ダイキン工業株式会社

製品情報

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせを受け付けています。

お問い合わせ

【フッ素樹脂】 ネオフロンCPT

バリア性に優れ、汎用樹脂と接着可能なフッ素樹脂

ネオフロンCPTは薬液、有機溶剤に対して優れたバリア性を有する新しいタイプのフッ素樹脂です。ポリアミドなどの汎用樹脂との溶融接着やNBR、ECOなどの汎用ゴムと加硫接着が可能なグレードも取りそろえており、積層材料としてこれまでにないソリューションを提供します。

特長と特性

  • ETFE樹脂に比べて、燃料に対する高いバリア性を有しています。
  • 接着性官能基が導入されているため、プラズマ処理等の表面処理なしで、溶融共押出により汎用樹脂との接着が可能です。
  • NBR、ECOなどの汎用ゴムと加硫接着が可能なためゴムホースにも適用できます。
  • 従来のフッ素樹脂よりも高い透明性を有しています。

  • 耐熱性
  • 難燃性
  • 耐薬品性・バリア性
  • 耐候性
  • 滑り性
  • 非粘着特性
  • 電気特性
  • 光学特性

特性データ

燃料透過係数(CE10,60℃)

燃料透過係数(CE10,60℃)

※CE10=エタノールを10%含有した試験燃料


ETFE樹脂とCPTの融点・透過係数の比較

ETFE樹脂とCPTの融点・透過係数の比較

用途

  • 燃料チューブ、インクチューブ、薬液用チューブ

    燃料チューブ、インクチューブ、薬液用チューブ

製品情報

名称 変性パーフルオロアルコキシ系樹脂

グレード

品番 MFR
(297℃)
特長 テクニカル
データシート
LP-1000 30 *1 共押出成形などにより汎用樹脂と、加硫接着により汎用ゴムと接着可能、バリア性に優れる
LP-1000AS 5 *1 導電グレード、共押出成形などにより汎用樹脂と接着可能、バリア性に優れる
LP-1030 7 *2 PFAと共押出成形などにより接着可能、バリア性に優れる

*1:49N *2:98N
※数値は代表値であり、保証値ではありません。