冷媒の環境課題に対するダイキンの方針

空気を冷やしたり暖めたりするエアコンに使われている冷媒、近年この冷媒として使われるフロンガスがオゾン層破壊や地球温暖化といった環境問題を引き起こす一因となると指摘されています。

冷媒を選定するには、様々な観点からの総合的な評価が必要です。冷媒による環境影響(オゾン層破壊影響(ODP)や総合的な温暖化影響)はもちろんのこと、経済性、エネルギー効率、安全性などあらゆる角度から検討しなければなりません。

現在のところ、すべての冷凍空調機器に対応できる唯一の理想的な冷媒は存在しません。そのため、機器ごとに総合的な評価を実施し適材適所の冷媒を選定することが大切です。

循環型社会に向けたダイキンが取り組むこと

冷媒にかかわる取り組みとめざす姿

ダイキンは、これまで機器のエネルギー効率の向上および気候変動への影響が小さい冷媒への転換に取り組んできました。これにとどまらず製品のライフサイクルを通し、幅広いソリューションの提供により、環境負荷の低減をさらに進めていきます。今後さらに重要度の増す、冷媒の適切な回収・再生に向け、さまざまなステークホルダーを巻き込みながら、適切な制度やインフラの確立などの仕組みづくりに取り組み、循環型社会の実現に寄与していきます。

1 冷媒メーカーとしての役割 2 機器メーカーとしての役割 3 ステークホルダーと一体となった役割

1 冷媒メーカーとしての役割

ニーズの多様性に応える冷媒を提供しつつ、冷媒の再生および再利用を実行し、循環型社会をめざします。

  • 下記特性を持つ冷媒の開発/生産
    • 温暖化規制に応じた冷媒
    • 安全で妥当な価格の冷媒
    • 機器の能力とエネルギー効率のバランスを考慮した冷媒
  • 再生/再利用のための技術確立

2 機器メーカーとしての役割

機器・システムのエネルギー効率の向上と多様なニーズに応える最適な冷媒の選択に取り組み続けます。

  • 冷媒メーカーとの連携による機器に応じた最適な冷媒選定
  • 冷媒漏れの少ない機器設計
  • 省冷媒設

3 ステークホルダーと一体となった役割

ステークホルダーとともに、漏洩を防止し、確実な冷媒回収を実施することによる循環型社会実現に向けて取り組みます。

  • 確実な冷媒回収の実行および実現するための回収技術の開発
  • 漏洩を防止する確実な据付
  • 冷媒管理の徹底に向けた啓発/技術教育
  • 回収/再生・破壊の新たなスキーム構築

今後に向けて:The Sooner, The Better, for the Future

現在、モントリオール議定書をはじめとした国際的な枠組みで気候変動への対応が議論されています。その中でダイキンは、冷媒による環境影響軽減に向けた議論に積極的に参画しています。また、環境影響が小さく、エネルギー効率の良い冷媒を適材適所に使用するために、各国・地域に対して業界を通じて情報提供をするなど、ルール形成にも貢献しています。

冷凍空調機器の環境影響を低減させるためには、メーカー・社会・環境など多角的な視点での取り組みが重要です。ダイキンは、各国政府やさまざまなステークホルダーとともに、適材適所の冷媒の選択に向けて今後も活動を続け、地球温暖化抑制に貢献していきます。


「人」と「空気」のあいだに「人」と「空気」のあいだに、いつもダイキン