ダイキン工業株式会社

製品情報

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせを受け付けています。

お問い合わせ

【フッ素樹脂】 ポリフロンPTFE-M(モールディングパウダー)

フッ素樹脂の中で最も耐熱・耐薬品性に優れる代表的なパウダーです

ポリフロンPTFE-M(モールディングパウダー)は、優れた耐熱性、耐薬品性、耐候性、滑り性を有する4F(四フッ化)エチレン樹脂です。溶融粘度が非常に高いため、樹脂粉末を圧縮した後、融点以上に加熱(焼成)して粉末同士を融着させることで成形します。 ポリフロンPTFE-Mには成形加工法や用途に応じた品種が豊富にそろっています。

特長と特性

  • 強固なC-F結合により連続使用温度260℃の耐熱性、ほぼ全ての薬品に対する耐薬品性、非常に優れた耐候性を示します。
  • 摩擦係数が非常に小さく、滑り性に優れます。また、表面エネルギーが小さいため、撥水撥油性が高く、非粘着性に優れます。
  • 添加剤、可塑剤などを含まず化学的に不活性であるため極めて純粋です。
  • 非常に優秀な難燃性を有します(限界酸素指数 95Vol%)。

  • 耐熱性
  • 難燃性
  • 耐薬品性・バリア性
  • 耐候性
  • 滑り性
  • 非粘着特性
  • 電気特性
  • 光学特性

用途

  • ボールバルブシート

    ボールバルブシート

  • ケミカルポンプ

    ケミカルポンプ

  • 耐食ライニング

    耐食ライニング

製品情報

名称 ポリテトラフルオロエチレン (polytetrafluoroethylene)
構造式 (-CF2-CF2-)n

溶融粘度:1010~1011poise (380℃)、最高連続使用温度:260℃

モールディングパウダー (微粉末)

グレード
M-12、M-111、M-112
特性
平均粒径:20~50μm  見掛密度:0.2~0.5g/ml
成形方法
一般圧縮成形
成形品
大物成形品⇒切削フィルム、シート  圧縮成形シート

モールディングパウダー (造粒品)

グレード
M-139、M-391S、M-392
特性
平均粒径:300~500μm  見掛密度:0.7~0.9g/ml
成形方法
一般圧縮成形、自動圧縮成形、ラム押出成形、アイソスタティック成形
成形品
圧縮成形シート、ブロック・ロッド、スリーブ、チューブ

グレード

品番 平均粒径
(μm)
見掛密度
(g/ml)
特長 テクニカル
データシート
M-12 50 0.29 薄肉大型フィルムのような緻密な構造体を必要とする場合に好適
M-111 27 0.36 表面が非常に滑らかで緻密な成形品が得られ、特に圧縮クリープ性に優れる
パッキング、ガスケットなどの製造に適する
M-112 20 0.36 特に耐屈曲性の優れた成形品が得られ、ダイヤフラム、ベローズなどの製造に最適
M-139 400 0.92 流動性が良好な粉末で、見掛け密度が高く自動圧縮成形に最適
成形品はクリープ特性、二次加工性に優れる
M-391S 350 0.80 細粒化かつ、シャープな粒度分布と低帯電性を有し、表面が非常に滑らかな成形品が得られる
片押しシートなどの成形圧力が懸念される場合に適する
M-392 400 0.86 細粒化かつ、シャープな粒度分布と低帯電性を有し、特に狭い間隙への充填性に優れ、薄肉のスリーブ成形やアイソスタティック成形に適する

※数値は代表値であり、保証値ではありません。