ダイキン工業株式会社

CORPORATE NEWS [最新ニュース一覧] 2015年9月29日
line
フロン排出抑制法対象の業務用エアコンの点検を容易にし、ユーザーや管理者の負担を軽減
『ダイキンフロン点検ツール Dfct』 を配信開始


お問い合わせ

印刷用PDFファイルダウンロード
ダイキンフロン点検ツールDfctのページへ


ダイキン工業株式会社は、2015年4月1日に施行された「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」(略称「フロン排出抑制法」)に対応し、業務用空調機器のユーザーや管理者に義務付けられる点検作業などをサポートするスマートフォンWEBアプリ『ダイキン フロン点検ツールDfct (D:ダイキン、f:フロン点検、c:チェック、t:ツール)』を2015年10月15日から無償で配信します。

新たに施行された「フロン排出抑制法」は、これまでフロン類の回収や破壊を対象としていた「フロン回収・破壊法」の内容に加えて、製造から使用、廃棄までの「ライフサイクル全体にわたる包括的な対策」が求められることとなりました。具体的には、フロン類が充填された業務用冷凍空調機器(第一種特定製品)の管理者には、空調機の異常な運転音や、熱交換器の錆の有無等の項目を確認する「3ヶ月ごとの簡易定期点検」や、「点検・修理履歴の保管」、フロン漏えい量が多かった場合の「所管大臣への報告」などが義務付けられており、対象機器のユーザや管理者の負担軽減が求められています。

本アプリにユーザー登録することで、ユーザや管理者は、当社が管理する2万機種以上のデータベースから、使用している空調機の情報を把握し、定められた時期に漏れなく点検することができます。本WEBアプリの配信によって「フロン排出抑制法」への対応に伴うユーザや管理者の作業をサポートし、法令遵守を促すことで、フロンガスから空調機までを製造・販売するメーカーとしてフロンの排出抑制に貢献してまいります。


【ダイキン フロン点検ツール(Dfct)のWebサイト】
https://dfct.daikinaircon.com
2015年10月15日より開設します。

【ダイキン フロン点検ツール(Dfct)のおもな特長】
1. スマートフォンで撮影するだけで「機器リスト」や「点検・整備記録簿」の作成・保管が可能
2002年以降に生産された当社製品、約2万機種の情報を管理するデータベースから機器情報を読み取り※1、冷媒の情報等を自動で収集し、機器リストの作成、保管義務のある「点検・整備記録簿」の作成が可能です。GPS機能により登録した空調機の設置場所の特定も簡単になります。他社製の空調機については、機器情報を手入力いただく事で同時に管理できます。
2. 「自動メール通知機能」と「簡易定期点検項目」の表示で定期点検を確実かつ簡単に実施
3ヶ月ごとの簡易定期点検を管理者にメールで通知します。また、位置情報とあわせて当該機器近辺で点検項目が表示されるため、確実に定期点検の実施できます。
3. 空調設備会社等に作業を委託した場合でも、作業者とユーザの双方で管理が可能
点検作業を設備会社等に委託した場合も、ユーザーの認可のもと、データベース内で機器情報を共有でき、委託先とユーザの双方がオンラインで点検・修理履歴の管理を行います。


【ダイキン フロン点検ツール(Dfct)の内容】

   ※1  店舗オフィス用エアコン、ビル用マルチエアコンが対象
設備用エアコン、ガスヒートポンプエアコン、チリングユニット等、ならびに他社製エアコンは手入力でリスト作成が必要です。今後のサービスアップデートとあわせ、対応を進める予定です。


ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

●報道機関からのお問い合わせ先
  ダイキン工業株式会社 コーポレートコミュニケーション室
  【本社】 〒530-8323 大阪市北区中崎西二丁目4番12号(梅田センタービル)
TEL (06)6373-4348(ダイヤルイン)
  【東京支社】 〒108-0075 東京都港区港南二丁目18番1号(JR品川イーストビル)
TEL (03)6716-0112(ダイヤルイン)

Adobe Reader ダウンロード Adobe Readerを
ダウンロードする
PDFの資料をご覧頂くためには、Adobe社のAdobe Reader のプラグインが必要です。
お持ちでない方は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、
インストールしてください。