性能空調機※1の世界展開による省エネルギー推進』は、温暖化影響の少ない冷媒HFC-32を採用した空調機を世界に先駆けて2012年に商品化し、日本国内をはじめ世界各国に展開することで、地球規模での温暖化抑制に貢献したことが高く評価されました。流通開拓や販売活動だけでなく国際規格のルール形成や技能者の育成など、環境を整備してきた結果、2015年末までに世界47カ国で550万台以上のHFC-32空調機が使用されるに至りました。国内でもすでに全メーカーがHFC-32空調機を販売しており、今後も世界の温室効果ガス削減において大きな効果が見込まれています。

「省エネルギーセンター会長賞」を受賞したビル用マルチエアコン『VRVシリーズ』は、低負荷時の運転効率を大幅に向上した新型スクロール圧縮機と、冷暖房時の負荷に合わせて全自動で冷媒温度をコントロールする新しい制御技術で、年間の消費電力量を大幅に削減しました。実際のビルにおける空調機の年間使用状況は、真夏や真冬のように負荷が非常に高いなかで運転する時間は短く、運転時間の約90%は機器の定格能力の50%以下で運転されており※3、負荷が少ないときにどれだけ効率よく運転するかがネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)実現のキーポイントとなります。この商品では低負荷時の大幅な効率化を実現し、さらに待機電力も従来比15%削減※4※5することで、年間のトータル消費電力量を従来比約21%削減しました※5

表彰式は1月27日に東京ビッグサイトで開催される「ENEX2016 第40回地球環境とエネルギーの調和展(1/27〜29)」で行われ、受賞製品も展示されます。また2月23日〜26日に同じ東京ビッグサイトで開催される「HVAC&R JAPAN2016」のダイキンブースでも展示します。

当社は今後も、機器の省エネ性はもちろん、グローバルに通用する先進技術やサービスを提供し、快適性と環境保護の両立を実現する商品開発に取り組んでまいります。
    ※1:  従来のR-410Aに比べて温暖化影響の少ないHFC-32冷媒を使用し、インバータ制御を組み合わせた空調機。
    ※2:  VRV Xシリーズ、VRV Aシリーズ、VRV QXシリーズ、VRV Qシリーズ、全237機種において。
    ※3:  当社調べ。事務所ビルにおいて。
    ※4:  本製品は、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業「次世代型ヒートポンプシステム研究開発」プロジェクトの成果を一部活用しています。
    ※5:  用途:事務所ビルでの当社試算。VRV Xシリーズ28.0kW(10馬力相当)と、当社従来機Ve-upWシリーズ同等機種との比較。


【ご参考】主な商品・取組みの特長

「経済産業大臣賞」を受賞 
『HFC-32高性能空調機の世界展開による省エネルギー推進』
新興国市場にアプローチするための「新たなビジネスモデル」
HFC-32空調機を世界各国に展開するためには、空調機市場が急速に拡大している新興国へのアプローチが特に重要です。一方新興国市場では、地球温暖化抑制の取組みは重要であるものの認知されておらず、新興国政府としても取組みに対するモチベーションが高いことがわかりました。そこでダイキンでは、日本政府、国連機関、国際機関と連携し、次の3つの観点でインドをはじめ新興国政府に働きかけを行いました。
新興国市場にアプローチするための「新たなビジネスモデル」

<3つの施策と具体的な活動内容(インドでの実績から)>
施策(1) 国への政策提言 ⇒環境性能の高い冷媒への転換促進
現地での実証実験により地球温暖化抑制効果を証明し、現地セミナーや政府関係機関への個別訪問を通じて、HFC-32高性能空調機がインドの電力政策、気候変動政策に有効であることを訴求しました。
施策(2) 現地産業への技術支援 ⇒転換の容易性の理解
空調機の据付・サービス技術者は、空調機が正常に稼動するために不可欠な存在です。彼らにHFC-32高性能空調機の良さとともに、扱い易さへの理解を深めてもらうため、ダイキンは経産省の支援を得てインド12都市で76回の教育研修を実施し、技術者約3600名への教育を実施しました。
施策(3) 安全と性能のための規格整備 ⇒安全性の向上
HFC-32高性能空調機の普及を持続可能なものにするため、安全と性能を担保する国際規格をインドで国内規格化するための支援を実施しました。
政府主導の技術委員会への積極的に参加するなど、技術的観点からの貢献を継続した結果、インバータ空調機の性能評価基準の国際規格がインド国内で規格化され、インバータ空調機のためのエネルギー効率ラベリング制度が新たに設立されました。


ビジネスモデル化へ
インドでの取組みに続いて、タイ政府から要請があり支援を行いました。タイではインドの実績を踏まえ、テキストを作成するなど包括支援をパッケージ化しました。このパッケージを使用して、国の枠組みを超えた多様なステークホルダーを巻き込んだビジネスモデルを確立しました。

HFC-32高性能空調機のメリット
HFC-32は、地球温暖化係数(GWP)が従来冷媒の1/3で、温暖化対策として有効な冷媒です。さらにこの冷媒の特性を活かすことで、空調機のエネルギー効率を大きく向上させることができます。現在では、世界47カ国で2012年以降550万台以上を販売しています。

ページ上部へ戻る

「省エネルギーセンター会長賞」を受賞 ビル用マルチエアコン『VRVシリーズ』

ZEB化を目指すキー技術を搭載し、年間運転効率を大幅に向上
一般のビル用マルチエアコンは、負荷率50%未満の低負荷領域において、断続運転などによるエネルギー消費効率(COP)の低下が見られます。一方実際の建物に設置されるビル用マルチエアコンは、ピーク負荷をベースに選定されますが、その発生頻度は低く、負荷率50%以下の低負荷領域での運転が90%程度を占めています。本商品では特に低負荷運転での高効率化に着目しました。
■定格能力に対する負荷率と運転時間の関係(事務所ビル:当社調べ)


■低負荷効率を大幅に向上する先進技術で、年間消費電力を21%削減
1) 圧縮漏れ・ロスを極小化する「新型スクロール圧縮機」
低負荷時に圧縮漏れが発生しやすい、スクロール圧縮機の弱みを払拭する新機構を搭載。
ロスを減らすことで高効率化を実現しました。
2)負荷に合わせて全自動で冷媒温度をコントロール
   各室内機で必要な能力をリアルタイムに把握し、システムに 最適な冷媒温度へ変更する新しい冷媒制御を搭載。冷やしすぎ、 暖めすぎを防ぐ事で、快適性を維持しながら無駄を抑制します。

3)待機電力の大部分を占めるクランクケースヒータの電力量を削減
   圧縮機には、冷凍機油に冷媒が溶け込む現象を防止するためヒーターが内蔵されています。本ヒーターの制御を最適化する事で、待機電力を従来比約15%削減しました。

上記技術の組合せにより、年間の消費電力量において、従来比約21%削減と大幅な省エネ性向上を実現しました。
  
<試算条件>
VRV Xシリーズ28.0kW(10馬力相当)
と、当社従来機Ve-upIVシリーズ同等
機種との比較。
事務所(東京)の冷暖房発生時間
(JRA4002:2013Rによる)と、負荷毎
のCOPより年間消費電力を算出



ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

●報道機関からのお問い合わせ先
  ダイキン工業株式会社 コーポレートコミュニケーション室
  【本社】 〒530-8323 大阪市北区中崎西二丁目4番12号(梅田センタービル)
TEL (06)6373-4348(ダイヤルイン)
  【東京支社】 〒108-0075 東京都港区港南二丁目18番1号(JR品川イーストビル)
TEL (03)6716-0112(ダイヤルイン)
●お客様からのお問い合わせ先
  ダイキン工業株式会社
  【コンタクトセンター(お客様相談窓口) TEL(0120)88-1081 http://www.daikincc.com


Adobe Reader ダウンロード Adobe Readerを
ダウンロードする
PDFの資料をご覧頂くためには、Adobe社のAdobe Reader のプラグインが必要です。
お持ちでない方は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、
インストールしてください。