ダイキン工業株式会社

製品情報

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせを受け付けています。

お問い合わせ
フッ素化学サイト内検索

製品名・CAS番号・分子式・化学名から検索可能

偽造サービス缶について

自動車用偽造サービス缶にご注意ください

昨今、当社製「ダイフロン-12」の自動車用サービス缶を精巧に偽造したものが流通しています。ご存知の通り「ダイフロン-12(CFC-12)」は特定フロンであり、当社は1995年に製造・販売を中止していますが、現在でも需要があり過去に製造されたサービス缶が流通している場合があります。
当社としては、この偽造品の中身について保証できるものではなく、これをエアコンに充填しトラブルが発生した場合、責任を負いかねます。また、偽造品は一目では判別しにくい外観です。今回新しく発見された偽造品には下記の代表的な特徴がありますので、十分にご注意ください。


識別の目安

(1)缶の側面(裏面)の注意書きの印字の誤植

※偽造品は下線の部分が「誤造作」および「湿度」

※正規品は下線の部分が「誤操作」および「湿気」


(2)その他 偽造品は正規品と比べて・・・

  • ダイキンマーク(三角形)が大きい
  • 青色の印刷部分が薄い
  • 注意書きの文字の大きさにバラツキがある  など

※上記は最近発見された偽造品の特徴です。他に偽造品と思われるものを発見された場合は下記までご連絡ください。

ダイキン工業株式会社 化学事業部 営業部

電話
大阪 06-6374-9311 東京 03-6716-0436