ダイキン工業株式会社

CSR・環境への取り組み > CSRと経営戦略 > CSRの目標と実績

CSRと経営戦略

CSRの目標と実績

CSR重点テーマに沿った中期的な取り組み目標を定め、2016年度からスタートした戦略経営計画「FUSION2020」に反映しています。

先進技術と市場をつなぎ、 環境・エネルギー問題の解決に貢献します

取り組みの内容

環境調和製品・サービスを世界中で提供します

  • インバータをはじめとした省エネエアコンの普及拡大
  • 低温暖化冷媒を用いたエアコンの普及拡大
  • ヒートポンプ式暖房・給湯機の普及拡大
  • 省エネソリューション事業の展開

バウンダリー (影響が発生する範囲)

バウンダリー(影響が発生する範囲)

中期的なCSR目標・計画(2020年度)
  • 全世界で、環境調和製品の普及推進
    環境調和製品のグローバルでの普及により、2020年度温室効果ガス排出抑制貢献量6,000万t-CO2
2016年度の実績

排出抑制貢献量 4,500 万t-CO2

環境調和製品売上高比率(住宅用エアコン)74 %

ページ上部へ戻る

取り組みの内容

生産活動等での環境負荷を最少化します

  • 温室効果ガス排出削減
  • 水・資源の有効活用
  • 化学物質削減
  • グリーン調達の推進

バウンダリー (影響が発生する範囲)

バウンダリー(影響が発生する範囲)

中期的なCSR目標・計画(2020年度)
  • 2020年度、グループ全体の生産時温室効果ガス排出量を2005年度比70%削減
2016年度の実績

生産時温室効果ガス排出量
157
万t-CO2 (2005年度比70%削減)

ページ上部へ戻る

取り組みの内容

世界中で地球を大切に思うグリーンハートの輪を広げます

  • 従業員による事業内外での環境活動参画
  • 環境社会貢献活動の推進

バウンダリー (影響が発生する範囲)

バウンダリー(影響が発生する範囲)

中期的なCSR目標・計画(2020年度)
  • ステークホルダーと連携した環境活動の実施・拡大
2016年度の実績

森林保全面積 1,100 万ha

グリーンハート ファクトリー数 41 拠点

社内外の人々と夢や未来を共有し、空気の力で健康・快適な生活をつくります

取り組みの内容

お客様と社会の期待に応える新たな価値を創出します

バウンダリー (影響が発生する範囲)

バウンダリー(影響が発生する範囲)

中期的なCSR目標・計画(2020年度)
  • 地球に対する価値提供
  • 都市に対する価値提供
  • 健康・快適に対する価値提供
2016年度の実績

研究開発費 539 億円 (2015年度461億円)

特許出願数(2015年度)(単体)
1,116
件 (2014年度1,292件)

徹底したお客様志向と経験、実績、高い技術力で、安心と信頼を提供します

取り組みの内容

お客様に最高の満足を提供します

  • 安全・品質
  • 顧客満足

バウンダリー (影響が発生する範囲)

バウンダリー(影響が発生する範囲)

中期的なCSR目標・計画(2020年度)
  • グローバル全地域を網羅するサービスネットワークの確立
  • 世界中の顧客ニーズに応える商品開発力の構築
  • 最適最良な品質水準の確保
2016年度の実績

アフターサービス お客様満足度(単体)
4.13
(2015年度4.05)

事業展開国数 150 カ国以上

生産拠点数 90 拠点以上

個性・価値観を尊重し、個人の無限の可能性を引き出し、組織と社会の力とします

取り組みの内容

人を基軸におく経営で能力を発揮できる環境をつくります

  • 人材育成
  • 多様性の確保
  • 労働安全衛生

バウンダリー (影響が発生する範囲)

バウンダリー(影響が発生する範囲)

中期的なCSR目標・計画(2020年度)
  • 雇用の維持拡大
  • 多様な個性を持った従業員一人ひとりがいきいきとやりがいを持って働き、持てる力を最大限に発揮して成長できる組織づくり
2016年度の実績

女性管理職比率(単体) 4.4 %
(2015年度3.6%)

現地人社長比率 52 %
(2015年度51%)

施工技術者育成 (日本・中国・アジア)
16,000

ページ上部へ戻る

ダイキンのサステナビリティ

CSRと経営戦略

活動ハイライト

価値創造のCSR

環境

新価値創造

顧客満足

人材

基盤的CSR

コーポレート・ガバナンス

人権の尊重

サプライチェーン・
マネジメント

ステークホルダー・
エンゲージメント

地域社会

サステナビリティレポート

サイトレポート

社会からの評価

データ集

ガイドライン対照表

FAQ