ダイキン工業株式会社

CORPORATE NEWS [最新ニュース一覧] 2011年6月2日
line
第1回 『ダイキン 空気のお悩み調査隊がゆく! 』
『ダイキン 空気のお悩み調査隊』を発足
簡単な対策で、エアコン消費電力20%以上削減できることを実証

お問い合わせ

印刷用PDFファイルダウンロード
空気のお悩み調査隊がゆく!のページへ
現代人の空気感調査のページへ
エアコンの節電対策に関するサイトへ


空気の専門家であるダイキン工業株式会社は、エアコンや空気清浄機などの製品だけでなく、空気にまつわる課題、お困りごとや素朴な疑問を、お客様と一緒になって徹底的に検証する『ダイキン 空気のお悩み調査隊』をこのほど発足し、活動を開始しました。本調査隊は、室内の空気環境に対してこだわりを持ち、お客様と同じ視点で問題点をとらえ、一緒に解決策を探る強い意志を持ったメンバーで構成されます。お客さまの空気にまつわる素朴な疑問に加え、当社独自の調査結果から見えたさまざまな課題をもとにテーマを設定し、実証試験をおこなってまいります。

第1回は、昨今のご家庭の節電ニーズを受けて、「エアコンの節電効果の実証」をテーマに設定しました。実際に人が住んでいる生活環境に「節電術あり」と「節電術なし」の部屋を用意し、室内の空気環境にこだわりを持つ隊員が、それぞれの部屋に設置されたエアコンの消費電力を測定して節電効果を実証しました。この実証結果は、『ダイキン 空気のお悩み調査隊がゆく!』として、当社のホームページ上でも発信してまいります。
(URL:http://www.daikin.co.jp/kuuki/

今後も"節電"に留まらず、様々なテーマで実証試験をしていきます。空気の専門家として、空気のお悩みごとを皆様と一緒に考え、検証・実証していく調査隊のこれからの活動にご期待下さい。


【概 要】
1. テーマ設定の背景〜第16回現代人の空気感調査より
当社では"空気"にこだわり、空調の技術を進化させてきた空調のトップメーカーとして、日頃あまり意識されてこなかった"空気"についてもっと多くの方々に関心を持っていただきたいと考え、2002年より"空気"に関する現代人の意識を調査する「現代人の空気感調査」を実施しています。5月19日には「今夏の節電と空気」をテーマとした第16回空気感調査の結果を発表しました。
今夏は人々の節電意識がかなり強く、「節電に効果がありそうな電化製品」の第1位は「エアコン(89.7%)」と期待が大きいことがわかりました。また、「暑さ対策としてエアコンの温度設定を例年より上げる」「扇風機を併用する」「すだれやよしずを活用する」などといった様々な"節電対策"を検討している実態が明らかになりました。
一方で、それぞれの節電対策の具体的な効果がわかりにくく、迷いながら節電している様子も垣間見えます。
2. 実証試験について
今回は2つの実証試験をおこないました。
(1) 日除け、フィルター掃除、室外機の風通しをよくすると、どれだけの節電効果があるの?
(2) 設定温度を2ºC高めにすると、どれだけの節電効果があるの?
実証の結果、「窓の外に日除けの設置+エアコンのフィルター掃除+風通しの良い場所に室外機の設置」を行うと21.8%、「エアコンの設定温度を2ºCげる」と22.6%の節電効果が得られ、比較的手軽な対策で大きな成果が得られることが確認できました。


ページ上部へ戻る

<今回の『ダイキン 空気のお悩み調査隊』メンバー>

『ダイキン空気のお悩み調査隊』は、室内の空気環境に対してこだわりを持ち、お客様と同じ視点で問題点をとらえて、一緒に解決策を探る強い意志を持つメンバーで構成されます。今回、実証試験をおこなった2名のメンバーに、今後新たなメンバーを加え、空気にまつわるさまざまな実証試験を実施してまいります。

ダイキン空気のお悩み調査隊

<実証試験の環境>

今回特にこだわったのは、実際に人が住んでいる生活空間で試験したことです。身近な生活環境で効果を測定した方が、世の中の人が実際に節電対策をとる際の参考になると考えたからです。
マンションの一室内に、同じ環境(広さ、向き、エアコン)の2部屋を用意し、「節電術なしの部屋」と「節電術ありの部屋」を比較して、今夏に有効なエアコンの節電術を検証しました。
実証試験の環境

ページ上部へ戻る


<実証試験の内容>

「今夏の節電と空気」の調査結果では、最も期待値の高いエアコンの節電対策は「温度設定を高めにする」です。また、ゴーヤやアサガオを利用した緑のカーテン・すだれ・カーテン・よしずといった「日射を防ぐこと」を暑さ対策とする回答が多いことがわかりました。そこで、この2つを優先順位の高いテーマとして、試験を行いました。

実証試験(1): 日除け、フィルター掃除、室外機の風通しをよくすると、どれだけの節電効果があるの?
実証試験(2): 設定温度を2ºC高めにすると、どれだけの節電効果があるの?

実証試験
※1   1年分:1年間掃除していないフィルターの風量を計測し再現
※2   日射量:日射量は、13:00〜19:00の平均値



ページ上部へ戻る


<実証結果>
実証試験(1)の結果 (よしずの設置&フィルター掃除&室外機の風通しをよくする)

<エアコン運転前にできる節電術の効果検証>
エアコンフィルターの掃除を行い、窓の外によしずによる日除けの設置、室外機の風通しをよくした部屋は、節電対策を何もしない部屋に比べて、エアコンの消費電力を21.8%節電できることを確認しました。

実証結果(1)


実証試験(2)の結果(設定温度を2ºC高める)

<エアコン運転中にできる節電術の効果検証>
エアコンの設定温度を通常より2ºC高く設定すると、それだけでエアコンの消費電力を22.6%節電できることを確認しました。

実証結果(2)

■まとめ
エアコンの節電対策を検証した2つの実証試験により、「日除けを設置する」「フィルターを掃除する」「室外機の風通しをよくする」「設定温度を2ºC高める」節電対策の有効性が、試験施設ではなく実際の生活空間を使って実証されました。
もちろん節電対策は今回実証した2つの手法に限りません。ほかにも扇風機による温度ムラの解消や間接気流の利用、気化熱を利用した打ち水など、さまざまな手法を組み合わせることで、より効果的な節電が可能となります。今回の実証試験結果が、節電を取り入れた快適なライフスタイル考えるひとつのきっかけとなることを期待しています。

ページ上部へ戻る


<ご参考>
【参考データ(1)】主婦100人に聞きました 「夏場、窓に日よけをしますか?」
100名の主婦の皆様を対象にしたアンケート調査によると、今年は昨年に比べて、窓の内側、外側に日よけを設置する人が増加しています。特にすだれやよしず、グリーンカーテンなどの日よけが人気なようです。
参考データ(1)

【参考データ(2)】主婦100人に聞きました 「フィルター掃除してますか?」
100名の主婦の皆様を対象にしたアンケート調査によると、エアコンの節電効果を高めるためには、フィルターのこまめな掃除(1カ月に1回以上)が必要と8割弱の主婦が思っていながら、実際にきちんと掃除しているのは3割弱という結果でした。
参考データ(2)

【参考データ(3)】主婦100人に聞きました 「設定温度1ºCの節電効果知ってる?」
1ºC設定温度を上げると約10%の節電につながると言われています。しかし、100名の主婦の皆様を対象にしたアンケート調査によると、6割強の人が1ºCの節電効果について、「分からない」と回答しています。「知っている」と答えた人のなかで、10〜14%の節電効果があると答えた方は約4割でした。
参考データ(3)




ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

●報道機関からのお問い合わせ先
  ダイキン工業株式会社 コーポレートコミュニケーション室
  【本社】 〒530-8323 大阪市北区中崎西二丁目4番12号(梅田センタービル)
TEL (06)6373-4348(ダイヤルイン)
  【東京支社】 〒108-0075 東京都港区港南二丁目18番1号(JR品川イーストビル)
TEL (03)6716-0112(ダイヤルイン)

Adobe Reader ダウンロード Adobe Readerを
ダウンロードする
PDFの資料をご覧頂くためには、Adobe社のAdobe Reader のプラグインが必要です。
お持ちでない方は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、
インストールしてください。