ダイキン工業株式会社

CORPORATE NEWS [最新ニュース一覧] 2015年1月15日
line
BIMに対応し、建物全体の設備図を3次元で確認・編集できる
次世代設備CAD『FILDER Cube』(フィルダーキューブ)を発売



価格・発売時期
特 長
お問い合わせ

印刷用PDFファイルダウンロード
COMTECページへ
        『FILDER Cube』操作画面イメージ

ダイキン工業株式会社は、3Dビルディングインフォメーションモデル(BIM)に対応し、複数階の建物全体の設備図を3次元で確認・編集できる空調・給排水衛生・電気設備業者向け3次元設備CAD「FILDER Cube(フィルダーキューブ)」を、2015年1月30日より発売します。また、電気設備図の作成に特化した電気設備業者向けCAD「FILDER Cube 電気」も同日に発売します。
建設業界では、設計から施工、維持管理までのあらゆる工程で、3次元の建築図に設備の形状や寸法、コストなどの情報を追加したBIMを活用するケースが増えており、BIM対応のニーズに応えました。
また、PDFデータの建築図を読み込んでCADで編集することができるため、近年増加しているリニューアル物件などで、紙の建築図しかない場合でも、設備図の作成を効率化します。


【価格・発売時期】
商品名 定価/ライセンス 発売時期
FILDER Cube 145万8000円(税込) 2015年1月30日
FILDER Cube 電気 97万2000円(税込) 2015年1月30日


【商品の特長】
1. 普及が進む3Dビルディングインフォメーションモデル(BIM)に対応
建設業界で普及が進むBIMに対応し、複数階の建物全体の設備図を3次元で確認・編集することが可能です。鋼材や吊り金具、ボルトなどの部材も3次元で表現され、平面図だけでは難しかった各階の配管同士の干渉箇所も3次元で確認しながら変更することができます。また、3次元の設備図上で編集した内容は、平面図にも即座に反映されます。平面図においても、設備部品の形状や向きなどの細部までリアリティを追求し、図面の見誤りを防止します。精度の高い設備図を作成することで、施工時の手戻りを防ぎ、工数の削減につながります。

2. PDFデータの建築図を読み込み、設備図の作成・編集を効率化
CADで作成された建築図のPDFデータを読み込んで、直接作図・編集することが可能です。また、近年増加しているリニューアル物件などで紙の図面しかない場合でも、スキャナーで取り込んでPDFデータ化し、CADに読み込ませることで、編集可能な建築図として活用できます。距離と角度を補正し、不要箇所は消しゴム機能で削除することが可能です。建築図を一から作成することなく設備図の作成・編集ができ、作図業務を大幅に効率化します。

3. 「PLANEST Bitz」「PLANEST ef」と連動し、スピーディーに見積書を作成
積算見積ソフト「PLANEST Bitz」「PLANEST ef」(株式会社コスモ・ソフト製)とデータ連動することで、見積書を素早く作成することができます。見積書作成にかかる時間を大幅に短縮し、業務効率向上に貢献します。

【 その他の特長 】
■64bit OSに対応し、パソコンの能力をフル活用したスムーズな大規模図面の編集を実現
   ソフトウェアに使用可能なメモリー(RAM)の容量に3GBの制限があるWindowsの32 bit OSだけでなく、3GB 以上のメモリーをソフトウェアに割り当てることができる64bitOSにも対応しています。PCのメモリーを最大限に活用することができ、大規模図面や複数図面の表示や編集をスムーズに行うことができます。

■分かりやすいインターフェースやタブレット対応などで使いやすさを追求
   分かりやすいインターフェースを採用し、シンプルにまとめられたコマンド配列と直感的な操作性により、初めての方でも簡単に使いこなすことができます。また、モニターの2画面表示ができ、図面を比較検討しながらの作図が可能です。Windows 8 タブレットに対応しており、建設現場でタブレットを用いた図面変更ができるなど、活用の場が広がります。

■当社独自のライセンスシェアリングにより、ライセンスコストを削減
   ライセンスを複数人(複数台のパソコン)で利用することができます。利用状況に応じて最低限の必要ライセンス数を購入し、支店や現場などにある複数のパソコンにインストールしておくことで、空いているライセンスを使いまわすことができます。パソコン固定のライセンスに比べ、コストを大幅に低減することができます。導入、運用コストを極力抑えながら、組織全体で利用が可能です。 管理イメージ


【操作画面イメージ】
操作画面イメージ


【 動作環境 】
対応OS Windows 8(32bit版、64bit版)、Windows 7(32bit版、64bit版)
必要CPU Intel Core i5、Core i7 推奨
必要メモリ  3GB以上(32bit版:4GB以上推奨、64bit版:8GB以上推奨)
HDD 2GB以上の空き容量(インストール時)
ディスプレイ解像度 1024×768 ピクセル以上(1280×1024以上推奨)
グラフィック OpenGL、及びDirectX 9.0 対応のグラフィックカードを推奨
※全てのグラフィックカードの動作を保証するものではありません。
入出力機器 ホイールマウス、キーボード、DVD-ROMドライブ(インストール時)
ブラウザ Internet Explorer 10.0 以上(ポータルサイト接続)

ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

●報道機関からのお問い合わせ先
  ダイキン工業株式会社 コーポレートコミュニケーション室
  【本社】 〒530-8323 大阪市北区中崎西二丁目4番12号(梅田センタービル)
TEL (06)6373-4348(ダイヤルイン)
  【東京支社】 〒108-0075 東京都港区港南二丁目18番1号(JR品川イーストビル)
TEL (03)6716-0112(ダイヤルイン)
  
●お客様からのお問い合わせ先
  ダイキン工業株式会社 電子システム事業部 営業部 HASグループ
  〒108-0075 東京都港区港南2丁目18番1号 JR品川イーストビル
TEL:03-6716-0475 (ダイヤルイン)
E-Mail:info-has.comtec@daikin.co.jp


Adobe Reader ダウンロード Adobe Readerを
ダウンロードする
PDFの資料をご覧頂くためには、Adobe社のAdobe Reader のプラグインが必要です。
お持ちでない方は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、
インストールしてください。