ヒートポンプ

ダイキンが可能性に挑み続ける空気の「熱」を集めて移動させる技術

空気中から「熱」だけを集めて運ぶ

ヒートポンプは空気中の熱を ポンプのように汲み上げて、
必要な場所に「移動させる」技術です。

例えると

ポンプを使って水を違う場所へ
移し変えることと同様です。

ページ上部へ戻る

エアコンでヒートポンプはどう使われている?

暖房時

エアコンの場合、暖房時は
室外の「熱」を集めて、
室内に移動し、
室内の空気に「熱」を渡します。

冷たい空気にも熱はある?

-15℃の空気にも「熱」はあります。
寒冷地でも連続運転可能な、エアコンや
ヒートポンプ式給湯機(エコキュート)も
開発されています。

冷房時

冷房時は逆に、室内の
空気中から「熱」を集めて、
室外に移動し、室外の空気に
「熱」を放出します。

室内には冷たい空気が
送られます。

ヒートポンプ式給油器(エコキュート)では?

ヒートポンプ式給湯機では
集めた「熱」で水を温め、
お湯をつくります。

ページ上部へ戻る

ヒートポンプはどうして省エネ?熱を「つくる」のではなく、もともとある熱を「集めて運ぶ」から

熱を「つくる」

例えは、火起こしで火を起こす場合、
多くのエネルギーが必要になります。

熱を「集めて運ぶ」

一方、熱を「集めて運ぶ」場合、もともと空気中に
ある熱を利用するので、エネルギーは少しで済みます。

だからヒートポンプは省エネ

家庭内で熱を発生させるよりも
空気中にある熱を集めて
家庭内へ移動させることが
できれば、より少ないエネルギーで大きな効果が期待できます。
それを可能にするのが
ヒートポンプ技術なのです。

ページ上部へ戻る

ダイキンはヒートポンプ技術を進化させることで、空気の新しい可能性にチャレンジしています

1958年(昭和33年)

日本で初めて水冷ヒートポンプ式のパッケージエアコンを開発。
以来、「熱をつくらずに移動させる」技術の可能性に挑み続けてきました。

1970年(昭和45年)

世界初!冷媒加熱方式 ヒートポンプ式ルームエアコン「イアラウンド」商品化

ダイキンの「イヤラウンド」は、
外の気温が0℃でも電熱ヒーターなしで
十分な暖房能力を発揮するだけでなく、
マイナス10℃でも連続運転が可能でした。


これは、当時のヒートポンプ技術では
考えられない、専門家にも
高く評価される技術でした。

1985年(昭和60年)

ヒートポンプ式冷暖房・給湯マルチシステム
「トリオシステム」を発売。
今ではあたりまえになっている
ヒートポンプ式給湯機(エコキュート)。
ダイキンは、すでにこの時から、
ヒートポンプ技術を給湯に活用していました。

2002年(平成14年)「ダイキンエコキュート」発売(ヒートポンプ式給湯機)

ダイキンは長年蓄積してきた
ヒートポンプ技術を活かし、より少ない電力で
お風呂やキッチンの給湯をまかなう
「ダイキンエコキュート(ヒートポンプ式給湯機)」の
製品化に成功しました。

ダイキンは空調のリーディングカンパニーとして、
効率性・省エネ性を高める
ヒートポンプ技術の開発を進めています。

ページ上部へ戻る

何が「熱」を運んでいるの?それは冷房 暖房の場合

「熱」を運んでいるのは、冷媒という物質です。
冷媒は室外機とエアコンの間を行き来して
「熱」を運んでいます。

ページ上部へ戻る

ヒートポンプとは?

どう熱を運ぶ?

ダイキンの空気の技術

温度コントロール技術

湿度コントロール技術

空気清浄コントロール技術

  • 健康な空気をつくる

    光速ストリーマ

気流コントロール技術