空気の学校

夏休み自由研究スペシャル

  • スペシャルトップへ
  • 空気の学校トップへ

作ってみよう ペットボトルで作る温度計

記録用紙をダウンロード(印刷用ファイルを開く)

空気の温度が変化すると、ストローの中の色水が上がったり下がったりする温度計を作ってみよう。ペットボトルでかんたんに作れるから、いろんな場所に置いて、ちがいを見てみよう!

用意するもの

空のペットボトル
※フタも必要だよ。ボトルがとうめいで、350mlぐらいの小さいサイズがいいよ。500mlのペットボトルでも色水の量を多くすれば作れるよ。

ストロー
※なるべく長いものがいいよ。

食紅(しょくべに)または うがい薬

プラスチック用ボンド

ビニールテープ

キリ
※キリを使うときは手を切らないよう注意しよう!

紙・ペン
※記録用紙をダウンロードして印刷してね。

作り方

1.350mlのペットボトルの2/3くらいまで(500mlサイズを使う時は3/4くらいまで)水を入れる。

ポイント
あとでストローですい上げるので、絵の具はぜったいに使わない。

2.ペットボトルのフタをはずして、真ん中にストローを通すための穴(あな)を、キリで開ける。

ポイント
穴(あな)はストローがぎりぎり通るくらいの大きさにしよう。

3.フタにストローを通したら、ペットボトルの色水に3cmくらいつかるように位置を調整する。
ストローとフタのすきまをうめるようにして、ボンドを多めにぬる。

4.ボンドがかわいてきたら、ストローつきのフタを軽くしめる。 ストローの、フタから出ている部分の半分くらいの高さまで、色水をすい上げる。
したの先でストローをふさいで、色水が下に落ちないようにする。

ポイント
飲んでしまわないように注意しようね。

5.そのままフタをしっかりしめる。口をはなして色水が下に落ちなければOK!フタのまわりにビニールテープをまいて、空気がもれないようにする。

ポイント
口をはなして色水が下がってしまったら、4からやり直そう。

6.ペットボトル温度計のできあがり!
気温が高いと色水が上がり、気温が低いと色水が下がるよ。ストローに記録用紙をはって、色水の位置を記録してみよう!

どんな仕組みなの?

空気は「温めるとふくらみ、冷やすとしぼ む」という特ちょうがある。このペットボトル温度計はその特ちょうを利用しているんだ。

気温が上がると、ペットボトルの中にある空気も温められて、ふくらむ。でもペットボトルにはしっかりフタがされていて、空気は上に行けないから、色水をおしのけようとする。おされた色水は、ストローのほうに行こうとするから、色水が上がっていくんだよ。

どんな自由研究ができるかな?

本当に空気のチカラで色水の高さが変わっているのか確かめる

ペットボトルに両手をあてて温めてみよう。空気があるところに両手をあてた時と、色水があるところに両手をあてた時とで、どんなちがいがあるかな?

朝、昼、夜で、色水の高さがどれだけ変わるか確かめる

朝、昼、夜で色水の高さを記録しよう。晴れの日とくもりの日でくらべてみてもいいね。

日なたと日かげで、色水の高さがどれだけ変わるか確かめる

日なたに置いた時と日かげに置いた時とで、色水の高さはどれだけ変わるかな?

お部屋ごとの温度の変化を調べる

ペットボトル温度計をいくつか作って、家の中のいろんなところに置いてみよう。
温度が変化しやすい場所、あまり変わらない場所はあるかな?

ぼくもやってみるー

ほかにもいろんな条件(じょうけん)を考えて、自分でいろいろ試してみよう!おうちの人や友だちをさそって、いっしょにやってみるのもいいね!

  • スペシャルトップへ
  • スペシャルトップへ
  • 空気の学校トップへ