ダイキン工業株式会社

フッ素の市場・用途

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせを受け付けています。

お問い合わせ
フッ素化学サイト内検索

製品名・CAS番号・分子式・化学名から検索可能

電線に活用されるフッ素

フッ素樹脂、フッ素ゴムは、耐候性、防汚性、耐熱性、難燃性、高い絶縁性、高周波を阻害しない電気特性などの優れた特性を有するため、センサーからLAN、電源に至る幅広い用途に用いられています。特に、高温下や化学薬品下など過酷な状況でも用いることができます。
溶融成形ができるフッ素樹脂、フッ素ゴムは、溶融押出で導体に被覆できます。一方、溶融成形できないフッ素樹脂PTFEの場合には、PTFEパウダーに助剤を混ぜたペーストを押出・焼成することで被覆したり、テープ状にしたPTFEを導体に巻きつける“ラッピング”という手法でも被覆できます。

用途例

自動車

O2センサー
O2センサー
対象製品
要求特性
  • 耐熱性
耐熱耐油電線
耐熱耐油電線

通信

LANケーブル
LANケーブル
対象製品
要求特性
  • 難燃性・低誘電率・低tanδ
情報端末
同軸ケーブル
対象製品
要求特性
  • 低誘電率・低tanδ・難燃性・細線成形性
携帯電話基地局
携帯電話基地局
対象製品
要求特性
  • 低誘電率・低tanδ・耐熱性

機械

ロボット電線
ロボット電線
対象製品
要求特性
  • 屈曲性・耐油性

航空機・船舶

制御線
制御線

家電

家電内部配線
家電内部配線

ページ上部へ戻る

特性

フッ素樹脂の各種特性

測定条件 PTFE PFA FEP ETFE
品番 (ASTM試験法) F-104
F-201
F-208
AP-201
AP-201SH
AP-210
AP-215SH
AP-230
AP-202
NP-101
NP-102
NP-20
NP-30
NP-120
NP-1105
EP-521
EP-506
EP-526
EP-546
EP-610
比重 D792 2.13-2.22 2.14-2.16 2.14-2.17 1.72-1.76 1.83-1.89
融点(℃) D3418 320-327 295-310 250-275 255-270 218-228
連続使用温度(℃) D638 260 260 205 150 150
引張強度(MPa) D638 26-60 22-52 17-40 39-59 39-59
伸び(%) 23℃ 250-600 250-610 270-460 300-600 350-650
曲げ弾性率(MPa) 23℃ 500-600 640-700 540-640 880-1270 690-880
比誘電率 D150
(106HZ)
2.1 2.1 2.1 2.6-2.8 2.6-2.8
誘電正接 D150
(106HZ)
0.0002 0.0004 0.0004 0.005 0.005
絶縁破壊強さ(MV/m) D149 19 20 20-24 16 16
耐油性 -
滑り性 -
燃焼性(OI値)(vol%) D2863 >95 >95 >95 31 50

フッ素樹脂の燃焼性

UL試験 ASTM試験
UL-94燃焼性グレード サンプル厚み(mm) 限界酸素指数(vol%)
ネオフロンPFA V-0 1.57 >95
ポリフロンPTFE V-0 1.57 >95
ネオフロンFEP V-0 1.57 >95
ネオフロンCPT V-0 1.57 >95
ネオフロンETFE V-0 1.57 31

成形方法

【フッ素樹脂】ポリフロンPTFEの電線成形

電線ペースト押出機の概要


【フッ素樹脂】ネオフロンPFA・FEP・ETFEの電線成形

電線成形装置の概要


押出機の構造

ページ上部へ戻る