ページの本文へ

  1. TOP
  2. DAI-EL
  3. GALLERY

HISTORY

ダイキンフッ素化学80年の歴史。
そしてさらなる進化へ。

ダイキン工業は1933年に日本ではじめてのフッ素系冷媒の研究(フッ素化学)を開始しました。フッ素化学では80年以上の実績を持ち、DAI-ELは1970年の発売開始以来、約半世紀の実績を持ちます。自動車分野をメインに工業用途での実績を皮切りに、触感が求められる身体回りの素材展開までお客様のニーズに応えるべく進化を続けています。

  • 1924年
    合資会社大阪金属工業所を創立
  • 1933年
    フルオロカーボンガスの研究開始
  • 1934年
    大阪金属工業株式会社設立
  • 1942年
    淀川製作所でフルオロカーボンガスの製造開始
  • 1953年
    フッ素樹脂「ネオフロンPCTFE」を開発、市販開始
  • 1953年
    フッ素樹脂「ポリフロンPTFE」を開発、市販開始
  • 1963年
    社名をダイキン工業株式会社と改称 フッ素樹脂「ネオフロンFEP」の市販開始
  • 1970年
    フッ素ゴム「DAI-EL」の市販開始
  • 1976年
    離型剤「ダイフリー」の市販開始
  • 1983年
    鹿島工場(現・鹿島製作所)新設
  • 1991年
    ダイキンアメリカ社を設立
  • 1992年
    ダイキンケミカルヨーロッパ社を設立
  • 1994年
    ダイキンアメリカ社ディケーター工場の稼動開始
  • 1997年
    大金フッ素塗料(上海)有限公司社を設立
    代替フルオロカーボンガス HFC-32を生産開始
  • 1998年
    ダイキンケミカルネザーランド社を設立
  • 2001年
    大金フッ素化学(中国)有限公司を設立
    ダイキンケミカルフランス社を設立
    台湾大金先端化学股イ分有限公司を設立
  • 2002年
    世界初の接着性フッ素樹脂「ネオフロンEFEP」を開発、販売開始
  • 2003年
    石材用撥水撥油剤「エフトーン」の市販開始
  • 2004年
    アメリカのゴムコンパウンダー、クライテック社を買収
  • 2012年
    ダイキンコリア社を設立
  • 2015年
    テクノロジー・イノベーションセンター(TIC)を設立
  • 2016年
    化学研究開発センター(中国)を設立
ページの先頭へ