節電の夏を経た後、節電意識がどう変わったのか、前回の調査結果と比較してみました。住まいの空気

「緊急対策」から「日常」に変わる節電意識

「今年に限らず、今後も意識して節電したい」と回答した人は、5月の調査では81.6%でしたが、今回の調査でも84.3%と高水準を維持しており、国民の高い節電意識が持続していることが分かりました。節電が一過性の緊急対策ではなく、日常的に意識すべきものとして定着しつつある傾向が伺えます。 ・・・ 全体をみる

電気を使用するライフスタイルに対する意識や考えに変化があったのかを聞きました。 住まいの空気

ライフスタイルが大きく変化したビギナー層

全体では、50.2%もの人が「変わった」と回答しています。「変わった」と回答した人を、ベテランとビギナーで比較すると、ベテラン49.2%に対し、ビギナーは69.0%と大きく上回り、ビギナーほど、節電によってライフスタイルが変化したことが伺えます。

節電貢献度について自己採点した結果を、前回の調査と比較してみました。 住まいの空気

「まだまだできた」と謙虚に反省。節電スキルを追求するベテランと、自信を深めたビギナー

今回調査<n=580>



5月調査<n=591>

前回(5月)の調査結果と比較すると、節電を始める前の平均点数は59.83点だったのに対し、節電実施後は68.81点と、8.98点高くなっています。ビギナーにいたっては平均が13点高くなっており、実施後、自信を深めたことが伺えます。・・・ 全体をみる

節電をきっかけに、エアコンに対する意識や考えが変わったのかを聞いてみました。 住まいの空気

エアコンの節電対策 「耐える派」と「見直す派」

「変わった」と回答した人は4割でした。ベテランとビギナーで比較すると、「変わった」と回答した人は、ベテラン36.8%に対し、ビギナーは48.8%と上回る結果となりました。・・・ 全体をみる