English

年表




↓ご覧になりたい年代をクリックして下さい。
バックナンバー
 | 1920〜40年  | 1950年  | 1960年  | 1970年  | 1980年  | 1990年  | 2000年  | 2001年  | 2002年  | 2003年
 | 2004年  | 2005年  | 2006年  | 2007年  | 2008年  | 2009年  | 2010年  | 2011年  | 2012年  | 2013年
 | 2014年  | 2015年  | 2016年

1920〜40
1924
(大正13年)
・山田晁、合資会社大阪金属工業所を大阪市に創立
・飛行機用ラジエーターチューブの生産を開始
1929
(昭和4年)
・『ラショナル注油器』の生産開始
1933
(昭和8年)
・フッ素系冷媒の研究に着手
1934
(昭和9年)
・大阪金属工業株式会社を設立、社章を制定 社章社章
・メチルクロライド式冷凍機の試作に成功、『ミフジレーター』冷凍機と命名し生産を開始
1935
(昭和10年)
・日本初のフルオロカーボンガスの生産に成功、1942年に量産開始
1936
(昭和11年)
・日本初の電車冷房の試験用として、南海鉄道へ『ミフジレーター』冷凍機を納入
・航空機用油圧部品の生産を開始
1937
(昭和12年)
・堺製作所を大阪府堺市に新設
1938
(昭和13年)
・呉海軍工廠に日本で初めてフロン冷媒を使用した『ミフジレーター』冷凍機を納入
1941
(昭和16年)
・淀川製作所を大阪府三島郡(現摂津市)に新設

ページ上部へ戻る

1950
1950
(昭和25年)
・集中潤滑装置の生産を開始
1951
(昭和26年)
・日本初のパッケージ形エアコンを開発

パッケージ形エアコン
1952
(昭和27年)
・超低温装置『サブゼロ』を開発
1953
(昭和28年)
・三フッ化塩化エチレン樹脂『ダイフロン』を開発
1955
(昭和30年)
・四フッ化エチレン樹脂『ポリフロン』を開発
1956
(昭和31年)
・南極観測船「宗谷」の船室暖房用に暖気缶(熱交換器)を納入
1958
(昭和33年)
・わが国初のロータリーコンプレッサーを搭載したウインドクーラーを発売
・ヒートポンプ式パッケージエアコンを開発

ページ上部へ戻る

1960
1960
(昭和35年)
・ポンプ・バルブなどの油圧機器を発売(写真)

ポンプ、バルブなど油圧機器
1962
(昭和37年)
・ターボ冷凍機の生産を開始
・総合技術研究所を開設
1963
(昭和38年)
・堺製作所 金岡工場を大阪府堺市に新設、業務用エアコンの本格生産開始
・四フッ化エチレン・六フッ化プロピレン共重合樹脂『ネオフロン』の開発に着手、1974年商品化に成功
・「大阪金属工業株式会社」を「ダイキン工業株式会社」に社名変更
1964
(昭和39年)
・国鉄大阪駅で「ダイキンエアコン」の冷風によるサービスを開始(以後、主要ターミナルに設置)
1966
(昭和41年)
・堺製作所 金岡工場のターボ工場完成
1969
(昭和44年)
・冷暖房兼用形のエアコンに「フロンヒーター」を採用
・空調機器販売会社「クラークダイキン社」をオーストラリアに設立(1980年より「ダイキン オーストラリア社」に社名変更)

ページ上部へ戻る

1970
1970
(昭和45年)
・フッ素ゴム『ダイエル』を発売
・滋賀製作所を滋賀県草津市に新設、家庭用ルームエアコンの本格生産開始
1972
(昭和47年)
・「ダイキン ヨーロッパ社」をベルギー オステンド市に設立、1973年より空調機のノックダウン生産を開始
・フッ化カーボンの量産化開始
1973
(昭和48年)
・マルチタイプルームエアコンを開発
1974
(昭和49年)
・『ネオフロン』FEPペレットNP20を発売
1975
(昭和50年
・連続式有機排ガス処理システム(DACS)を開発
・空気清浄機『クリエール』を発売
1976
(昭和51年)
・フッ素系離型剤『ダイフリー』を発売
・FF式温風暖房機(灯油焚)『うらら』を発売
1978
(昭和53年)
・店舗・オフィス用エアコン『スカイエア』を発売
・堺製作所 臨海工場を大阪府堺市に新設、コンプレッサーの製造工場として生産開始
・フッ素樹脂『ネオフロン』FEPフィルムを発売

ページ上部へ戻る

1980
1980
(昭和55年)
・半導体用ドライエッチング剤『PFC‐14』を開発
1981
(昭和56年)
・世界一薄型の海上コンテナ用冷凍装置を開発
1982
(昭和57年)
・フッ素樹脂PFAとETFEを発売
・日本初のビル用マルチエアコンを発売
・業界初のシングルスクリュー冷凍機を開発
・コンピューター グラフィックス(COMTEC)の販売開始
・空調機器製造・販売会社「サイアム ダイキン セールス社」をタイ バンコク市に設立
・空調機器販売会社「ダイキン エアコンディショニング ベルギー社」をベルギー ブリュッセル市郊外に設立


日本初のビル用マルチエアコン日本初のビル用マルチエアコン
1983
(昭和58年)
・鹿島工場を茨城県鹿島郡に新設、フルオロカーボンとフッ素樹脂を生産開始
1984
(昭和59年)
・パッケージエアコン国内生産100万台を達成
・インバータエアコンを発売
・半導体用エッチング剤「バッファードフッ酸‐U」を開発
1985
(昭和60年)
・日本初のヒートポンプ式冷暖房・給湯マルチシステム『トリオ』を発売
・マイナス269℃(4K)を実現する、小型極低温ヘリウム冷凍機を開発
1987
(昭和62年)
・超高層インテリジェントビル(梅田センタービル)に各階毎の個別制御が可能なビル用マルチエアコンを納入
・3次元分子設計支援ソフトウェアMOL-GRAPHを発売
・本社を梅田センタービルに移転
・空調機器製造・販売会社「ダイキン エアコンディショニング タイランド社」をタイ チョンブリ県に設立
1988
(昭和63年)
・第1回「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」開催
・フロン回収システムを開発、発売
1989
(昭和64年)
・米国シリコングラフィック社とOEM 販売提携し、3次元グラフィックワークステーションCOMTECシリーズの販売開始
・業界初、氷蓄熱ビル用マルチエアコン〈EXGシリーズ〉を新開発

ページ上部へ戻る

1990
1990
(平成2年)
・「ダイキン インダストリーズ タイランド社」を設立、1991年より空調機の生産を開始
・MEC研究所を茨城県つくば市に開設
1991
(平成3年)
・フッ素樹脂生産販売会社「ダイキン アメリカ社」と「MDAマニュファクチュアリング社」を米国に設立、1994年より工場稼働
・鹿島工場内にHFC-134aの生産プラントを新設、生産開始
・低騒音で安全性の高い立体駐車場システムを発売
1992
(平成4年)
・フッ素加工天然皮革『レザノヴァ』を開発
・「ダイキン ケミカル ヨーロッパ社」をドイツ デュッセルドルフに設立
・超耐候性塗料ワニス『ゼッフル』を発売
1993
(平成5年
・「地球環境保全に関する行動原則」を策定
・業界初、業務用空調機をオンラインで24時間状態監視する『エアネットサービスシステム』を発売
・大阪府摂津市と第3セクター方式で、重度障害者多数雇用事業所「ダイキンサンライズ摂津」を設立、1994年より稼働開始
・空調機器販売会社「ダイキン エアコンディショニング フランス社」をフランス パリ市に設立
1994
(平成6年)
・低温用エアコン『フリーズマルチ』発売
・業界初、全ての国内空調生産工場で、国際品質保証規格「ISO 9001」認証を取得
1995
(平成7年)
・業界初、スイングコンプレッサーの採用で省エネ効果を高めた小型ルームエアコンを発売
・「ダイキン アメリカ社」ディケーター工場内に、フッ素樹脂『ネオフロン』FEP、『ネオフロン』ETFEの製造プラントを新設


LAN電線の被覆材料向けフッ素樹脂

・合弁会社「上海大金協昌空調有限公司」を中国 上海市に設立、1996年より業務用空調機の生産を開始
1996
(平成8年)
・業界初、夜間電力を利用して節電効果を高めた氷蓄熱ビル用マルチエアコンを発売
・「財団法人ダイキン工業現代美術振興財団」を設立
・省エネ型吸収冷温水機「エナジオスーパー」を自社開発、販売開始
・合弁会社「西安大金慶安圧縮機有限公司」を中国 西安市に設立
・空調機器販売会社「A.C.E.ダイキン マレーシア社」をマレーシア クアラルンプール市郊外に設立
1997
(平成9年)
・米国デュポン社と冷媒(R-410A、407C、404A)に関する特許のライセンス契約を締結
・国内全工場(堺、淀川、滋賀、鹿島)にて環境管理国際規格「ISO 14001」の認証を取得
・合弁会社「恵州大金三石空調有限公司」を中国 恵州市に設立、ウォーターチリングユニットの生産を開始
・淀川製作所にR-32の量産プラントを建設
・オゾン層を破壊しない冷媒R-407Cを採用したビル用マルチエアコンを開発
・空調機器部品の輸出入商社「ダイキン トレーディング タイランド社」をタイ バンコクに設立
・「ダイキン アジア サービシング」をシンガポールに設立
・「大金フッ素塗料(上海)有限公司」を中国 上海市に設立、中国にてフッ素塗料の生産を開始
1998
(平成10年)
・R-410A冷媒を採用したルームエアコンの販売を開始
・主要な海外生産子会社で環境管理国際規格「ISO14001」の認証を取得
・合弁会社「ダイキン アレンエアコンディショニング社」をフィリピン ケソン市に設立
・空調機器販売会社「ダイキン エアコンディショニング サウスアフリカ社」を南アフリカ ケープタウン市に設立
・消費電力を60%低減させたパッケージエアコン『スーパーインバーター60』を発売
・ビル設備のメンテナンス事業を開始
・『環境報告書1998』を発行
・空調機器販売会社「ダイキン エアコンディショニング ドイツ社」をドイツ ミュンヘン市に設立
1999
(平成11年)
・空調機器販売会社「ダイキン エアコンディショニング セントラルヨーロッパ社」をオーストリアに設立
・世界初、無給水加湿方式で湿度も調節できるルームエアコン『うるるとさらら』を発売
・パッケージエアコン国内生産500万台を達成

業界初パッケージエアコン

・松下電器産業株式会社と空調事業でグローバル包括提携を契約調印

ページ上部へ戻る

2000
2000
(平成12年)
・ハイブリッド油圧ポンプ『エコリッチ』を発売
・免疫測定装置事業(免疫測定装置「エバネット」)を営業譲渡
・「松下・ダイキン空調開発センター」を設立
・研究部門を分社化し、ダイキン空調技術研究所、ダイキンシステムソリューションズ研究所、ダイキン環境研究所の3社を設立
・空調機器販売会社「ダイキン シュリラム エアコンディショニング社」をインド ニューデリー市に設立
・空調機器販売会社「ダイキン エアコンディショニング スペイン社」をスペイン マドリード市に設立
・空調冷凍機の24時間365日サービス体制の確立
・「ダイキン アメリカ社」に研究開発会社「DAI-ACT」を設立
・「アントセンス」を営業譲渡し、ME部を廃止
・新冷媒・省エネ・リサイクルの環境3課題を克服し大幅に環境負荷を低減した『スーパーインバータZEAS』を発売


スーパーインバータZEAS

ページ上部へ戻る

2001
2001
(平成13年)
・空調機器販売会社「ダイキン エアコンディショニング アルゼンチン社」をアルゼンチン ブエノスアイレス市に設立
・スイング圧縮機の製造・販売会社「ダイキン コンプレッサー インダストリーズ社」をタイ バンコク市に設立
・空調機器販売会社「ダイキン エアコンディショニング ポーランド社」をポーランド ワルシャワ市に設立
・再雇用期間を65歳までに延長
・「大金フッ素化学中国有限公司」を中国 常熟市に設立
・空調に関するお客様総合相談窓口「ダイキンコンタクトセンター」を開設(東京・大阪)
・次世代半導体製造向けフォトレジスト用フッ素樹脂を新開発
・フッ素ゴム生産会社「ダイキン ケミカル フランス S.A.S」をフランス リヨン市郊外に設立
・フッ素化学製品の販売会社「台湾大金先端科学股イ分有限公司」を台湾 台北市に設立
・空調・化学の全生産・販売拠点を統括する「大金(中国)投資有限公司」を中国 北京市に設立
・米国ザウアーダンフォス社と油圧事業の合弁会社設立に合意
・米国オムノヴァ・ソリューション社とフッ素機能化学品で開発提携
・建機油圧事業において、米国ザウアーダンフォス社との製造合弁会社「ダイキン・ザウアーダンフォス・マニュファクチャリング株式会社」と、販売合併会社「ザウアーダンフォス・ダイキン株式会社」を設立
・米国トレーン社と空調事業のグローバル戦略的提携で合意
・淀川製作所機械部門で廃棄物ゼロ化を達成し、機械部門全事業所で廃棄物ゼロ化を達成

ページ上部へ戻る

2002
2002
(平成14年)
・自然冷媒(CO2)ヒートポンプ給湯機『エコキュート』を発売
・フロン回収破壊事業の全国展開開始
・「第11回地球環境大賞 日本工業新聞社賞」を受賞
・空調機器販売会社「ダイキン エアコンディショニング イタリア」の本社をミラノ、支店をローマに設立
・業界初の冷凍・冷蔵・空調の一体化システム『コンビニパックZEAS-AC』を開発
・「グループ経営理念」を策定


「グループ経営理念」

ページ上部へ戻る

2003
2003
(平成15年)
・業界初、中国での独資サービス会社「大金空調技術有限公司」が北京、上海、広州にて事業開始
・フッ素樹脂『ネオフロン』EFEPを開発
・空調機器生産拠点「ダイキン インダストリーズ チェコ社」をチェコ共和国 ピルゼン市に設立
・企業倫理委員会と企業倫理室を新設
・空調機器販売会社「ダイキン エアコンディショニング UK社」を設立
・更新専用ビル用マルチエアコン『Ve-up Q』シリーズを発売
・空調機器生産拠点「大金空調(上海)有限公司」と「大金中央空調(上海)有限公司」を中国 上海市に設立
・2003年度、家庭用ルームエアコンで通年のシェア1位に
・滋賀製作所、ルームエアコン累計生産1,500万台達成
・世界初の実用化「光触媒チタンアパタイト」フィルター開発
・中国・清華大学と空調技術開発で提携し、中国R&D拠点として「清華-ダイキンR&Dセンター」を清華大学に設立
・「ダイキンフッ素化学(中国)有限公司」の常熟工場稼動
・空調機器の圧縮機生産拠点「大金機電設備(蘇州)有限公司」を中国 蘇州市に設立
・空気中のインフルエンザウイルスを捕捉する鶏卵抗体バイオフィルター技術を開発

ページ上部へ戻る

2004
2004
(平成16年)
・『コンビニパック ZEAS-AC』が省エネ大賞「経済産業大臣賞」を受賞
・超薄型コンパクト設計の壁掛け型インバータ省エネエアコン『UX』シリーズを発売

UXシリーズ-w「UXシリーズ」

・油圧機器『スーパーユニット』が優秀省エネ機器表彰で「日本機械工業連合会長賞」を受賞
・国内グループで環境管理国際規格「ISO14001」の統合認証を取得
・執行役員制を導入
・セントラル空調機器の製造・販売および空調・冷熱システムの設計・施工・販売及びサービスを提供する「株式会社ダイキンアプライドジステムズ」を設立
・松下電器産業と合弁で、空調機器の圧縮機用モーターを製造・販売する「大金電器機械(蘇州)有限公司」を中国 蘇州市に設立
・創業80周年記念事業を挙行
・全世界ダイキングループ共通の新たな社章を制定 社章社章

・一単元の株式の数を百株に引き下げ
・空調機器の圧縮機生産拠点「ダイキンデバイス チェコ社」をチェコ共和国 ブルノ市に設立
・空調機器販売会社「ダイキン エアコンディショニング ポルトガル社」をポルトガル リスボン市に設立

ページ上部へ戻る

2005
2005
(平成17年)
・温度制御でぐっすり眠れる快眠エアコン『うるるとさらら』(Fシリーズ)を発売
・中国初、空調機器専門の大規模なショールーム「ソリューションプラザ上海」を中国 上海市に開設
・米国ダウコーニング社とフルオロシリコーン化学での協業に合意
・ロシアに「モスクワ事務所」開設
・アイシン精機とガスヒートポンプエアコン(GHP)分野で業務提携に合意
・ダイキン環境研究所とダイキン空調技術研究所を統合し、「ダイキン環境・空調技術研究所」を設立
・グループ全体のCSR活動推進に向けて、CSR委員会およびCSR室を新設
・米国に持ち株会社「ダイキンホールディングス社」と、空調機器販売会社「ダイキンACアメリカズ社」を設立

ページ上部へ戻る

2006
2006
(平成18年)
・欧州域内での環境対応をリードする「環境対応室」をダイキンヨーロッパ社に設置
・真のグローバルエクセレント企業を実現し、企業価値の最大化を目指す中長期経営戦略計画「Fusion 10(フュージョン・テン)」を策定
・油圧式立体駐車場装置事業を営業譲渡
・グローバル大手空調メーカーOYL社(マレーシア)を買収
・ヒートポンプ式温水暖房機『ダイキンアルテルマ』を発売
・空調機器販売会社「ダイキン エアコンディショニング ギリシャ社」をギリシャ アテネ市に設立
・当社グループ独自のCSR活動を紹介する『CSR報告書』を初めて発行
・「大金総合空調(上海)」が、外資系製造業で初めて「上海市身障者職業実習基地」に認定
・中国の生産子会社である「上海大金空調」、「大金総合空調上海」、「大金中央空調(上海)」、「大金中央空調(恵州)」の4社を統合し、「大金空調(上海)有限公司」を発足
・低温(冷蔵・冷凍)事業のグローバル展開を目指す低温事業本部を新設
・空調関連の電子デバイス開発・生産・販売を行う合弁会社「ダイキンレクザムエレクトロニクス」を設立

ページ上部へ戻る

2007
2007
(平成19年)
・「トルコ事務所」をイスタンブール市内に開設
・空調機器販売会社「ダイキン エアコンディショニング ネザーランド社」をオランダ王国 スキーダム市に設立
・業界初の除加湿清浄機『クリアフォース』を発売

クリアフォース「クリアフォース」

・防汚性・耐候性に優れた水性フッ素コーティング剤をドイツ・ランクセス社と共同開発
・水配管レス調湿外気処理機『DESICA(デシカ)』を発売
・中蛍集団有限公司と無水フッ酸の生産販売会社を設立
・仏アルケマ社と中国に空調機器用冷媒の合併会社を設立
・海上コンテナ用冷凍冷蔵装置の生産会社「大金制冷(蘇州)有限公司」を中国に設立
・フッ素系UV硬化型防汚添加剤『オプツールDAC』を発売
・女子プロゴルファー諸見里しのぶ選手と所属契約を締結

ページ上部へ戻る

2008
2008
(平成20年)
・『ダイキンルームエアコン発売50周年記念キャンペーン』を実施
・遠隔監視システム『エアネットUサービスシステム』の提供を開始
・空調機器販売会社「ダイキン エアコンディショニング コリア社」を設立
・ドイツの暖房機メーカー「ロテックス社」を買収
・『ダイキンMRエンジニアリング株式会社』の営業開始
・空調業界で初めて「エコ・ファースト企業」認証を取得
・『省エネ当番』エコプロダクツ大賞「環境大臣賞」受賞
・格力電器とインバータエアコンの生産委託で合意

調印式 調印式

・ダイキンヒューマンサポート株式会社の吸収合併

ページ上部へ戻る

2009
2009
(平成21年)
・ビル、工場向け『ヘキサゴンモジュールチラー』を発売
・"ぴちょんくん"デビュー10周年記念『ぴちょんくん号が行く!「エコ旅」キャンペーン』を実施
・「ダイキンマッケイアプライド開発センター」を米国に開設
・ダイキンサンライズ摂津の新工場が完成
・中国市場向け『ヒートポンプ式住宅用温水暖房機』を販売
・国内エアフィルター事業トップの「日本無機株式会社」を買収
・四フッ化型フッ素塗料を使用した『ゼッフル遮熱塗料』で「Lloyd's List Global Awards 2009 エナジー部門賞」を受賞
・「2010 FIFAワールドカップTM」南アフリカ大会の新スタジアムに、水冷式ビル用マルチエアコンを納入
・世界初 上下左右の「四方気流」エアコン『うるるとさらら(Rシリーズ)』を発売

世界初 上下左右の「四方気流」エアコンを発売 世界初 上下左右の「四方気流」エアコンを発売

・低温用エアコン『冷凍ZEAS』を発売
・「光速ストリーマ」技術展開の第一弾として、『バス用光速ストリーマ除菌ユニット』を開発

ページ上部へ戻る

2010
2010
(平成22年)
・省エネインバータエアコン『Eco-ZEAS80』を発売
・アルケマとの合弁会社が中国で冷媒用ガスの生産を開始
・「ダイキンマッケイ ソリューションプラザ」を米国 ニューヨークに開設
・油圧機器地域販売子会社3社を「ダイキン油機エンジニアリング株式会社」に統合
・ダイキンヨーロッパ社が、国を越えた産学共同プロジェクトとして、建物のエネルギー収支をゼロにする「ネットゼロエナジーオフィス」をドイツに建設
・欧州市場向けヒートポンプ式冷温水空調給湯機『集合住宅用ダイキンアルテルマ』を発売
・「光速ストリーマ」搭載の業務用空気清浄機『光クリエール』を発売
業務用空気清浄機『光クリエール』 業務用空気清浄機『光クリエール』

・ダイキン工業と日本バルカー工業が中国におけるフッ素樹脂事業で資本提携

ページ上部へ戻る

2011
2011
(平成23年)
・国内の空調販売子会社を再編、量販店専門販売子会社を設立
・お客様の素朴な疑問を実証する『ダイキン空気のお悩み調査隊がゆく!』を発足
・節電応援コントローラー『ミハリモ』、睡眠時専用コントローラー『soine(ソイネ)』を発売
・業務用 調湿外気処理機『DESICA(デシカ)』が全国発明表彰「経済産業大臣発明賞」を受賞
・トルコの空調機メーカー「エアフェル社」を買収
・知床自然環境保全事業への支援で知床財団・斜里町・羅臼町の三者と基本合意
・世界最大の高齢者支援団体であるAARP(旧全米退職者協会)が主催する「50歳以上の就労者のための最優秀事業主賞」を日本企業で初めて受賞
・海上コンテナ用冷凍機『ZESTIA(ゼスティア)』を発売
・ダイキン ソリューションプラザ「フーハ 東京」を開設
フーハ 東京
ダイキン ソリューションプラザ「フーハ 東京」

・当社最大規模の空調機器生産拠点「大金空調(蘇州)有限公司」を中国 蘇州市に設立
・省エネ改善サービス『VRV・エネ・TUNING』エコプロダクツ大賞「経済産業大臣賞」受賞

ページ上部へ戻る

2012
2012
(平成24年)
・世界初、オールアルミ製「マイクロチャネル熱交換器」搭載の『ZEAS』シリーズを発売
・国内初、デザイン心理学を開発に応用した家電製品 ダイキンらくらくエアコン『ラクエア』を発売
・経済産業省が「エネルギー利用情報管理運営者(BEMSアグリゲータ)」にダイキン工業を採択
・空調機器販売会社『ダイキン エアコンディショニング インドネシア社』を設立
・グローバル空調市場におけるリーディングカンパニーとしての地位を盤石なものにするため、米国住宅用空調大手「Goodman社」を買収
記者会見 記者会見

・世界初、R-32冷媒を採用したルームエアコン『うるさら7』を発売
・建機車輌用油圧機器の開発・生産・販売までを一貫して担う「ダイキン・ザウアーダンフォス株式会社」を設立
・住宅用全館調湿・換気ユニット『DESICA HOME AIR(デシカホームエア)』を発売

2013
2013
(平成25年)
・R-32冷媒、インドで海外初展開
・ルームエアコン『うるさら7』が、第5回ものづくり日本大賞「内閣総理大臣賞」、省エネ大賞「経済産業大臣賞」、「レッド・ドット・デザイン賞」など、数々の賞を受賞
ものづくり日本大賞受賞式典

・ダイキン ソリューションプラザ「フーハ大阪」を開設
・文理融合による新しい社会価値創造を目指し、京都大学との包括連携協定を締結
・インドネシアの業務用空調機器の販売代理店である「TSP社」を買収
・部屋の湿度を自動コントロールする除加湿ストリーマ空気清浄機『クリアフォースZ』を発売
・世界で初めてR-32冷媒を採用した店舗・オフィス用エアコン『FIVE STAR ZEAS』を発売
・ダイキンヨーロッパ社が創立40周年記念式典を開催
・暖房・給湯事業の拡大を目指し「ダイキン 旭川ラボ」を開設
・空調機器販売会社『ダイキン エアコンディショニング サウジアラビア社』を設立

2014
2014
(平成26年)
・「英国・グレーターマンチェスターにおけるスマートコミュニティ実証事業」を開始
・世界最大規模のデザインの祭典「ミラノサローネ」に初出展
「ミラノサローネ」

・創業90周年記念 社会貢献事業 『“空気をはぐくむ森”プロジェクト』をスタート
・パッケージエアコン国内生産1,000万台を達成
・年間運転効率を大幅に向上したビル用マルチエアコン『VRV X』シリーズを新発売
・CDP「気候変動パフォーマンス先進企業」に選定
・富山県南砺(なんと)市で管水路用マイクロ水力発電システムの実証実験を開始
・経済産業省主催の「キャリア教育アワード」で当社の環境教育プログラムが優秀賞を受賞

2015
2015
(平成27年)
・Goodman社が米国・テキサス州に新拠点を設立
・大手化学メーカー ソルベイ社から欧州の冷媒事業を買収
・タイの空調メーカーへ次世代冷媒R-32に関する技術支援を開始
・次世代冷媒を用いた空調機の特許を全世界で無償開放
・『ダイキン工業 90年史』を発刊
・米国政府より「環境貢献企業」に認定
・技術開発拠点「テクノロジー・イノベーションセンター」を開設
10メートル法 電波暗室

・冷媒の環境課題に対するダイキングループの方針をまとめた 『ダイキン冷媒ポリシーペーパー』を発行

2016
2016
(平成28年)
・米国のエアフィルターメーカー フランダースを買収
・空気の看板「大ぴちょんくん」が大阪・梅田に誕生
「大ぴちょんくん」

・イタリアの業務用冷凍・冷蔵機メーカー ザノッティ社を買収
・ダイキンエアコンディショニングエジプト社を設立
・女性活躍推進法に基づく認定マーク「えるぼし」の最高位を取得
・ダイキンエアコンディショニングニュージーランドを設立
・北欧のエアフィルターメーカー ディンエア社を買収


ページ上部へ戻る