1951年に日本で初めてエアコンを開発して以来、長年培ってきた空調の技術によって、お客様の様々な生活シーンをいっそう快適にする空調機・システム、ソリューションサービスを、世界中で提供し続けています。私たちは、家庭はもちろん、オフィスや店舗などの身近な生活空間から、工場やドーム球場、空港などの大型施設の大空間、病院や飲食店の厨房といった特殊な空間に至るまで、幅広い対応技術と商品の品揃えをもつことで、全世界のあらゆる風土に合った、あらゆる空調ニーズに応えています。


私たちは、グローバル規模で空調をリードする企業の責任として「ダイキンだからできる地球環境への貢献」にこだわり、地球環境問題へも積極的にかかわり続けたいと考えています。
例えば、当社の環境コア技術である「ヒートポンプ技術」「インバーター技術」は、低炭素社会の実現に役立つ技術として注目されており、これらの技術を応用した空調機や暖房機器は、環境負荷の低い機器として世界中で認められつつあります。また、次世代冷媒「R32」の普及拡大により、グローバルでの地球温暖化抑制に貢献しています。こうした商品開発や、環境配慮型の商品を普及させる努力を続けていきます。


世界各地で、冷暖房へのニーズは一様ではありません。その地域に最もふさわしい冷暖房機器を提供するためには、そこに住む人、暮らし、気候について熟知し、商品の設計・開発、ものづくり、工事・アフターケアまでを視野に入れた販売を、現地に密着して行なう必要があります。


そのために当社は、世界の市場の最も近いところで発想し、開発、生産および販売することを基本としてきました。日本はもとより、1972年に欧州のベルギーに生産工場を設立し、1990年にはタイ、1995年には中国、2003年にはチェコと、世界各地に最適な商品販売・タイムリーな供給を行なう生産体制を確立しました。 また、2007年にマレーシアの大手空調メーカー、OYLインダストリーズを買収、2012年に米国の大手住宅空調メーカー、グッドマン社を買収するなど、大型買収案件による事業強化も積極的に行ってきました。
さらに、2016年には米国のエアフィルタメーカー、フランダース社を買収し、フィルタ事業の強化を図ると共に、イタリアの業務用冷蔵・冷凍機メーカー、ザノッティ社を買収し、商業用冷設事業の拡大にも取り組んでいます。 こうして、いち早くグローバル展開を図り、現地のニーズに合わせた魅力あふれる商品の提供を通じて、世界の隅々にまで「ここちよさ」を届けています。


ページ上部へ