ダイキン工業株式会社

化学物質の管理・削減

J-Mossへの対応

J-Mossへの対応

J-Moss(電気・電子機器の特定化学物質の含有表示に関する新規格)の規定に基づき、対象となる6物質の含有についての情報を公開致します。ダイキンの製品のうち、ルームエアコンが本規定の対象です。

ダイキンでは2001年から、製品に含まれる化学物質の把握・管理と特定化学物質の使用廃止に取り組んできました。その結果、ルームエアコン(2006年7月以降製造)について全機種、基準値を超えての特定化学物質含有を廃止しています。

ダイキンでは、お客様が安心して環境配慮製品の選択をできるよう、このような環境配慮製品の情報開示を積極的に推進します。

J-Mossとは

J JIS C 0950「電気・電子機器の特定の化学物質の含有表示」

“The marking for presence of the specific chemical substances for electrical and electronic equipment”の略。鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、PBB(ポリ臭化ビフェニル)、PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)の6物質の含有表示を電気・電子機器の製品本体等に実施するものです。対象となる機器は、(1)パーソナルコンピュータ(2)ユニット型エアコンディショナー(3)テレビ受像機(4)電気冷蔵庫(5)電気洗濯機(6)電子レンジ(7)衣類乾燥機です。

ダイキン製品の状況

グリーンマークグリーンマーク

ルームエアコンにおける含有状況は、以下の通りです。なお、国内に出荷する2007年以降のルームエアコン新製品について、グリーンマークの表示を実施しています。

ルームエアコンにおける含有状況

機器名称:ルームエアコン(室内機/室外機)
形式名:2006年7月以降製造の全機種(注記3)

大枠分類 化学物質記号
Pb Hg Cd Cr(Y) PBB PBDE
構造部品
冷媒系統部品 除外
項目
電気・電子部品 除外
項目
圧縮機 除外
項目
冷媒
付属品

JIS C 0950:2008

注記1 “○”は、算出対象物質の含有率が含有率基準以下であることを示す。

注記2 “除外項目”は、算出対象物質が含有マークの除外項目に該当していることを示す。

注記3 下記形式
《室内機》 壁掛形、天井埋込カセット形 (シングルフロー/ダブルフロー)、壁埋込形、アメニティビルトイン形、床置形
《室外機》 ペア用、システムパック用、システムマルチ用、ワイドセレクトマルチ用、温水床暖房機能付用

ページ上部へ戻る