ダイキン工業株式会社

CORPORATE NEWS [最新ニュース一覧]  2001年8月6日
line
動物病院向け 小動物用ICU装置「ディアーM10」を新発売

お問い合わせ


【要旨】
ダイキン工業株式会社(本社:大阪市、社長:井上礼之)は、動物医療に必要な最適空気環境をつくり出す小動物用ICU装置「ディアーM10」を2001年8月15日より発売いたします。
小動物用ICU装置「ディアーM10」は、電子冷却(ペルチェ素子)*方式を採用し、高精度な温度・湿度コントロールを可能にしました。また装置本体の機密性を高め、最大40%までの酸素濃度コントロールを実現しています。さらに、コンパクト化、静音化により動物病院の診察室への設置も可能です。そしてオプションの専用酸素濃縮器との組合わせにより酸素の安定供給が可能となり、安心してお使いいただけます。 ケ−ジ取り付け方式(商品にケ−ジは含まれません)

電子冷却(ペルチェ)とは:熱電冷却半導体を応用したペルチェ素子による冷却方式です。
  ペルチェ素子に電流を流すと,素子の片側が冷たくなり,反対側が温かくなります。


【特長】
温度・湿度・酸素濃度を快適コントロール

温度・湿度を高精度にコントロール
電子冷却(ペルチェ素子)方式の採用により温度・湿度を高精度にコントロールできるので、手術前後の小動物に対するストレスを軽減します。

最大40%までの酸素濃度に安定して保持
オプションの専用酸素濃縮器「ライトテックDN50」から酸素を供給し、また装置本体の機密性を高めることで、ケージ内を最大で40%までの酸素濃度に安定してコントロールできます。 (市販の酸素ボンベにも接続できます)

電子冷却方式によりコンパクト化と静音化を実現
電子冷却方式の採用により、コンパクトなサイズを実現し、ケージ内の視認性を高めました。また、コンプレッサーを使用しないので運転音が小さく、診察室に置いても気にならないなど設置の自由度を高めました。

炭酸ライム装着による二酸化炭素除去機能を内蔵
市販の炭酸ライムを専用のカートリッジに装着することにより、ケージ内の二酸化炭素を除去することができます。長時間の連続使用時にも安心してお使いいただけます。

停電時でも安心な安全機能を搭載
停電など内部の環境に異常が発生すると自動的に緊急換気窓が開くので安全です。



ページ上部へ戻る




〔開発の背景〕
当社、特機事業部では、主に防衛庁向け砲弾の開発・製造を行っております。 1996年に民需化商品第一段として砲弾の加工技術を活かした在宅医療用酸素ボンベを開発。さらに呼吸同調器、酸素濃縮器などを開発し、在宅酸素医療分野への進出を果たしてまいりました。 また、人間に対する医療が進歩するなか、小動物に対する高度先端医療が普及するとともに高酸素医療に対するニーズも今後益々増加すると見こまれます。しかし、これまでの小動物用ICU装置は高価で機能も限定的であったため普及が遅れていました。 当社は、このような背景のもと、在宅酸素医療分野で培った技術と空調事業で培った快適空間を実現するための技術を融合し、低価格で高機能な小動物用ICU装置を開発いたしました。



〔小動物用ICU装置の仕様〕


小動物用ICU装置
「ディアー M10」
ダイキン工業株式会社


ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

●報道機関からのお問い合わせ先
  ダイキン工業株式会社 コーポレートコミュニケーション室
  【本社】 〒530-8323 大阪市北区中崎西二丁目4番12号(梅田センタービル)
TEL (06)6373-4348(ダイヤルイン)
  【東京支社】 〒108-0075 東京都港区港南二丁目18番1号(JR品川イーストビル)
TEL (03)6716-0112(ダイヤルイン)
●本内容に関するお問い合わせ先
 ダイキン工業株式会社 特機事業部
  【東京支社】 〒108-0075 東京都港区港南二丁目18番1号(JR品川イーストビル)
TEL (03)6716-0401(ダイヤルイン)
  【淀川製作所】 〒566-8585 大阪府摂津市西一津屋1番1号
TEL (06)6349-7318(ダイヤルイン)

Adobe Reader ダウンロード Adobe Readerを
ダウンロードする
PDFの資料をご覧頂くためには、Adobe社のAdobe Reader のプラグインが必要です。
お持ちでない方は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、
インストールしてください。