ダイキン工業株式会社

CORPORATE NEWS [最新ニュース一覧] 2015年9月17日
line
ビル用マルチエアコン
低外気温時の暖房能力向上と、業界トップの省エネ性を実現
寒冷地向け高効率ビル用マルチエアコン『VRV H』シリーズを新発売


価格・発売時期
特 長
お問い合わせ

印刷用PDFファイルダウンロード
製品紹介ページへ


ダイキン工業株式会社は、低外気温時の暖房能力と省エネ性を向上させた寒冷地向け高効率ビル用マルチエアコン『VRV H』シリーズ(22.4kW〜95.0kW 全11機種)を2016年2月1日より発売します。
近年、省エネ意識の高まりから、燃焼暖房が主流であった寒冷地でもエアコンの採用が増加しており、エアコンの暖房性能の向上が一層求められています。また、ビルの消費エネルギーのうち約5割※1を空調が占めており、さらなる省エネ性の向上が求められています。
本製品は、低外気温時の暖房能力を向上させると同時に、霜取運転時の室内温度低下を抑制するなど、暖房運転時の快適性を向上させました。さらに、寒冷地向けビル用マルチエアコンとしては全馬力で業界トップ※2の省エネ性を実現しました。
あわせて、更新時に既設配管がそのまま使えるなど、配管材削減や作業工程の短縮が可能な『VRV QH』シリーズ(22.4kW〜77.5kW 全9機種)を発売し、寒冷地における空調機の更新需要にも対応します。


【機種名および発売時期】
■VRV Hシリーズ  天井埋込カセット(センシングフロー)形室内ユニット100%接続時。16馬力以上は下記機種の組合せとなります。
相当馬力
(HP)
室外ユニット機種名 冷房能力
(kW)
暖房能力
(kW)
APF2015 外形寸法
(高さ×幅×奥行)
単位:mm
発売予定時期
8 RTSP224D 22.4 25.0 5.9 1525×1240×765 2016年2月1日
10 RTSP280D 28.0 31.5 5.1
12 RTSP335D 33.5 37.5 5.7
14 RTSP400D 40.0 45.0 5.2

■更新用VRV QHシリーズ   ※天井埋込カセット(センシングフロー)形室内ユニット100%接続時。16馬力以上は下記機種の組合せとなります。
相当馬力
(HP)
室外ユニット機種名 冷房能力
(kW)
暖房能力
(kW)
APF2015 外形寸法
(高さ×幅×奥行)
単位:mm
発売予定時期
8 RQSP224D 22.4 25.0 5.9 1525×1240×765 2016年2月1日
10 RQSP280D 28.0 31.5 5.1
12 RQSP335D 33.5 37.5 5.7
14 RQSP400D 40.0 45.0 5.2

ページ上部へ戻る


【商品の特長】
1. 低外気温時の暖房能力を向上させ、外気温マイナス15℃で定格暖房能力を維持※3
新しい冷媒回路「中間インジェクション回路」の採用により、低外気温時も高い暖房能力を発揮し、外気温マイナス15℃でも定格暖房能力を維持※3することができます。さらに、室外ユニットに霜が付着し性能低下が起こりやすい低温多湿の環境でも、暖房能力が従来比約15%向上※4するなど、広い温度範囲で安定した暖房運転が可能です。また、霜取運転においても新しい方式※5を採用し、霜取運転時の一時的な室内温度の低下を抑制して、暖房運転時の快適性を大きく向上させました。

2. 年間消費電力量を約18%※6削減し、全馬力で業界トップ※2の省エネ性を実現
圧縮機の高効率化に加え、必要な負荷をリアルタイムに把握して冷やしすぎや暖めすぎを防ぐ冷媒制御技術※7の採用により、春、秋など空調負荷が低い時の大幅な高効率化を実現しました。さらに待機電力を従来比60%削減※6し、年間の消費電力量を従来比約18%※6削減しました。また、運転効率の指標であるAPFにおいても5.9(8馬力システム)※8を達成し、寒冷地向けビル用マルチエアコンとしては全馬力において業界トップ※2の省エネ性を実現しました。

3. ラインアップを大幅に拡充し、多様なニーズに対応
建物の形態や規模によって異なる様々なニーズに対応するため、ラインアップを従来の全4機種(28.0kW〜56.0kW)から、全11機種(22.4kW〜95.0kW)に大幅に拡充しました。設置条件に最適な機種を従来以上に選びやすくなりました。


   ※1  出典:資源エネルギー庁推計。事務所ビルにおいて。
   ※2  当社調べ(2015年9月17日現在)。寒冷地向けビル用マルチのAPF(2015)において。
   ※3  -15℃(湿球温度)時のピーク能力において。
JIS B 8616:2015による定格暖房標準能力。
条件:室外側吸込空気温度7℃(乾球温度)、6℃(湿球温度)、室内側吸込空気温度20℃(乾球温度)、冷媒配管相当長7.5m 。
   ※4  JIS B 8616:2015による最大暖房低温能力。
条件:室外側吸込空気温度2℃(乾球温度)、1℃(湿球温度)、室内側吸込空気温度20℃(乾球温度)、冷媒配管相当長7.5m 。
VRV Hシリーズ28.0kW(10馬力相当)と、当社従来同等機種28.0kW(10馬力相当:寒冷地向けビル用マルチ「ホッとエコビルマル」)との比較。
   ※5  室外マルチシステム(16馬力以上のシステム)において有効。
   ※6  JIS B 8616:2015に準拠して算出。地域:札幌市、用途:事務所ビル
VRV Hシリーズ28.0kW(10馬力相当)と、当社従来同等機種28.0kW(10馬力相当:寒冷地向けビル用マルチ「ホッとエコビルマル」)との比較。設置条件、運転条件により効果は異なります。
   ※7  本製品は、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業「次世代型ヒートポンプシステム研究開発」プロジェクトの成果を一部活用しています。
   ※8  APF(2015)の値、JIS B 8616:2015に準拠して算出。

ページ上部へ戻る


【特長の詳細】
1. 低外気温時の暖房能力を向上させ、外気温マイナス15℃でも定格暖房能力を維持※3
『新型圧縮機』と『中間インジェクション回路』の採用により、低外気でもパワフル暖房を実現します。


◎霜取運転時の快適性を向上する新機能を搭載

■「室外マルチデフロスト機能」※9

   従来機の霜取運転は、一時的に冷凍サイクルを逆にし、室内側の熱を利用して霜を溶かしていたため、室内温度の低下を招いていました(逆サイクルデフロスト)。本製品に搭載した「室外マルチデフロスト機能」※9は2台以上の室外ユニット同士が外気の熱を使って熱交換を行い、かつ交互に霜取運転を行うことで、室内からの吸熱を抑え、室内温度低下を抑制します。

※9 室外ユニット2台以上のシステムのみ有効。機械保護のため逆サイクルデフロスト運転を行う場合もあります。

■最大5時間※10の連続暖房を実現
   霜取運転に入るタイミングを最適化し長時間連続暖房を実現しました。

※10 外気温度-14℃DB/-15℃WBの場合。運転容量や外気、湿度など運転条件によって変わります。

2. 年間消費電力量を約18%※6削減し、全馬力で業界トップ※2の省エネ性を実現

■新型圧縮機と新しい冷媒制御の採用により、実運転時の大幅な省エネを実現
   圧縮機の高効率化に加え、新たに採用した「全自動省エネ冷媒制御」により、各室内機に必要な負荷をリアルタイムに把握し、最適な冷媒温度へ変更することで圧縮機の回転数を抑え、効率を向上します。さらに、最適な冷媒温度にすることで吹出し温度の冷やしすぎ・暖めすぎを防ぎ、室内温度を一定に保つ空調を実現、快適性を損ねることなく省エネ性を向上し、年間消費電力を従来比18%削減※6します。


■待機電力を約60%※6削減し、運転していないときも省エネ
   圧縮機には、冷媒が冷えて圧縮機内の潤滑油(冷凍機油)に溶け込む現象を防止するためのヒーターを搭載しています。本製品では圧縮機動作の信頼性を保ちながらヒーターの制御を最適化し、必要以上に圧縮機を温めすぎることを防止し、空調機を使っていない時の電力も削減しました。


■全馬力業界トップ※2のAPFを実現
■低外気温時も高効率運転が可能
   ※11  JIS B 8616:2015 に準拠した条件
暖房低温条件:室外側吸込空気温度2℃(乾球温度)、1℃(湿球温度)、室内側吸込空気温度20℃(乾球温度)、冷媒配管相当長7.5m。
暖房極低温条件:室外側吸込空気温度-7℃(乾球温度)、-8℃(湿球温度)、室内側吸込空気温度20℃(乾球温度)、冷媒配管相当長7.5m。

■2015年省エネ基準値を全機種でクリア
3. ラインアップを大幅に拡充、さらに更新用『VRV QH』シリーズを新規ラインアップ


■更新用シリーズ特長
   既設配管を利用し、業務や利用者への影響を抑えたスムーズな空調更新が可能です。



【その他特長】
1.着氷を抑える、専用タフネス設計
■熱交換器下部と底板を温める
   ホットガス回路を搭載しました。
熱交換器下部と底板を温めるホットガス回路
■熱交換器の真下に排水穴を大幅に増設し、
   霜取運転後の排水性を向上しました。
霜取運転後の排水性を向上
2.配管自由度拡大による設計自由度を向上
   室外機からの第1分岐から最も遠い室内機までの距離を、従来の40mから90mまで拡大※12し、1フロアの面積が広い建物でも一系統での展開が可能になりました。その他の配管接続においても業界トップクラスの自由度で、多様な設置条件にも対応します。

   ※12  室外ユニットから最も近い室内ユニットとの実配管長の差が40mを超える場合、一部室内機においてガス管、液管サイズアップが必要です。

ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

●報道機関からのお問い合わせ先
  ダイキン工業株式会社 コーポレートコミュニケーション室
  【本社】 〒530-8323 大阪市北区中崎西二丁目4番12号(梅田センタービル)
TEL (06)6373-4348(ダイヤルイン)
  【東京支社】 〒108-0075 東京都港区港南二丁目18番1号(JR品川イーストビル)
TEL (03)6716-0112(ダイヤルイン)
●お客様からのお問い合わせ先
  ダイキン工業株式会社
  【コンタクトセンター(お客様相談窓口) TEL(0120)88-1081 http://www.daikincc.com

Adobe Reader ダウンロード Adobe Readerを
ダウンロードする
PDFの資料をご覧頂くためには、Adobe社のAdobe Reader のプラグインが必要です。
お持ちでない方は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、
インストールしてください。