HTML版 空気の学校

空気をもっと知ろう!

「お部屋の空気がよごれているとどうなるの?」

部屋の空気には、体によくない影響をあたえるものがひそんでいる

  • 目には見えないけれど、部屋の空気にも体によくないえいきょうをあたえるものが、たくさんひそんでいるんだ。

  • え、そうなの?

ダニやカビ、花ふんなどのアレルゲンは、アレルギーの原因になることが多い

  • 代表的なものは、「アレルゲン」と呼ばれる物質(ぶっしつ)。部屋の中に多いアレルゲンは、ダニやカビ、花ふんだよ。これらは、いろんなアレルギーを引き起こす原因になることが多いんだ。

  • そうなんだー

ダニの死がいやふんは鼻を通って気管支までとどき、ぜんそくの原因になる

  • ダニの死がいやフンは、目に見えないくらいとても小さい。鼻を通って気管支(きかんし)までとどくからぜんそくの原因にもなるんだよ。

  • ダニもカビもぜんそくの原因なんだー

花ふんは鼻の中に入り、花ふん症をひきおこす

  • 「花ふん」は、空気といっしょに鼻の中に入り、鼻毛にひっかかって、鼻づまりや鼻水を引き起こす。花ふん症とよばれているね。

  • 花ふん症も大変そうだなー

ウイルスはくしゃみやせきの中にまじって空気の中をとんでいき、鼻やのどの粘膜から人の体の中に入りこむ

  • また、インフルエンザに代表される「ウイルス」はくしゃみやせきの中にまじって空気の中をとんでいき、鼻やのどの粘膜から健康な人の体の中に入りこんでいくんだ。

  • 空気の中をとんでいくんだ

ホルムアルデヒドは、シックハウスの原因にもなる

  • それから家の塗料(とりょう)や接着剤(せっちゃくざい)にふくまれることがある「ホルムアルデヒド」は、目や鼻にいじょうが出たり、頭痛やめまいを引き起こす「シックハウス」とよばれる病気の原因にもなるよ。

  • ホルムアルデヒドはシックハウスの原因なのかー

「カビ」や「ウイルス」は部屋の温度や湿度を上手にちょうせつすることで、ふえていかないようにできる

  • 部屋の空気の中には、体に悪いえいきょうをあたえるものが、たくさんひそんでいる。でも「カビ」や「ウイルス」なんかは部屋の温度や湿度を上手にちょうせつすることで、ふえていかないようにできるんだ。

  • どうやって?

湿度を80%以下にするとカビがふえにくくなる

  • あつくて湿度が高い夏はカビやダニが発生しやすい。湿度を80%以下にするとカビがふえにくくなるよ。

  • カビには湿度を下げるんだね

実験では、温度を22℃、湿度を50%にたもつと、インフルエンザのウイルスはほとんどがしんでしまう

  • 寒くてかんそうしている冬は、インフルエンザなどのウイルスの動きが活発になりやすいんだ。でも、湿度を高くたもつと、活動しにくくなるインフルエンザウイルスなどもあるんだよ。

  • 温度や湿度のちょうせつは大事なんだね

このテーマのまとめ

  • 「お部屋の空気がよごれているとどうなるの?」

  • 部屋の空気には、体によくないいろんなものがひそんでいる。
    ダニ、カビ、花ふんなどのアレルゲン、ホルムアルデヒド、インフルエンザウイルスなど。温度や湿度を上手にちょうせつすることで、対策できるものもあるんだよ。

ページのトップへ

FLASH版 空気の学校

エアコンの冷えるしくみは? 地球温暖化って何?
人は一日にどれぐらいの空気をすうの?
「空気の学校」は、エアコンや空気について、
子供も大人も楽しく学習できるサイトだよ。
夏休みの自由研究にもぴったり。
さあ、エアコンや空気について学んでみよう!

FLASH版 空気の学校を見る

HTML版トップにもどる