ダイキン工業株式会社

CORPORATE NEWS [最新ニュース一覧] 2014年1月22日
line
平成25年度省エネ大賞において
店舗・オフィス用エアコン『FIVE STAR ZEAS』シリーズが「資源エネルギー庁長官賞」
住宅用エアコン付床暖房『ホッとく〜る』が「省エネルギーセンター会長賞」を受賞



お問い合わせ

印刷用PDFファイルダウンロード
投資家情報のページへ


ダイキン工業株式会社は、一般財団法人省エネルギーセンターが主催する平成25年度省エネ大賞(製品・ビジネスモデル部門)において、店舗・オフィス用エアコン『FIVE STAR ZEAS』シリーズが「資源エネルギー庁長官賞」を、また住宅用エアコン付床暖房『ホッとく〜る』が「省エネルギーセンター会長賞」をそれぞれ受賞しました。表彰式は平成26年1月29日に東京ビッグサイトで開催される「ENEX2014 第38回地球環境とエネルギーの調和展」で行われる予定です。受賞製品や取組み内容は、「ENEX2014」ダイキンブースにてご覧いただくことができます。

省エネ大賞は、企業・自治体・教育機関等における優れた省エネ活動や先進省エネ製品、ビジネスモデル等を表彰することで、省エネ意識の浸透、省エネ製品の普及促進等に寄与することを目的としたものです。

「資源エネルギー庁長官賞」を受賞した『FIVE STAR ZEAS』シリーズは、店舗・オフィス用エアコンとして初めて※1、従来の冷媒HFC410A(R410A)と比べて地球温暖化係数が約3分の1※2と低く、冷暖房時のエネルギー効率に優れた新冷媒HFC32(R32)を採用しています。新冷媒の採用にともない、機器の要素技術や構造を一から見直し、HFC32の特性を最大限に引き出す「新冷媒回路」を開発することで、業界トップクラスの省エネ性※3を達成し、大幅な電気代削減に寄与しています。
今回の受賞は、様々なタイプの室内機に合わせて最適な能力を発揮するHFC32制御技術の開発によって実現した、機器の優れた省エネ性が高く評価されたものです。また、操作が容易で、節電効果を実感できるリモコンの採用により、省エネを身近なものにするソフトの取り組みも評価されました。

「省エネルギーセンター会長賞」を受賞した住宅用エアコン付床暖房『ホッとく〜る』は、省エネ性に優れるヒートポンプ技術を応用し、室外機1台でエアコンと床暖房を連動させ、エアコンの速暖性と床暖房の温度ムラのない快適性を同時に実現する製品です。室内の暖房負荷に応じて、エアコンと温水床暖房を連動させて最適な制御をすることにより、低い温水温度でも効率的な床暖房が可能です。業界トップクラスの暖房COP4.5※4を達成し、床暖房単独運転と比較して消費電力を約20%削減※5します。さらに、室内が快適な温度に達するまでの時間は1/2以下※5に短縮します。
1台の室外機で複数の室内機を運転するマルチエアコンの技術を応用し、空気中の熱を利用して効率的に空気と水を温め、システム全体として効率的な運転になるようにエアコンと床暖房を制御する本商品は、暖房時の消費電力量削減に寄与するヒートポンプ式温水床暖房の市場拡大につながる、革新的な製品として評価されました。

当社は今後も省エネ性、環境性に優れた技術を追求し、快適性との両立が可能な、グローバルに通用する商品やサービスの開発に取り組んでまいります。

   ※1   当社調べ(2013年11月1日発売)。
   ※2   温暖化係数はIPCC第4次評価報告書を使用。温暖化係数GWP(100年値)2,090(HFC410A)と675(HFC32)の比較
   ※3   P40形、P63形、P80形、P112形、P140形、三相機において。代表的な室内機(エコ・ラウンドフロータイプ)の接続時。
2014年1月22日現在。
   ※4   2014年1月22日現在。1MUS40RV
   ※5   当社試験による。断熱仕様:新省エネルギー基準W地域相当。試験機:1MUS56RV+C56NTCXV-W


【ご参考】受賞商品の主な特長
1. 「資源エネルギー庁長官賞」を受賞 店舗・オフィス用エアコン『FIVE STAR ZEAS』
◆業務用エアコンで世界初※1新冷媒HFC32を採用
新冷媒HFC32の地球温暖化係数(GWP)は、HFC410Aの約1/3という地球にやさしい冷媒です(右図)。今回、当社はこのHFC32を業務用エアコンに世界で初めて※1採用しました。 HFC32の採用により、LCCP(CO2排出量)が当社従来機EcoZEAS80(HFC410A)に比べ、加重平均で15.3%の削減を 実現しています。
※1 当社調べ(2013年11月1日発売)。
◆業務用エアコンで世界初※1新冷媒HFC32を採用
◆新冷媒HFC32+独自の「PLR冷媒回路」で省エネNo.1※2を実現
HFC32の特性を生かしながら、機器の省エネ性を向上させるため、新冷媒回路(PLR冷媒回路)を採用しました(右下図)。これによりAPFを最大限に引き上げ、省エネ業界トップクラス※2、全機種・全クラス2015年省エネ基準値(省エネ法)クリアを実現しました(右図)。
※2 P40形、P63形、P80形、P112形、P140形、三相機において。
代表的な室内機(エコ・ラウンドフロータイプ)の接続時。2014年1月22日現在。
◆新冷媒HFC32+独自の「PLR冷媒回路」で省エネNo.1※2を実現
◆室内機に径の異なる細径管を組み合わせた異径熱交換器を採用
冷房と暖房で最適な能力となるØ4mmとØ5mmの冷却管を組み合わせた異径熱交換器を採用し、省エネ性を向上させました(左下図)。
◆室内機に径の異なる細径管を組み合わせた異径熱交換器を採用


ページ上部へ戻る


2. 「省エネルギーセンター会長賞」を受賞 住宅用エアコン付床暖房『ホッとく〜る』
◆エアコンの速暖性、床暖房の快適性を連動させて省エネ運転を実現
室外機1台でエアコンと床暖房を連動させることによって、部屋をすばやく暖め、温度ムラのない快適な空間を作り出し、さらに光熱費が安い運転が可能です。システム全体として効率的な運転になるように、エアコン用の空気熱交換器、床暖房用の水熱交換器に流れる冷媒量の分配を調整します。 ◆エアコンの速暖性、床暖房の快適性を連動させて省エネ運転を実現
◆エアコンの速暖性、床暖房の快適性を連動させて省エネ運転を実現
◆ヒートポンプと温水暖房の最新技術を採用
◆ヒートポンプと温水暖房の最新技術を採用



ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

●報道機関からのお問い合わせ先
  ダイキン工業株式会社 コーポレートコミュニケーション室
  【本社】 〒530-8323 大阪市北区中崎西二丁目4番12号(梅田センタービル)
TEL (06)6373-4348(ダイヤルイン)
  【東京支社】 〒108-0075 東京都港区港南二丁目18番1号(JR品川イーストビル)
TEL (03)6716-0112(ダイヤルイン)
●お客様からのお問い合わせ先
  ダイキン工業株式会社
  【コンタクトセンター(お客様相談窓口) TEL(0120)88-1081 http://www.daikincc.com

Adobe Reader ダウンロード Adobe Readerを
ダウンロードする
PDFの資料をご覧頂くためには、Adobe社のAdobe Reader のプラグインが必要です。
お持ちでない方は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、
インストールしてください。