マーケット別ソリューション

店舗/多店舗
リフレッシュパック5
VRV・エネ・TUNING
室内機リフレッシュサービス
保守点検契約
エアコン洗浄サービス
オーバーホールクレジット
オフィスビル
リフレッシュパック5
VRV・エネ・TUNING
室内機リフレッシュサービス
エアネットUサービスシステム
(故障予知)
エアネットUサービスシステム
(コンカレント)
保守点検契約
エアコン洗浄サービス
省エネ当番
エアフィルターリサイクルシステム
セーフティパック
オーバーホールクレジット
大規模ビル
エアネット i サービスシステム
リフレッシュパック5
中・高性能フィルター
VRV・エネ・TUNING
室内機リフレッシュサービス
エアネットUサービスシステム
(故障予知)
エアネットUサービスシステム
(コンカレント)
保守点検契約
エアコン洗浄サービス
省エネ当番
D-BIPS IB
ビルエアネットシステム
エアフィルターリサイクルシステム
性能当番
ビル衛生管理法対応点検
オーバーホールクレジット
病院/老人福祉施設
リフレッシュパック5
中・高性能フィルター
VRV・エネ・TUNING
保守点検契約
エアコン洗浄サービス
エアフィルターリサイクルシステム
オーバーホールクレジット
工場
リフレッシュパック5
VRV・エネ・TUNING
保守点検契約
エアコン洗浄サービス
オーバーホールクレジット

レトロフィットメンテナンスプランのご紹介
【ダイキンお客様サポート】24時間365日サポート。
WEBカタログをみる

省エネ・見積シュミレーションや当社サービスを動画で紹介します。

ダイキンサービスAR

カタログと連動するダイキンAR iPhoneアプリを紹介します。

保守点検契約

高い省エネ性、快適性を保つために、
定期的なメンテナンスをおすすめします。

定期的メンテナンス
快適性の保持

保守契約5つのメリット

1.ムダな出費をおさえられます。

突然の故障による修理に思いがけない支出を迫られることがありません。計画的なご予算がたてられます。

3.機器の運転効率を高めます。

定期的な調整により常に快適な運転性能と温度条件を正しく管理します。

5.機器のロングライフ化を実現します。

高価な機器がきめ細かい保守で末長くご使用に耐え寿命も延びます。
点検時期と点検回数は装置ご使用の状況により、相談させていただきます。

2.高効率維持で経済的です。

運転効率を最上に維持することにより、無駄なエネルギー消費を防ぎます。

4.安全性が向上します。

高圧ガス(フロンガス)・電気製品などを使用している冷暖房機においては常に安全性が高くなければなりませんが、定期的な点検〈絶縁測定・ガス漏れ検査〉により安全性を高めます。


■ランニングコストの低減

定期的なメンテナンスはランニングコストを
低減させます。

■耐用年数の延長

定期的なメンテナンスは、偶発故障を
最小限に抑え、摩耗故障が生じる使用年数の
期間(耐用年数)を延ばすことができます。


パッケージエアコン保守契約のサービス内容
アプライド機器保守契約のサービス内容

パッケージエアコン 保守契約のサービス内容

点検回数

●冷房シーズン 1回/年   ●暖房シーズン 1回/年 点検時期と点検回数は装置ご使用の状況により、相談させていただきます。

作業内容

1. 高圧、低圧の圧力測定
2. 各部温度測定
3. 電流、電圧の測定
4. 電気関係の絶縁測定
5. ガス洩れのチェック

6. 水洩れの有無の確認
7. 運転音、振動等のチェック
8. 運転状態の良・否判定
9. 保護装置の作動確認
10. 機能部品の作動確認

11. 各部のネジの増し締め
12. 錆発生ネジ、ビス類の交換
13. 錆発生のケーシングのタッチペイント
14. 点検表の作成
15. 室内機の点検(サンプリングチェック)

外気処理機の定期的な整備もおすすめします。

アプライド機器 保守契約のサービス内容

点検回数

●冷房シーズン 2回/年   ※年間機の場合
●暖房シーズン 2回/年   ・点検時期と点検回数は装置ご使用の状況により、相談させていただきます。

作業内容

1. 各部電流、電圧の測定
2. 電気関係の絶縁テスト
3. 冷媒圧力、各部温度の測定
4. 冷媒の洩れチェック
5. 油洩れ、水洩れのチェック
6. 油量の点検
7. 保安装置の作動および外観点検

8. 制御機器の作動および外観点検
9. 凝縮器の汚れ及び腐食度合いの点検
10. Vベルトの張り具合の調整及び交換
(ベルト費は除く)※水冷式は除く
11. ファン軸受の点検およびグリスアップ
(直駆動は不要)※水冷式は除く

12. 冷却風測定
13. 冷媒量の確認
14. 冷房、暖房の切替え準備
15. 運転調整
16. 点検表の作成

同時にエアハンドリングユニットやファンコイルユニットなどの二次側機器の整備もおすすめします。

ページ上部へ戻る