ダイキン工業株式会社

梅雨の困りごとと解決法

梅雨時期の困りごと

梅雨時期の蒸し暑さ

  • 梅雨は湿気が多いため、気温が低くても蒸し暑さを感じることがあります。
  • これは、体感温度が「温度」だけでなく、「湿度」「気流」「輻射」「着衣量」「活動量」の「6つの要素」によって決まり、湿度が高いほど、体感温度が上がるためです。
実際の温度は同じ28℃でも、湿度80%と湿度50%では、湿度が高い方が暑く感じます。

梅雨時期の健康への影響

  • 梅雨が続くと湿度が80%を超え、カビやダニの繁殖に適した環境になります。
  • カビやダニは人にアレルギーを引き起こすアレル物質であるため、繁殖しやすい梅雨時期は、そのリスクが高まります。

「教えて先生!」のページでは、医学博士の清益先生が、梅雨のカビやダニが
人に与える影響について分かりやすく説明しています。
教えて先生! 湿度・カビ対策とは?

梅雨時期の住宅への影響

梅雨の湿気は、人に影響を与えるだけでなく、
実は住宅にも影響を与えることがあります。

東北文化学園大学 野武謳カ

  • 湿度が建物に与える影響は、最近では「湿害」と呼ばれています。
  • 建築に使う木材の乾燥度は規定されており、全く水分を含まない木材は「絶乾状態」、空気中の湿度とのバランスが取れている木材は「気乾状態」、水分を多く含むものは「湿潤状態」と呼ばれており、建築材料学的には、「湿潤状態」になった建材は使わず、「気乾状態」以下のものを使うことになっています。
  • しかし、建築物の木材が湿度を含んでしまうと、木材の中に入り込んだ木材腐朽菌が繁殖し、結果的に木材強度が低下することがあります。建物の土台や柱などに使われている木材の強度低下が起これば、耐震強度の低下につながります。阪神大震災のときに倒壊した住宅が、実はそういう住宅が多かったという調査報告もあります。
  • 梅雨時期のように湿度が高くなる時期には、居住者のためだけでなく住宅のためにも、除湿機などを使用して室内の湿度が高くなり過ぎないようにすることが重要です。

梅雨時期の洗濯物のニオイ

  • 梅雨時は、洗濯物を室内に干す人も多いはず。でも、部屋干しすると、イヤなニオイが発生することがあります。
  • その原因は、体から分泌されて衣類に付着し、洗濯しても落としきれなかった「たんぱく質汚れ」や、生乾きの状態で繁殖した細菌です。
  • イヤなニオイは、汚れ自体の化学的な分解、細菌による作用、部屋干し時の高温条件などで生成されると推察され、様々な成分が混ざった複合臭である、といわれています。

「教えて先生!」のページでは、医学博士の清益先生が、洗濯物のニオイについて分かりやすく解説しています。 教えて先生! 生乾きの洗濯物って、どうして臭うの?


梅雨時期の困りごとの解決法

エアコンを使った除湿

梅雨時期のエアコンの使い方

「温度」が高くなる真夏などは 「冷房運転」が適切ですが、梅雨などの「湿度」が高いときには、
肌寒くなりにくい「除湿運転」がおすすめです。

「冷房運転」と「除湿運転」の違い

冷房運転と除湿運転は、それぞれ役割が異なります。
冷房運転は「温度」を下げることが目的で、除湿運転は「湿度」を下げることが目的です。
除湿運転には、
@弱めの冷房運転で温度を少し下げて除湿する「弱冷房除湿(ドライ)」
A温度を下げた空気を、ちょうどいい温度に暖めなおしてから部屋に戻す「再熱除湿」
の2タイプがあります。

  • ダイキンのエアコンには、部屋の湿気の量に応じてこまめに能力を調整することで、冷えすぎない除湿を実現する「ハイブリッド除湿(新さらら除湿)」を搭載している機種もあります。
冷房と除湿の比較
  冷房 弱冷房除湿
(ドライ)
再熱除湿 ハイブリッド除湿
(新さらら除湿)
機能の目的 温度を下げる 湿気をとる
部屋の温度
最も下がる

少し下がる

あまり下がらない
消費電力
(電気代)

再熱除湿より少ない

冷房とほぼ同じ

冷房より多い

冷房とほぼ同じ

※ 日本冷凍空調工業会が定める、室温低下2℃以内(吸込温度と吹出温度の差)の除湿運転。

「空気の学校」のページでは、「冷房」と「除湿」の違いを、さらに詳しく分かりやすい言葉で説明しています。 空気の学校 「冷房と除湿はどう違う?」 ハイブリッド除湿(新さらら除湿)」機能を搭載したダイキンのエアコンはこちら

除湿機を使った除湿

梅雨時期の除湿機の使い方

  • 室温が25℃程度なら、除湿機の設定湿度は40〜60%がおすすめです。エアコンの場合は、気流で体感温度が少し下がるため、設定湿度は少し高めでも良いでしょう。
  • 共働きなど、昼間不在になるご家庭では、留守中の除湿がおすすめです。気密性の高い家なら、部屋のドアを開けておけば、ワンフロアまるごと除湿が可能です。
  • 除湿機を置くのは、温度が低くなる北側の部屋がおすすめ。
    日差しが入りやすい南側の部屋に比べ、北側の部屋の室温は低くなります。
    閉め切った空間では、湿気はどの部屋でも均一の量になろうとしますが、温度が低いほど空気中に含むことのできる水分量が少なくなるため、相対的に湿度が高くなるのです。

気密性の高い家では、留守中に各部屋のドアを開放して除湿機を使用すれば、ワンフロアまるごと除湿が可能です。

除湿機は温度が低くなる北側の部屋に置くのが効果的。

部屋干しのコツ

  • 洗濯物からは多くの水分が放出されるので、部屋干しするときは、湿気の逃げ場を作りましょう。
  • 洗濯物を早く乾かすコツを下の図にしてみました。

洗濯物は風と除湿の連携プレーですばやく乾かしましょう。

理想は天日干し。でも梅雨の季節…
機器を使って解決! 1.風の道を作ってあげる 2.風をあてて湿気を追い出す(●空気清浄機でも効果的●除湿機の風を直接あてれば、もっと効果的) 3.出てきた湿気を機器で回収
  • 最も大切なのはBの除湿。風がなくても部屋が十分に乾いていれば、自然乾燥でもすばやく水分が蒸発します。
  • また、温度が高い方が乾きやすいので、日が当たりやすい南側の部屋に干すと良いでしょう。
早く乾かせばニオイが出ない。除湿をすれば、菌は減ります。 除湿の有無による洗濯物の菌数比較グラフ。

<試験条件>
ガーゼ(約5p×5p、12枚折)に試験菌液1mlを滴下したものを各条件で乾燥後、経時的に回収し、洗い出して寒天培地で培養。
コロニー数を測定することにより生菌数とした。(大腸菌)
ダイキン工業調べ

梅雨の参考情報

梅雨のメカニズム

毎年5月下旬になると、日本の近くに偏西風が吹き、それに導かれて4つの気団が生まれます。
@揚子江気団
Aオホーツク海高気圧
B小笠原気団
C熱帯モンスーン気団
高温多湿の「小笠原気団」と、乾燥した大陸性の「揚子江気団」が混ざり合い、空気が上昇することで、上空には大きな雨雲が形成されます。
一方、南の「熱帯モンスーン気団」と、北の「オホーツク海高気圧」のぶつかる力はほぼ同じため、どちらにも流れることなく、大きな雨雲が日本に停滞することになります。これが、「梅雨前線」と呼ばれるものなのです。


湿度とは?

  • 空気中には水分が含まれています。これが湿気の正体です。
  • 空気が含むことのできる水分の量(飽和水蒸気量)は、
    空気の温度によって異なり、暖かい空気ほど多くの水分を含むことができます。

「空気の学校」のページでは、湿度について、さらに詳しく分かりやすい言葉で説明しています。空気の学校 「湿度って何?」

空気がたくわえられる水分の量は湿度が高い時は多く、湿度が低い時は少なくなります。

エアコン除湿の仕組み

  • エアコンの中には、熱交換器というアルミでできたフィンが、何層にも重なって入っています。
  • 冷房運転を行うと、コンプレッサーで圧縮して冷やされたフロンガスが銅管の中を流れ、アルミのフィンを冷やします。
  • そこに空気を送ると、冷たい風を作ることができます。
  • アルミフィンを冷やしたとき、周りの空気が冷えて、含むことのできる水分量が減り、空気中にいられなくなった水分が現れます。
  • その水分がフィンに結露し、ドレンホースを通じて屋外に排出されるので、室内の水分量が減り、除湿することができるのです。
エアコンは冷風を作るときにフィンが冷えます。冷房時と除湿時に結露が発生します。

エアコンのお手入れ

  • 冷房運転中は、室内機の中に水滴が発生します。
  • 運転中はエアコン内が冷えているので、カビなどの繁殖の心配はありませんが、停止すると内部の温度が上がり、カビなどにとって都合のよい温湿度環境になってしまいます。
  • そのため、エアコン停止後は、この湿気を逃がす必要があります。
  • 具体的には、エアコン停止後、タイマーで1〜2時間送風運転するのが効果的です。最近では、運転終了後、自動的に送風運転するエアコンも増えてきました。
  • ただし、湿気が室内に放出されるので、換気扇をまわすなど工夫するとよいでしょう。
  • カビはホコリを栄養源にして育つので、エアコン内にホコリが溜まりにくくすることも大切。エアフィルターはこまめに手入れして、エアコン内部のホコリの量を減らしましょう。
  • 最近は、フィルターのホコリを自動で掃除してくれるエアコンも出ていますので、そんな商品を選ぶと便利です。

エアコン運転後は中を乾かしてあげましょう。

カビの原因は湿気とホコリです。運転後は送風乾燥(1時間〜2時間)し、定期的なホコリ除去を行いましょう。最新のエアコンには乾燥機能が付いているものも多いので、上手に利用しましょう。

除湿機の除湿の仕組み

除湿機の除湿方式は、 「コンプレッサー式」「デシカント式」の2つに分類できます。

コンプレッサー式

エアコンにも使われているコンプレッサー(圧縮機)を利用する除湿方式。コンプレッサーを使って冷媒(ガス)の温度を変化させ、吸い込んだ空気中の水分を、冷却した熱交換器に結露させます。水分が奪われて、乾燥した空気を室内に放出することで、湿度を下げます。
消費電力が少なく、梅雨のような高温多湿な環境ほど高い除湿能力を発揮するという特長があります。

デシカント式

デシカントと呼ばれる吸湿剤に空気中の水分を吸着させる除湿方式。吸着した水分をヒーターで蒸発させ、冷却した熱交換器に蒸発した水分を結露させます。水分が奪われて、乾燥した空気を室内に放出することで、湿度を下げます。
ヒーターを利用するため消費電力が大きく、また室温が上昇しやすいのが難点で、夏の使用には向いていません。

最近では、コンプレッサー式とデシカント式を組み合わせたハイブリッド式の除湿機も販売されています。

コンプレッサー式除湿機の仕組み デシカント式除湿機の仕組み

コンプレッサー式とデシカント式の比較

  コンプレッサー式 デシカント式 ハイブリッド式
部屋の温度
上がりにくい(2〜4℃)

上がる (3〜8℃)

少し上がる
(デシカント式より上がらない)
消費電力
(電気代)
除湿特性 ・高温多湿の梅雨時期の
除湿能力が高い
・冬場の除湿能力が 低くなる
冬場の除湿能力が
安定している
冬場の除湿能力が
安定している

コンプレッサー式のダイキンの除加湿空気清浄機はこちら

除湿機のお手入れ

  • タンクに溜まった水は早めに捨て、カビや菌が繁殖しないようすぐに拭いて乾燥させるようにしましょう。
  • また、コンプレッサー式の除湿機は、エアコンと同様、除湿運転中に除湿機内に水滴が発生するため、運転停止後は、この湿気を逃がす必要があります。
  • 具体的には、停止後1時間ほど送風運転するのが効果的。最近では、運転終了後に、自動的に送風される除湿機も増えています。

押入れのカビ退治

  • 梅雨時期の押入れは、布団がたっぷり湿気を含んでいるため、放っておくと、大切な布団にカビが生えたり、ニオイが発生したり、トラブルが起こります。
  • 布団が吸い込んでしまった湿気は、下の図のように、風を使って取り除くことができます。
1.風の道を作ってあげる 2.風をあてて湿気を追い出す 3.出てきた湿気を機器で回収
  • 最も大切なのはBの除湿。部屋が乾燥していれば、除湿するだけでもかなりの効果が期待できます。
    ただし、それだけで布団の湿気を抜くには2〜3日は必要。そのため、スピードを重視するなら、やはり風をあてながら除湿するのが効果的です。
  • 部屋を除湿機やエアコンなどで除湿しながら、扇風機で乾いた風を押入れに送りましょう。
  • 除湿機を使うと部屋の温度が少し上昇するので、在室中はエアコンの方がおすすめです。

実は梅雨だから出来るお部屋の脱臭の裏技

1年でもっともニオイを感じるのは、湿気が多い梅雨です。

調べてみると、約8割の方が、ニオイに対して何らかの不満をもっていて、とくに梅雨〜夏に集中していることが分かります。

家のニオイ(N=457)気にならない15%。気になる85%ニオイが気になる季節(N=気になる人387 MA)春(3%)梅雨(33%)夏(28%)秋(4%)冬(14%)1年中(51%) ダイキン工業調べ

住まいのニオイは、キッチンで発生し、壁に染み込みます。

住まいのニオイの主な発生源は、キッチンなどでの調理のニオイ。
換気扇で除去できなかったニオイは、そのまま居間に移動し、壁やソファに染みついてしまいます。

キッチンでニオイ発生→壁の中へ

湿気の多い日は、ニオイが水分と入れ代わって、壁から放出されます。

壁に吸着されたニオイは、分子が水蒸気と同じくらいの大きさなので、湿気が多い日は壁に染み込む水蒸気に押し出されて、室内に放出されてしまいます。これが梅雨のイヤなニオイの原因でした。

ぴちょんくんも壁が好き

壁に染み込んだニオイは、湿気を使って除去することができます。

  • 逆に、この原理を利用すれば、壁に染み込んだニオイを除去することができます。室内を60%程度にまで加湿すると、壁からニオイが出てくるので、除湿や換気でそのニオイを回収すればいいのです。
  • ニオイと湿気は相性がいいので、除湿すると湿気とニオイの両方を取り除くことが可能。梅雨時期は、室内の湿度が高いので、除湿するだけでも効果があります。
壁に吸着されたニオイ「ニオイ分子を物理吸着」物理吸着の吸着量は圧力と温度に依存しています。2時間加湿して、湿気を使って壁からニオイを追い出します。「物理吸着力<<水との親和性」部屋の湿気が多くなると、空間と固体内の濃度を同じにする力が働き、ニオイ分子が脱離します。2時間除湿し、湿気と一緒にニオイを除去。「除湿」浮き出たニオイは、水分子と一緒に除去することができます。

水蒸気を除去すれば、染み出たニオイも一緒に除去してくれます。

つまり、室内からニオイが発生する梅雨は、逆に壁を脱臭するチャンス、と言えます。天気にあわせて、換気や除湿、エアコン除湿を使い分け、ニオイと一緒に湿気を追い出しましょう。

ニオイがしたらチャンス!湿気と一緒にニオイを逃がしてあげましょう
ニオイが除去され、きれいな空気の部屋に。