ページの本文へ

トップ > 企業情報 > CSR・環境 > CSRと経営戦略 > ダイキングループの概要

CSRと経営戦略

ダイキングループの概要

健康で快適な生活をグローバルに提供

ダイキングループは、海外売上高比率が7割を超え、グループ全従業員数の8割が海外で働いているグローバルメーカーです。「空調」と「フッ素化学」の技術を両輪に、国や地域ごとに異なる文化・価値観から生まれるニーズに応え、人と空間を健康で快適にする製品を提供しています。

強みとする省エネルギー技術を用いて、気候変動の原因となるCO2の排出抑制に貢献する製品・サービスを開発・提供することに加え、世界各地の従業員が個性と意欲を発揮できる職場環境を整えることで、世界の持続的な発展に貢献します。

ダイキングループの事業展開

空調・冷凍機

環境性と快適性の両立を追求し、
世界中のあらゆる空調ニーズに応える製品を提供し続けます

空調は人々の健康と豊かで快適な生活になくてはならない製品である一方、多くのエネルギーを消費します。環境性と快適性を両立しながら、空調機器や冷凍・冷蔵設備などであらゆる空気環境に対応するとともに、フィルタなどで大気汚染予防や室内環境改善に貢献します。

住宅用空調

ルームエアコン
「うるるとさらら」

業務用空調

ビル用マルチエアコン

エアフィルタ

エアフィルタ

空気清浄機

ストリーマ空気清浄機

給湯・暖房

ダイキンエコキュート

空調システム

エアネットサービスシステム

冷凍機

海上コンテナ用
冷凍装置

化学

フッ素化学の特長を活かし幅広い分野に貢献します

半導体・自動車・情報通信などの分野で活躍するフッ素化学製品において、世界有数のシェアを誇ります。世界で唯一、空調と冷媒の両方を手掛けるメーカーとして、環境負荷の少ない次世代冷媒の開発に取り組んでいます。

半導体分野

フッ素樹脂、エッチャント

自動車分野

フッ素ゴム
(自動車)

情報通信分野

フッ素樹脂、コーティング剤
(タブレット)

エネルギー分野

リチウムイオン二次電池用材料

 

太陽電池向け材料

冷凍・空調分野

フルオロカーボン(冷媒)

油機・特機・電子システム

独自の油圧技術や精密加工技術、
ITソリューションで幅広い産業に貢献します

空調事業で培ったインバータなどの技術を融合した省エネ性能に優れた油圧ポンプ・ユニットや、高度な精密加工技術や品質管理技術が求められる航空機部品、在宅酸素医療機器などを開発しています。

工作機械

エコリッチ(油機)

建設機械

油圧トランス
ミッション(油機)

在宅医療機器

酸素濃縮装置(特機)

電子システム

製品開発プロセス改善
「SpaceFinder」(電子システム)

ページ上部へ戻る

グローバル展開

グローバル展開

2016年度ハイライト

ハイライト

ページ上部へ戻る

おすすめコンテンツ

ページの先頭へ