ダイキン工業株式会社

なぜ「リビングの節電」なのか?

節電のために、一般家庭では平日の日中(朝9時から夜8時)、特に午後2時頃の家電製品の使い方の見直しが求められています。
夏の日中(午後2時頃)の消費電力(全世帯平均)を見ると、エアコンは53%、続いて冷蔵庫が23%であり、圧倒的にエアコンによる消費電力が高いことがわかります。
そのため、昨年はエアコンへの節電意識が高まりましたが、今年はもっとメリハリをつけた対策で、無理なく確実に節電効果を上げることが必要だと考えました。

fBox
夏場、自宅でもっとも節電したい場所

一般家庭で最もエアコンの運転時間が長い場所はリビングで、5割の人が「24時間運転する」もしくは「在宅中はほぼ毎日運転する」と答えています。また、主婦100名を対象に「夏場、自宅でもっとも節電したい場所」を調査したところ、約8割の方が「リビング・ダイニング」と回答しました。これらを踏まえ、「リビングを重点的に節電すること」が家庭にとって最も効果的な節電につながると考え、今回は「リビングの節電対策と効果」を徹底検証します。

「エアコンが効きづらい、冷えにくい」

「部屋の中で、温度にムラができる」

「窓からの日射が強く、暑い」

「空調(エアコンや扇風機)に電気代がかかる」

こんなお悩みを調査隊が解決!

当社で「昨年の夏、リビングで過ごす際に気になったこと」を調査したところ、上記のようなお悩みが多く見られました。これらのお悩みを解決するリビングでの節電対策を、私たち調査隊が提案します!

あるご家族にご協力いただき、調査隊がリビングでさまざまな節電対策を実施。
対策をするのとしないのとではどのくらい消費電力に差が出るのかを検証してみました。
果たして、節電効果はどのくらいあるのでしょうか?

徹底検証!