ダイキン工業株式会社

製品情報

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせを受け付けています。

お問い合わせ

【添加剤】 ポリフロンMPA

PTFEの繊維化を利用した、樹脂燃焼時のドリップ(滴下)を防止する添加剤です

ポリフロンMPAは、PTFE(4F(四フッ化)エチレン樹脂)からなるドリップ防止剤です。
PC、ABS、PSなどの樹脂に少量添加することで、燃焼時のドリップを防止し、UL-94燃焼試験におけるV-0達成に寄与することができます。
また、難燃剤の添加量を低減できることから、トータルコストダウンにもつながります。


この製品のカタログダウンロード

特長と特性

  • 樹脂との混合・押出・射出成形プロセスにおいて高温化で剪断応力を受けることにより、容易に繊維化を起こし、樹脂中で「ネットワーク構造」を形成します。このPTFEのネットワーク構造が燃焼時に収縮を起こし、ドリップ防止性能を発現します。
  • 独自のPTFEポリマーデザインにより、従来品よりも保存安定性やハンドリング性に優れています。
  • 樹脂中への分散性が良好なため、成形品の外観を損ないません。
  • 純PTFEタイプのため、他の複合タイプのドリップ防止剤に比べ、添加量が少なくて済みます。

  • 耐熱性
  • 難燃性
  • 耐薬品性・バリア性
  • 耐候性
  • 滑り性
  • 非粘着特性
  • 電気特性
  • 光学特性

特性データ

PC(ポリカーボネート)でのUL-94燃焼試験

水蒸気透過率

用途

  • テレビ筐体

  • OA筐体

  • 塩ビ電線

製品情報

名称 ポリテトラフルオロエチレン(polytetrafluoroethylene)
構造式 (-CF2-CF2-)n

PC中でのPTFE繊維形成

グレード

品番 用途 特長 テクニカル
データシート
FA-500H ドリップ防止 平均粒子径:500μm
剪断応力をかけると容易に繊維化するが、粒子自体は凝集しにくく扱いやすい