ダイキン工業株式会社

CORPORATE NEWS [最新ニュース一覧] 2016年1月15日
ダイキン工業株式会社
琉球放送株式会社
line
◇2016LPGAツアー開幕戦◇
〜 Ever Onward with OKINAWA 〜
第29回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント
開催概要と大会展望について



お問い合わせ

印刷用PDFファイルダウンロード
ダイキンオーキッドのページへ


ダイキン工業株式会社[本社/大阪市北区]と琉球放送株式会社[本社/沖縄県那覇市]は、2016年3月3日(木)から6日(日)の4日間の日程で琉球ゴルフ倶楽部[沖縄県南城市]にて、2016年LPGAツアー開幕戦『第29回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント』(以下、略称 ダイキンオーキッドレディス)を開催します。

ダイキンオーキッドレディスは、第1回大会より温暖の地・沖縄から全国にゴルフシーズンの幕開けを告げるLPGAツアー開幕戦として親しまれ、今年で29回目を迎えます。大会スローガンとして「Ever Onward with OKINAWA」を掲げ、沖縄とともに発展するトーナメントして歴史を重ねてきました。

今大会からは、日本女子プロゴルフ協会の『ツアー強化』の方針に賛同し、競技日程を現行の3日間大会から4日間大会に移行します。海外ツアーやオリンピックのゴルフ競技は4日間大会で行われます。
ダイキンオーキッドは、大会のさらなる発展をめざして世界基準の競技日程を採用します。賞金総額も昨年より2000万円増額し、1億2000万円(優勝賞金2160万円)としました。選手には4日間通用する技術、メンタル、体力が問われることになり、開幕戦で優勝することは、今年の賞金女王争いで有利に立つことにもなり、さらなる熱戦が期待されます。


トッププレーヤー108名が出場、開幕戦に相応しい豪華な顔ぶれが揃う
今年のダイキンオーキッドレディスには、前回優勝のテレサ・ルー、昨年の賞金女王のイボミ、大山志保、上田桃子、森田理香子、成田美寿々、菊地絵理香、原江里菜など有力選手に加え、渡邉彩香、鈴木愛、 藤田光里などの若手選手、さらに地元の沖縄県勢では、諸見里しのぶ、上原彩子、川満陽香理、比嘉真美子、アマチュアの新垣比菜など108名の選手が出場する予定です。


大会史上初の連覇なるか
昨年はイボミ、テレサ・ルーの2人の強さが際立った1年でした。特にテレサ・ルーは、本大会で優勝した後も開幕戦の勢いを維持して4勝を挙げ、賞金ランキング2位に入りました。
福嶋晃子、不動裕理、宮里藍といったダイキンオーキッドレディスの歴代優勝者が成し得ていない連覇を達成できるのか注目されます。
前年の賞金女王・イボミも本大会に過去6回出場し、5回トップ10入りを果たしており、今大会も優勝候補のひとりです。
「しっかり準備をして開幕戦から頑張りたい」と虎視眈々とタイトルを狙っています。
テレサ・ルー

日本選手の巻き返しにも期待
外国勢の活躍が目立った2015年でしたが、今年は日本選手の奮起も期待されます。昨年2勝を挙げ、獲得賞金も1億円を超える活躍を見せた渡邉彩香は、日本人最上位となる賞金ランキング6位に入りました。2014年大会では2位タイの成績で、コースとの相性もよく、今年は優勝が期待されます。彼女は「4日間大会は好きです。4日間ともいいプレーをしないと勝てない。自分の持っている力を100%出しきりたい」と今から意欲を見せています。
森田理香子は、2013年大会で優勝、2014年、2015年ともに2位と毎年優勝争いをしています。本大会との相性も良く、賞金女王に輝いた2013年以来、2度目の優勝も夢ではありません。
また、昨年初優勝を挙げた菊地絵理香、藤田光里の活躍も期待されます。昨年ルーキーながらシード権を獲得した堀琴音、永峰咲希、松森彩夏、柏原明日架にはツアー初優勝の期待がかかります。

地元沖縄県勢も健在
地元沖縄県勢では、現時点で諸見里しのぶ、上原彩子、川満陽香理、比嘉真美子、アマチュアの新垣比菜の5選手の出場が決まっています。 また、アマチュア選手は、1月25日(月)、26日(火)に行われるダイキンオーキッドアマチュアゴルフ選手権の上位4人が本戦への出場権を獲得します。地元の熱い声援を受け、2004年の宮里藍以来の沖縄県勢の優勝をめざして活躍が期待されます。(沖縄県勢について、詳しくは次ページをご覧ください)

優勝の期待がかかる沖縄県勢
諸見里しのぶは、昨年はダイキンオーキッドレディス10位タイでシーズンのスタートを切りましたが、故障に悩まされたシーズンとなりました。 今年は治療を優先させる方針で、ツアー出場は本大会を含め日本女子オープンなど数試合にとどまる予定ですが、2010年大会では2位タイの成績を収めており、十分な実績を残しています。地元沖縄でホステスプロとしての活躍が注目されます。

諸見里しのぶ (ダイキン工業)13年連続16回目の出場 ベストフィニッシュ 2位タイ(2010年大会)
諸見里しのぶスコア
諸見里しのぶ 「2016年は治療を行いながらのツアー参戦となりますが、今年から4日間開催となる ダイキンオーキッドではホステスプロとして地元の皆様の声援を力に精一杯頑張って いきたいと思います。長いシーズンとなりますが、ぜひ応援よろしくお願いします」

ツアー初優勝の期待がかかる川満陽香理
川満陽香理は、2015年を最高の形でスタートを切ることができました。ダイキンオーキッドレディスで初日71の後、2日目にこの日のベストスコアタイとなる67をマークして、3位に浮上。最終日は自身初の最終組で挑み、2アンダー70をマークして、通算8アンダーとして単独4位に入りました。今年は昨年以上の成績が期待されます。

米ツアーから帰国参戦する上原彩子
上原彩子は、米LPGAツアーで3試合出場した後、帰国しての参戦です。本大会にはアマチュア時代から含めて18年連続出場となり、2009年大会では2位タイに入っています。2011年から遠ざかっている優勝シーンを地元のファンの前で見せてほしいところです。

地元での優勝が望まれる比嘉真美子
比嘉真美子は、昨年のファイナルQTでは18位に入り、今シーズンの出場権を獲得しました。昨年はやや不本意なシーズンでしたが、ダイキンオーキッドレディスでは2014年に2位タイに入っており、地元沖縄での復活が望まれます。

さらなる飛躍が期待できる新垣比菜
アマチュアの新垣比菜は、昨年ステップ・アップ・ツアーのラシンク・ニンジニアRKBレディースでプロを相手に優勝すると、7月のLPGAツアーではアマチュアとして史上初の3週連続トップ10入りを果たしました。
ダイキンオーキッドレディスでは3年連続ベストアマに輝いており、今年は4年連続ベストアマを狙います。上原彩子、宮里藍、諸見里しのぶ、宮里美香、比嘉真美子と、数々の名選手を輩出してきた沖縄の次世代の代表格として期待されています。

川満陽香理 6年連続8回目の出場 ベストフィニッシュ 4位(2015年大会)
スコア
川満陽香理 「去年と同じようにダイキンオーキッドで良い成績を残してはずみをつけたい。 フル参戦した1年間で得た経験を出すことができればいいなと思います。 私は調子の波が必ず出てきます。
その時々のゴルフでスコアを作っていくことを1年間で学びました。 ダイキンオーキッドには両親や親戚、友達が観戦に来てくれるので思い切りプレーすることだけ。 もちろん優勝することが目標です」
上原 彩子 18年連続18回目の出場 ベストフィニッシュ 2位タイ(2009年大会)
スコア
「昨年はスイングを大幅に修正して元のスイングに戻したので、前半戦は苦しみましたが、後半からスコアを作れるようになり、ラッキーも重なって3年連続で米ツアーのシードを獲れたので、2016年をいい雰囲気で迎えられます。 ダイキンオーキッドレディスはシーズン初戦ということもあって、ほかの試合と比べてもすごく華やかな大会ですので、推薦を頂けてうれしいです。地元のみんなの前で少しでもいいプレーをお見せしたい」
比嘉真美子 4年連続7回目の出場 ベストフィニッシュ 2位タイ(2014年大会)
スコア
「ダイキンオーキッドレディスは、アマチュア時代に人生で初めて出場する機会をいただいたプロ競技であるため、思い入れが強いです。 地元開催ということもありますので、自信を持ってティーグラウンドに立てるようしっかり準備したいと思います。開幕戦から優勝争いに加わることができれば最高です」
新垣 比菜 4年連続5回目の出場 ベストフィニッシュ 21位タイ(2014年大会) 3年連続ベストアマ
スコア
「今まで4日間の試合では、必ず1日は大叩きしてしまったのが課題ですので、大会に向けて4日間ともいいプレーができるようにしたい。3年連続ベストアマになっていますが、 沖縄の子達も中学生の子、佐渡山理莉さんなど、どんどん出てきているので、負けないようにしっかり頑張りたいです」

ページ上部へ戻る

ダイキンオーキッドレディス アマチュアゴルフ選手権
〜上位4名にダイキンオーキッドレディス出場権〜
ダイキンオーキッドレディス アマチュアゴルフ選手権大会は、1997年のダイキンオーキッドレディス第10回記念大会より、地元沖縄県のスポーツ振興を目的に開催しており、今回で節目の20回目を迎えます。沖縄県在住または沖縄県出身の女性アマチュアプレーヤーであれば参加することができる大会です。 出場した選手の中からこれまでに新崎弥生、上原彩子、宮里藍、宮里弘子、諸見里しのぶ、金井智子、宮里美香、大城さつき、上原美希、川満陽香理、山里愛、比嘉真美子、与那覇未来、山口春歌、山城奈々、大城美南海の16名がプロゴルファーとなり、活躍しています。
今年の大会は、1月25日(月)、26日(火)の2日間をかけて琉球ゴルフ倶楽部にて開催します。大会には237名がエントリーしました。佐渡山理莉さん(緑風学園久志中3年)、新城莉李亜さん(屋部中3年)、 仲西菜摘さん(宜野座高1年)など、将来が楽しみなジュニア選手が数多く出場します。
佐渡山さんは昨年の日本女子アマチュアゴルフ選手権の準決勝で、優勝した勝みなみさんと対戦し、惜しくも破れましたが4位に入りました。全国中学校ゴルフ選手権春季大会では優勝しており、沖縄では一番力をつけてきている一人です。
新城さんは昨年のアマチュア予選会で優勝し、本大会への切符を手にしました。残念ながら本戦では予選通過はなりませんでしたが、この経験を糧に今年もアマチュア予選会の突破が期待されます。
仲西さんは、昨年の日本女子アマでマッチプレーに進出した3人の沖縄県勢の中の一人です。1回戦で破れましたが、粘り強いプレーが光る選手です。
このほかにも珠玉のごとく光る選手が多くいるのが、現在の沖縄のジュニア層です。本戦へ出場することができるのは、上位4名です。どの選手が本戦への切符を手にするのか、ご注目ください。


ダイキンオーキッドレディスアマチュアゴルフ選手権大会
大 会 要 項 抜 粋
名    称 「ダイキンオーキッドレディスアマチュアゴルフ選手権大会」
主    催 ダイキン工業株式会社 / 琉球放送株式会社
後    援 沖縄県ゴルフ事業連絡協議会 / 沖縄タイムス社
協     力 琉球ゴルフ倶楽部
会    場 琉球ゴルフ倶楽部 (西→東、東→南、南→西)
競技日程 予選ラウンド(18H) 2016年1月25日(月)
最終選考会 (18H)1月26日(火)
・荒天の為 最終選考会のみ中止になった場合
    (最終選考会) 2016年2月2日(火)
予 備 日 ・荒天の為 予選ラウンドが中止になった場合
  (予選ラウンド)  2016年2月1日(月) 
  (最終選考会)  2016年2月2日(火)
参加資格 沖縄県在住又は沖縄県出身の女性アマチュアプレーヤー及び主催者の推薦するプレーヤー。
※小学生の出場については、以下の大会の小学生上位10位までの選手、
及び同等のレベルにあると主催者が認める選手を出場資格とします。
沖縄県民ゴルフジュニア選手権大会
沖縄ジュニア選手権大会
沖縄女子ゴルフ選手権大会
使用コース
及び組合せ
ハンディキャップと昨年の成績表を参考に、組合せについては、主催者一任とさせていただきます。
ハンディキャップ 1〜15 までの方は、西→東コースからのスタート
ハンディキャップ 16 〜40 までの方は、東→南コース、南→西コースからのスタート
※ただし、組合せ上 コース変更もあります。
競技方法 大会はダブルペリア方式で実施します。
なお、全参加選手の中からグロスの成績により上位30位タイの選手にダイキンオーキッド
本大会の出場者を決定する最終選考会への出場権を与える。


2016年大会ポスターデザインが決定
ダイキンオーキッドレディスでは、沖縄の芸術振興の一助になればとの思いから、沖縄県および関係各位のご協力を得て、2002年大会からポスターデザインの公募を実施しており、今回が15回目の募集になります。ポスターデザインの公募は、沖縄の若い世代の芸術・文化振興に貢献する目的から、沖縄県に在住、または本籍地が沖縄県の園児、小学生、中学生、高校生を対象に募集しました。
今回は1023点の応募があり、厳正な審査の結果、城間ありささん(北中城小学校6年生)の作品が最優秀賞を受賞しました。城間さんは初めての応募で見事に最優秀賞を受賞、幼稚園のころから絵が好きで、将来はイラストレーターになるのが夢です。また、このほかに優秀賞に4作品が選出、更に59作品が入選し、学校賞として2校が選出されています。
城間さんの作品は今年の大会ポスターに採用され、2016年1月より沖縄県下を始め、全国の関係先に掲出されます。最優秀賞と優秀賞の5作品については、沖縄県庁1階において2016年1月25日(月)から29日(金)の間、大会ポスターと共に展示・一般公開します。

城間ありさ さんのコメント
「とっても嬉しいです。今回のテーマが『進化、変化』ということだったので、色使いに気を使いました。絵の中に書き込んだ虹、服、髪といったところにいろいろな色を使いました。
絵は幼稚園のころから好きで、毎日のように絵をかいています。自分が想像したものや思ったことを絵に書き込めるところがとても好きです。ゴルフはおじいちゃん(當真弘さん)が好きで一緒にゴルフ練習場には行ったことがあります。
ダイキンオーキッドレディスもテレビで見たことがあります。これからも絵を描いていき、将来はイラストレーターになりたいです」




ページ上部へ戻る

チケットインフォメーション 〜お得な前売券を1月16日より先行販売開始!〜

前 売 券    1,500 円(各日共通1枚券・消費税込)
“先行販売”<発売期間:1/16(土)〜1/31(日)>の発売所
RBC、琉球ゴルフ倶楽部、ダンロップスポーツマーケティング、チケットぴあ(Pコード 684-083) 、ローソンチケット(Lコード 85816) イープラス(ファミリーマート)

  “前売券”<発売期間:2/1(月)〜3/2(水)>の発売所
RBC、県内ゴルフ場、ゴルフ用品販売店、ゴルフ練習場、デパートリウボウ、
コープおきなわ、チケットぴあ(Pコード 684-083)、ローソンチケット(Lコード 85817)、イープラス(ファミリーマート)
前売券4枚セットご購入の方には・・・
先行販売にて購入 / 大会オリジナルボール(3個・非売品)とお食事券(500円分)を進呈
先行販売以降に購入/お食事券(500円分)を進呈
*お食事券は、3/3(木)〜3/6(日) 会場ギャラリープラザ内飲食店舗のみご利用できます。
 ご利用は1回1枚限りで、おつりはお出しできませんので、予めご了承ください。

当 日 券   1・2日目:2,000 円、 3日目・最終日:3,000 円(共に消費税込)
◇交通◇ 乗用車/那覇市内から15キロ・40分
ギャラリー駐車場が西原・与那原マリンパーク
※ギャラリー駐車場より会場ゲートまで無料バスを運行しています(所要約25分・始発は各日AM6:30予定)。
※琉球ゴルフ倶楽部周辺には、駐車場ございません。

バ ス/那覇バスターミナル発(沖縄バス)640円・約60分
※路線/39百名線・41つきしろの街線  親慶原下車(徒歩10分)
タクシー/那覇市内から約2,500円・約40分

オー キッド観戦バスツアー   <発売期間 2/1(月)〜2/28(日)>前売券のみ
観戦チケットセット 2,200 円、
(前売券1枚+往復バス利用券・消費税込)
     “女性・シニア(70歳以上)・高校生以下の方には”
観戦食事券セット 1,500 円
(入場無料・500円分お食事券+往復バス利用券・消費税込)
観戦往復バスお問い合わせ:(株)セルリアンブルー TEL.098-941-6828(沖縄県知事登録第2-274号)


熱戦の舞台は琉球ゴルフ倶楽部
今年も大会の舞台は、沖縄本島南部に位置する琉球ゴルフ倶楽部(沖縄県南城市)です。沖縄ならではのガジュマル、ホルトや椰子といった熱帯植物に囲まれた南国ムードあふれ、東、西、南の27ホールを擁します。海岸線に近いため風が強く吹く日もあり、自然というハザードも魅力の1つです。本大会では、1988年の第1回大会から継続して琉球ゴルフ倶楽部にて開催しています。
大会では西コースをアウト、東コースをインとして使用します。今年は7,8,10,11,14番ホールの距離が長くなり、トータルで昨年より120ヤード伸びて、6,649ヤードで開催します。

   〜 琉球ゴルフ倶楽部 〜  6,649ヤード、パー72
   沖縄県南城市玉城字親慶原1番地  開場:昭和52年7月
設計:梅沢 弘  監修:川波義太郎  コースレコード:62st 具玉姫(2003年大会2日目)
   トーナメント開催: ダイキンオーキッドレディス(1988〜2015年)、
ゴルフ東西対抗(2003年)
KYORAKU CUP 日韓女子プロゴルフ対抗戦(2009年)


ページ上部へ戻る



ダイキンオーキッドレディースゴルフトーナメントまでの歩み 
開催年 優勝者 ベストアマチュア 大会の話題
1988 (第1回) 黄 壁 洵  216st ○LPGAツアーの第1戦として開催
賞金総額4000万円、優勝賞金700万円
(1988年からツアー制を施行)
1989 (第2回) P.Rizzo  211st ○賞金総額を4500万円に増額
1990 (第3回) 高須 愛子  213st ○日本人初のチャンピオンが誕生
○10月、故 中山素平氏(日本興業銀行特別顧問)の提唱で本土財界と沖縄財界の協力・交流の場として「沖縄懇話会」が設けられる
○賞金総額を5000万円に増額
1991 (第4回) A.Benz  207st  
1992 (第5回) P.Sheehan  208st ○賞金総額を6000万円に増額
1993 (第6回) 城戸 富貴  208st  
1994 (第7回) 福嶋 晃子  213st ○福嶋晃子が涙のツアー初優勝。20才8ヶ月6日でのツアー優勝は日本人女子プロ史上3番目に若い記録
1995 (第8回) M.マクグァイヤ  210st ○オーキッドバウンティの創設
1996 (第9回) リー・ウェンリン  212st  
1997(第10回) 高 又 順  206st (該当者なし) ○サブタイトルに Together with OKINAWA を掲げる
○ダイキンオーキッドレディスアマチュアゴルフ選手権大会を開催
○ボランティアスタッフによる大会運営を開始
1998(第11回) 金 愛 淑  211st (該当者なし)  
1999(第12回) 井上 葉香  206st (該当者なし)  
2000(第13回) 藤野オリエ  209st (該当者なし) ○宮里藍、諸見里しのぶがプロトーナメントにデビュー
・ダイキンオーキッドレディス(ツアー競技)初出場
2001(第14回) 不動 裕理  213st @諸見里しのぶ  228st ○諸見里しのぶが予選突破
・アマチュアゴルフ選手権から初の予選通過者が誕生
・当時のLPGAツアーの最年少予選通過記録を樹立(当時14才7ヶ月)
2002(第15回) 藤井かすみ  208st @諸見里しのぶ  220st ○大会ポスターデザインの公募を開始
○地元玉城中学校の生徒を大会に招待
2003(第16回) 不動 裕理  208st @宮里美香  218st ○具玉姫が2Rに2つのツアーレコードを樹立
・62ストローク/18ホールでの最少スコアを記録
・11バーディ/18ホールでの最多バーディ数を記録
2004(第17回) 宮里  藍  206st @諸見里しのぶ  213st ○宮里藍がプロ初優勝
・沖縄県勢として初のダイキンオーキッドレディスチャンピオンに
2005(第18回) 藤野オリエ  217st @諸見里しのぶ  224st ○大会のサブタイトルを Ever Onward with OKINAWA 「沖縄とともに限りなき前進」に変更
○賞金総額を8000万円に増額
2006(第19回) 西塚美希世  208st @笠りつ子  217st ○諸見里しのぶがプロとして初出場
2007(第20回) 米山みどり  210st @宮里美香  218st ○米LPGAツアーに参戦中の宮里藍が出場、4位タイに。
○大会史上最多となる29,753人のギャラリーが来場。
2008(第21回) 宋 ボベ  202st (該当者なし) ○宋ボベがトーナメントレコードを更新す14アンダーで優勝。
○米山みどりが最終日の16番でホールインワンを記録。ホールインワン賞300万円を獲得
2009(第22回) 三塚 優子  208st @比嘉真美子  213st ○上原彩子が優勝争いを繰り広げ、本大会自己最高となる2位タイに
○比嘉真美子(12位タイ)、森長真理子(53位タイ)と4大会ぶりにアマが複数選手決勝ラウンドに進出
2010(第23回) アン・ソンジュ  206st @山里愛  225st ○日本ツアー初参戦のアン・ソンジュが優勝。同年、LPGAツアー賞金女王に輝く(外国人選手の賞金女王はツアー2人目)
○諸見里しのぶが本大会自己最高となる2位タイに
2011(第24回) 朴 仁妃  205st (該当者なし) ○新垣比菜さんが大会最年少出場記録を更新(12才74日・小学校6年生)
2012(第25回) 斉藤 愛璃  206st @比嘉真美子  211st ○斉藤愛璃が三塚優子と李知姫とのプレーオフを制してツアー初優勝
ツアー参戦11戦目での優勝は日本人選手最速記録に
○比嘉真美子が16位に入りベストアマに
○アマチュアの伊波杏莉が2日目の13番でホールインワンを記録。規定改正後、アマチュアとして初めてホールインワン賞・賞金50万円を手にした
2013(第26回) 森田理香子  203st @新垣比菜  211st ○森田理香子が優勝。同年、LPGAツアー賞金女王に輝く
○新垣比菜が28位に入りベストアマに
2014(第27回) O.サタヤ  208st @新垣比菜  217st ○比嘉真美子が2位タイに
○新垣比菜が21位に入りベストアマに。2年連続のベストアマ獲得は諸見里しのぶに続き大会史上2人目の記録。
2015(第28回) テルサ・ルー  202st @新垣比菜  217st ○新垣比菜が33位タイに入り、大会史上初となる3年連続のベストアマを獲得
○沖縄県勢では単独の4位に川満陽香理、5位タイには宮里美香が入った


ページ上部へ戻る


  〜 Ever Onward with OKINAWA 〜  ダイキンオーキッドレディス地域貢献活動  
ダイキンオーキッドレディスでは、1997年の第10回記念大会から「沖縄と共に歩み続けるトーナメントを目指したい」という願いを込めて、サブタイトルに“Together with OKINAWA ”を掲げ、地域と一体となったトーナメントを目指した様々な活動を続けてきました。
2005年大会からは「沖縄とともに限りなき前進」という大会の目指す姿を表現した新しい大会スローガン “Ever Onward with OKINAWA”に変更し、さらに一歩すすんだ活動をめざしています。


「ダイキンオーキッドレディスアマチュアゴルフ選手権大会」を開催
1997年から競技をオープン化し、地元沖縄県を対象に、本大会への出場選考を兼ねた「ダイキンオーキッドレディスアマチュアゴルフ選手権大会」を開催しています。過去にこの大会に出場している新崎弥生、上原彩子、宮里藍、宮里弘子、諸見里しのぶ、金井智子、宮里美香、大城さつき、上原美希、川満陽香理、山里愛、比嘉真美子、与那覇未来、山口春歌、山城奈々、大城美南海といった選手がプロゴルファーとして活躍。これからも多くの選手がこの経験を活かして、今後の活動の糧になれば、と願っています。

地元ボランティアスタッフによる大会運営
トーナメント開催コースである琉球ゴルフ倶楽部のある沖縄県南城市を中心とした地元の皆様に、1997年よりボランティアスタッフとして大会の運営に参加しています。今では沖縄のみならず、本土からも参加する方も増えました。こうしたボランティアの方のご協力に感謝し、南城市立玉城中学校に図書を寄贈させていただいています。

沖縄の文化・スポーツ振興への支援活動「オーキッドバウンティ」を継続
1995年の第8回大会から「オーキッドバウンティ」の名称で、沖縄県の芸術、文化、スポーツ、教育等の振興を目的として活動している団体・個人の支援を行っています。「オーキッドバウンティ」は、本競技に先立って行われる「プロ・アマ大会」に参加される沖縄と本土のアマチュアゴルファーの方々から浄財を募り、主催者の寄付金と合わせて贈呈しています。

大会ポスターデザインの公募
2002年大会より沖縄県に在住、通勤・通学をされている方、または本籍地が沖縄県の方を対象に大会ポスターデザインを公募しています。

「総合学習」の一環として地元中学生をトーナメントに招待
大会では、多くの子供たちにゴルフというスポーツの魅力を通じて様々なことを学び感じてもらうことを目的として、2002年大会より地元玉城中学校の生徒を会場に招待しています。
日本女子プロゴルフ協会の小林浩美会長をはじめ大会スタッフによるレッスン会を兼ねた事前説明会を実施し、当日はコースでプロゴルファーの厳しい勝負の世界にふれるほか、トーナメント運営の現場(大会本部、テレビ中継センター、プレスルーム、速報センター、グリーンキーパー等)を熱心に見学。この総合学習を実際に受けた玉城中学卒業生の中からは大城美南海が、現在はプロゴルファーとして活躍をしています。




  ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。


*読者・視聴者用お問い合わせ先
RBCダイキンオーキッド事務局 TEL:098-988-5000 担当/上村・平川・上原・前田・城間

*本リリースに関するお問い合わせ先
ダイキンオーキッドレディス大会広報事務局 TEL:03-5333-3836 担当/中里・目黒・伊藤



Adobe Reader ダウンロード Adobe Readerを
ダウンロードする
PDFの資料をご覧頂くためには、Adobe社のAdobe Reader のプラグインが必要です。
お持ちでない方は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、
インストールしてください。