ダイキン工業株式会社

CORPORATE NEWS [最新ニュース一覧]  2012年12月21日
line
フッ素化学製品におけるPFOA全廃に向けた進捗状況

お問い合わせ

印刷用PDFファイルダウンロード


ダイキン工業株式会社(本社:大阪市、社長:十河政則)は2007年12月に、フッ素化学製品の原料であり、製品中にも微量含まれるPFOA(環境残存性を有するフッ素化合物*1)を2012年末に全廃する目標を発表しました*2が、代替品への置き換えが一部(1%未満相当)遅れています。現在の状況と今後の取り組みについて報告します。

(1) PFOAの製造・販売に関する国際的な法規制はありませんが、当社は2006年に世界の主要フッ素化学メーカー8社とともに、2015年末までにPFOAを全廃することを目標とする「PFOA自主削減プログラム」(PFOA2010/2015スチュワードシップ・プログラム*3)に参画しました。その後、当社は同プログラムの目標を3年前倒しする独自の目標を掲げ、その成果として2012年10月末、フッ素化学製品の製造工程で使用するPFOAを全廃しました。

(2) これらの取り組みにより、当社グループとして、PFOAの環境への放出および製品中の含有量は、2012年10月末で、2000年と比べ99%以上の削減を達成しました。

(3) しかし、強力な撥水・撥油性を求められる一部の衣料用表面処理剤の原料となるC8テロマー*4は、微量のPFOAを副生します。当社は代替品の開発に取り組んでいますが、最もシビアな使用条件の下で、C8テロマーと同等の性能を持つ製品の開発には至っておりません。従って当面、PFOA含有量を低減させた製品の製造、販売を継続します。

(4) スチュワードシップ・プログラムの目標期限である2015年末までに、代替品開発の取り組みを一層強化し、全廃を目指します。

以上


【参考資料1】
PFOAに関する情報と当社の取り組み状況は、以下の通りです。
*1から*4は本文の説明資料です。

*1PFOA
PFOAはPerfluorooctanoic acid(パーフルオロオクタン酸;C7F15COOH)の頭字語で、一般にパーフルオロオクタン酸およびその塩類(アンモニウム塩、アルカリ金属塩;C7F15COOX、XはNH4、Na、Kなど)を含む化合物の総称として用いられています。また炭素(C)が8個含まれていることからC8と呼ばれることもあります。
PFOAは、半導体・情報通信・自動車・航空産業・化学工業・調理用器具コーティングなど、幅広い用途で使用される一部のフッ素樹脂・ゴム製品の製造に必要な助剤として使用されていました。当社を含むPFOA2010/2015スチュワードシップ・プログラムに参加している会社の中でフッ素樹脂・ゴム製品を製造している会社は、PFOAに替わる代替助剤の開発を進め、遅くとも2015年末までには、代替乳化剤に切り替える計画です。

*2 2007年12月21日に当社が発表した内容「フッ素化学製品におけるPFOA全廃」
ダイキン工業株式会社はフッ素化学製品の製造工程で使用され、また一部の製品中に微量含まれるPFOAについて、ヒトへの健康被害に関連性を結論づけた報告や法規制はありませんが、自主的に、2012年を目標に代替製品に置き換えることで、PFOAの製造・使用・販売、ならびにC8テロマーを原料とする撥水・撥油剤製品の製造・販売を全面的にとりやめます。
今後は、2010年の目標を1年早め2009年に95%削減、さらに2015年の目標を3年前倒しして2012年に全廃することをめざして、取り組みを加速します。 
URL: http://www.daikin.co.jp/press/2007/071221/index.html

*3 PFOA 2010/2015スチュワードシップ・プログラム※aについて
2006年1月末、米国環境保護庁は「PFOA自主削減プログラム(PFOA 2010/2015スチュワードシップ・プログラム)」を発表し、世界の主要フッ素化学メーカー8社に対し、プログラムへの参加を呼びかけました。プログラムの内容は以下の通りです。

フッ素化学メーカー8社:
デュポン、3M/ダイネオン、旭硝子、ソルベイ・ソレキシス、
アルケマ、クラリアント、チバ・スペシャルティー・ケミカル、ダイキン工業

1) PFOA、もしくは分解してPFOAを発生する前駆体物質※b、およびC8より炭素数の多い類縁物質※cの、工場から環境中への排出量、製品中含有量の両方について、2010年に基準年比95%削減すること。

2) PFOA、もしくは分解してPFOAを発生する前駆体物質、およびC8より炭素数の多い類縁物質を2015年に全廃することに対する努力を行うこと(Working toward the elimination)を約束すること。

※a   U.S.EPAホームページ; http://www.epa.gov/oppt/pfoa/
※b   撥水・撥油剤の製造プロセスにおけるC8F17CH2CH2OH(テロマーアルコール)、C8F17I(テロマーアイオダイド)等で、製品中に残存しPFOAに変化すると考えられる物質
※c   PFOAやその前駆体物質と同様な化学構造をもつ、炭素(C)が9個以上の物質 


*4 C8テロマーを原料とする撥水・撥油剤製品について
 C8テロマー(C8F17−)は、パーフルオロアルキル基(CnF2n+1−)の構造を有する化合物のことです。この化合物を原料として撥水・撥油剤製品(衣類やカーペットの表面処理剤)を製造しますが、その製造工程で微量のPFOAが副生します。



ページ上部へ戻る

【参考資料2】

1.PFOAを含む当社製品と代替品への移行について
   当社は、PFOAを一部のフッ素樹脂・ゴム製造の助剤として製造・使用していました。
製造工程ではPFOAの大部分が除去されますが、一部の製品中に微量残存しています。
また、当社の撥水・撥油剤等の製品には、PFOAは原料として使用されていません。 しかし、製造工程において不純物としてPFOAが微量に副生することから、製品中に微量残存しています。

2.代替技術
   次の2つの製品群から、代替技術によりPFOAの全廃を目標に取り組んでまいりました。

1) フッ素ゴム製品群
PFOAを使用して製造していた一部のフッ素ゴム製品は2009年より、代替助剤を用いて製造・供給しています。

2) フッ素樹脂製品群
PFOAを使用して製造していた一部のフッ素樹脂製品は2012年10月末で、代替助剤を用いる製品に切り替えを完了しました。

3) 撥水・撥油製品群
従来からPFOAは使用していませんが、製造工程で使用されるC8テロマーを、PFOAが実質的に副生しないC6テロマーに切り替えた製品を開発し、徐々に移行を進めてまいりました。
しかしながら、強力な撥水・撥油性能を求められる用途には、C8テロマーと同等の性能を持つに至っておりません。
*C6テロマー; パーフルオロヘキシル基(C6F13−)の構造を有する化合物のことで、C8テロマー(C8F17−)に比べて-CF2-の鎖が2ヶ少ないものです。

3.削減に関する当社の自主的な取り組み
   2005年2月、FMG(FMG;Fluoropolymer Manufacturer Group)は、米国環境保護庁に対して、2006年末までに、2000年を基準として、含有量の多いフッ素樹脂水性ディスパージョン製品(フライパンなどのフッ素コーティングの材料)中のPFOAを、少なくとも90%削減することを約束しました。当社はこの約束どおり、90%以上の削減を達成しました。
PFOAスチュワードシップ・プログラムにおける削減については、2009年末に、米国環境保護庁との約束を一年前倒し、95%の削減を達成しました。さらに、2012年末には、削減を99%まで高めることができました。


以上


ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

●報道機関からのお問い合わせ先
  ダイキン工業株式会社 コーポレートコミュニケーション室
  【本社】 〒530-8323 大阪市北区中崎西二丁目4番12号(梅田センタービル)
TEL (06)6373-4348(ダイヤルイン)
  【東京支社】 〒108-0075 東京都港区港南二丁目18番1号(JR品川イーストビル)
TEL (03)6716-0112(ダイヤルイン)

Adobe Reader ダウンロード Adobe Readerを
ダウンロードする
PDFの資料をご覧頂くためには、Adobe社のAdobe Reader のプラグインが必要です。
お持ちでない方は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、
インストールしてください。