ダイキン工業株式会社

CSR・環境への取り組み > 環境 > 環境マネジメント > 「グリーンハートファクトリー・オフィス」

環境マネジメント

「グリーンハートファクトリー・オフィス」

環境マネジメント メニューページに戻る

「グリーンハートファクトリー」の推進

独自基準で環境先進工場を認定

ダイキングループは、環境先進工場を環境性と社会性を評価した独自基準で認定する制度を設けています。100点満点中95点以上を「スーパーグリーンハートファクトリー」、85点以上を「グリーンハートファクトリー」に認定しています。

2016年度末時点で、国内3拠点、海外7拠点を「スーパーグリーンハートファクトリー」に認定しています。「グリーンハートファクトリー」には、国内5拠点、海外26拠点を認定しています。

ページ上部へ戻る

「グリーンハートオフィス」の推進

「グリーンハートオフィス」活動を展開

2011年度からオフィスなど非生産拠点での環境活動を推進するために「グリーンハートオフィス」活動を開始しました。オフィスでの環境活動を推進・啓発するためのポスターデザインを従業員に募集、オフィスに掲示するなど意識を高めてきました。こうした活動が定着したことから、2014年度にはグリーンハートオフィスの達成度を評価するチェック表を作成し、「紙・ゴミ・電気」を縦軸に「意識・貢献」を横軸にしながらゾーンごとの取り組みレベルを「ゴールドクラス」「シルバークラス」「ブロンズクラス」にランク付けすることで、各拠点の取り組みを相対評価できるようにしています。

2020年までに主要な非生産拠点の取り組みレベルを「ゴールドクラス」にすることを目標に環境活動を推進しており、2016年度に全ての主要拠点が「ブロンズクラス」を達成しました。2017年度は、引き続き「ブロンズクラス」以上をめざすほか、「シルバークラス」「ゴールドクラス」を達成する拠点の増加をめざします。

ページ上部へ戻る

ダイキンのサステナビリティ

CSRと経営戦略

活動ハイライト

価値創造のCSR

環境

新価値創造

顧客満足

人材

基盤的CSR

コーポレート・ガバナンス

人権の尊重

サプライチェーン・
マネジメント

ステークホルダー・
エンゲージメント

地域社会

サステナビリティレポート

サイトレポート

社会からの評価

データ集

ガイドライン対照表

FAQ