ダイキン工業株式会社

フッ素の市場・用途

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせを受け付けています。

お問い合わせ
フッ素化学サイト内検索

製品名・CAS番号・分子式・化学名から検索可能

環境・エネルギー分野に活用されるフッ素

環境負荷の低減や新エネルギー技術にもフッ素化学製品が貢献しています

フッ素化学製品はそのユニークな特性を生かし、さまざまな再生可能エネルギー、新エネルギー、省エネなど活躍の幅を広げています。

環境・エネルギー分野における用途

太陽電池

バックシート:
耐候性に優れた耐候性塗料用樹脂 ゼッフルやフッ素樹脂 ETFEフィルムは、太陽電池のバックシートの表面保護に用いられています。
太陽電池の長寿命化と発電コスト低減によって太陽電池発電普及に貢献しています。
フロントシート:
耐候性と機械強度に優れたフッ素樹脂 ETFEフィルムは、太陽電池のフロントシートの表面保護に用いられています。
製造工程:
太陽電池は半導体製造プロセスと類似のプロセスで製造され、半導体と同様のプロセス材料が使用されています。

半導体製造工程の詳細はコチラ

太陽電池

INDEXに戻る


リチウムイオン二次電池

リチウムイオン二次電池
ガスケット・セパレーター・正極板:
電解液に対する耐薬品性や電圧がかかったときの電気化学耐性、耐熱性を生かし、フッ素樹脂がパッキン(PFA)、バインダー(PTFE、PVdF系樹脂)などに用いられています。
電解液:
燃えないという特性を利用して、フッ素系電解液の実用化が検討されています。
また、電池特性向上のため、電解液にはフッ素系の添加剤が用いられています。
対象製品
要求特性
  • 耐薬品性・耐熱性・電気特性

INDEXに戻る


燃料電池

ガス拡散電極:
発電時に発生する水を効率的に排出するため、撥水性、耐酸化性に優れたフッ素樹脂がガス拡散電極に用いられています。
シール材:
耐酸化性と耐加水分解性に優れたフッ素ゴムは、燃料電池セルのシール材として用いられています。
電解質ポリマー:
スルホン酸基を持ったフッ素ポリマーは、プロトン伝導性と耐酸化性に優れ、固体高分子燃料電池用電解質膜に用いられています。
燃料電池
対象製品
要求特性
  • 撥水性・耐薬品性・耐熱性・電気特性

INDEXに戻る


オイル・ガス

オイル・ガス

油田の掘削現場が深海や地下深くになるにつれ、部材がさらされる条件はますます厳しくなっています。耐熱性、耐油性、耐薬品性に優れたフッ素樹脂やフッ素ゴムは、パイプライン、ライザー、アンビリカル、シール材、パッカー、電気ケーブル、電気コネクタなどに幅広く用いられています。

対象製品
要求特性
  • 耐熱性・耐油性・耐薬品性

INDEXに戻る


遮熱塗料

特殊顔料で太陽光をはね返し、室内温度を下げることで得られる「節電効果」と、4F(四フッ化)ならではの「耐久性」を兼ね備えた遮熱塗料は、「塗るエアコン」としてさまざまな建築物や船舶などに用いられています。

遮熱塗料
対象製品
要求特性
  • 耐候性

INDEXに戻る


風力発電

風力発電

耐候性に優れたフッ素塗料は、洋上や山奥など過酷な条件に設置される風力発電装置のメンテナンスフリー化に貢献します。

INDEXに戻る


次世代冷媒(低温暖化冷媒)

次世代冷媒(低温暖化冷媒)

ダイキンは世界で唯一、エアコンと冷媒の両方を手がけるメーカーとして、従来の冷媒に比べ地球温暖化係数が約3分の1という新冷媒R32を採用しました。

詳しい取組みはこちら

INDEXに戻る