ダイキン工業株式会社

花粉の困りごとと解決法

花粉シーズンの困りごと

花粉の影響

年々、花粉症の患者数は増えており、花粉シーズンになると多くの人が
・せきやくしゃみが止まらない
・目がかゆくなる
といった症状に悩んでいます。

また、
・花粉が付着するので、洗濯物を外に干せない
というように日常生活にも影響を与えています。

そこで、私たちを悩ませる花粉にまつわる情報と、花粉シーズンを乗り切るための対策法を紹介します。

花粉の対策法

室内への花粉の侵入を防ぐ

室内の花粉と侵入経路

花粉は、換気のときはもちろん、衣服などにも付着して室内に入ってきます。
また、大きな花粉よりも小さな花粉の方が、室内に入り込みやすい傾向があります。

風のない所では、花粉は1秒間に3pも落下→重いのですぐに落下→自動車などで落下した花粉が粉砕され、軽くなる→再飛散し、軽いので室内に入ってくる→一度入るとなかなか出ないコンクリートやアスファルトに覆われた都会では、花粉が土などに吸収されず、何度も空中に舞い上がる。 「主な室内への侵入経路」窓や換気から約60%洗濯物や布団干しから約37%帰宅時の衣服や髪から約3%
主な室内への侵入経路は、窓や換気からが約60%、洗濯物や布団干しからが約37%、帰宅時の衣服や髪からが約3%。

円グラフ出典:花王株式会社 生活者研究センター2006年1月発表資料 「花粉の室内侵入・持込み量とその割合」より(3〜4人家族のふだんの生活(窓開け換気1時間、洗濯物・布団を外干しして払わないで取り込み、外出した人がそのまま入室するなど)を想定した場合のもの)

室内の花粉を素早く除去するための心がけ

衣類から花粉を玄関先で落としましょう

● 帰宅時は、家に入る前に、衣服や髪の毛に付いた花粉を、玄関先でしっかり落としましょう。
●花粉が付きやすい上着などは、玄関近くに収納し、室内に花粉を撒き散らさないようにしましょう。
●家に入ったら洗面所に直行して、洗顔、手洗い、うがいを行いましょう。
●帰宅時はできるだけ早くシャワーを浴びるなど、身体や髪に付着した花粉を洗い落とすのもおすすめです。
(就寝前にはしっかり落としておきましょう。)
● 床に落ちた花粉は、こまめに掃除をして除去しましょう。(掃除機でもOK)
● 10センチ程度の窓開けや、換気扇の利用なら、花粉が室内に入ってくるのを抑制します。

床拭き、掃除機などで床に落ちた花粉を除去しましょう

洗濯物を外干しするときの工夫

花粉シーズンに洗濯物を外に干すなら、花粉が少ない午前中がおすすめです。
朝から雨が降っている日は花粉が少ないので、窓開け換気もおすすめです。

天気のよい日は・・・

午前10時までは外干し、その後は室内に取り込んで、部屋干ししましょう。
晴れの日の外干しは午前10時まで。

朝から雨の日は・・・

スギ花粉が開花できず、花粉量が少なくなるので、雨の日を利用して上手に換気を行いましょう。
雨の日は最初から室内干し。でも雨の日こそ、空気の入れ替えをおすすめします。


時間別にみた花粉飛散量 10時までは花粉が少ない

出典:花粉症環境保全マニュアル2009(環境省) 財団法人気象業務支援センター 村山貢司氏提供情報

外出時にできること

マスクやメガネで予防

花粉症の症状を起こさないためには、花粉を鼻から吸い込んだり、目に入れないことが重要です。
マスクやメガネが花粉の防御に効果的です。

  鼻の中の
花粉数
結膜の上の
花粉数
マスクなし
メガネなし
1848個 791個
通常のマスク
通常のメガネ
537個 460個
花粉症用マスク
花粉症用メガネ
304個 280個

出典:「的確な花粉症の治療のために」日本医科大学耳鼻咽喉科 大久保 公裕

花粉シーズンにおすすめの服装

室内に花粉を持ち込みやすいのはウールの衣服。
凹凸が多く、花粉が付着しやすいので、着用を避けましょう。

時間別にみた花粉飛散量 ウール素材は花粉が付着しやすく、室内に持ち込む花粉量を増やしてしまうので、着用を避けましょう。

おすすめは

綿やポリエステルなどの化学繊維
※花粉が付着しにくく落ちやすい

髪の毛にもご用心

髪の毛にも花粉が付着しやすいので、帽子を被って対策しましょう。

髪の毛を帽子でガード 長い髪はまとめる(表面積を小さくする)ここに、マスクと花粉症用の眼鏡、スカーフが加わるとさらに強力にガード! 凹凸の少ない素材(綿・化学繊維など) ボトムは短めに(花粉は下の方に多く付着するため)化繊のストッキング 静電気防止スプレーや柔軟材も効果あり!

空気清浄機で室内の花粉を除去する

空気清浄機の選び方

価格だけでなく適用床面積やフィルター寿命、
機能の長持ち度をチェックし、自分に合った空気清浄機を選びましょう。

適用床面積

「適用床面積」が大きいほど、お部屋が早くきれいになります。「適用床面積」は、空気清浄機を設置する部屋の広さの3〜4倍のものを選ぶのがおすすめです。
適用床面積が8畳だと8畳の部屋をきれいにするための所要時間は30分適用床面積が31畳だと8畳の部屋をきれいにするための所要時間は9分

フィルターの寿命

空気清浄機の寿命は約10年。だから、フィルターの寿命が10年以下だと、都度交換の必要があり、コストがかかる上に面倒。フィルター寿命の長いものがおすすめです。


集塵能力の持続性

フィルターの目詰まりによって、集塵能力は徐々に低下するものです。
風量が大きいものや、長期間使用してもフィルターが目詰まりしにくい電気集塵機能を搭載したものがおすすめです。

花粉の分解力

スギ花粉にはクリジェー1とクリジェー2の2種類のアレル物質が潜んでいます。
花粉症患者の92.4%はクリジェー1とクリジェー2のどちらにも反応します。花粉を芯まで分解することが重要です。

スギ花粉 クリジェー1(Cryj1)花粉の外皮に付着しているアレルゲン クリジェー2(Cryj2)花粉の中の細胞質に含まれているアレルゲン


集塵能力が持続し、分解力が自慢のストリーマを搭載したダイキンの空気清浄機はこちら

設置場所

床に近いところに置く

ホコリや花粉は低いところに落ちるので、空気清浄機は床付近に置くのが効果的。花粉対策としては、玄関や部屋の出入り口近くに置くと、高い効果が得られます。

吸い込み口や吹き出し口に障害物を置かない

空気清浄機の吸い込み、吹き出しを妨げないようにすることで、部屋の中に空気の流れが生まれ、部屋の空気を効率よくきれいにします。

エアコンが部屋の角にある場合、その対角に置く

エアコンの対角線上に置くと、エアコンの気流との相乗効果で部屋の空気の流れが良くなり、さらに効率よく空気をきれいにすることができます。

空気は吸い込みやすい位置に設置しましょう
部屋の隅までしっかりキャッチ

運転時間

花粉対策には空気清浄機を24時間連続して運転するのが理想です。在室中だけ空気清浄機を使っているケースも多いようですが、人がいない部屋には空気の流れがないため、室内に浮遊していたホコリが溜まりやすい状態になっています。
留守の間でも空気清浄機を運転し、常に部屋の空気を清潔に保ちましょう。
1日中つけていても電気代は1日10円以下です。

※試算条件
ダイキン加湿ストリーマ空気清浄機MCK70R-Wで、運転モード「ターボ(7.0m3/分・1時間あたりの電気代1.97円)」で10分運転:0.33円(帰宅後、洗濯物の取り込みの時間を想定)、運転モード「標準(3.5m3/分・1時間あたりの電気代0.46円)」で7時間運転:3.22円(在室中を想定)、運転モード「強(4.8m3/分・1時間あたりの電気代0.78円)」で3時間運転:2.34円(家事中を想定)、運転モード「しずか(1.0m3/分・1時間あたりの電気代0.22円)」で14時間:3.08円(留守中の時間7時間、睡眠中の時間7時間を想定)、1日の電気代合計は8.97円(1kWh=27円で計算)

生活シーンに合わせた空気清浄機の上手な運転方法

生活シーンやホコリの発生量に合わせて風量を使い分けるのがおすすめです。

掃除をしているときや、洗濯物を取り込むとき、たたむとき
最大風量

掃除中はホコリが発生しやすいので、大風量ですばやくキャッチしましょう。
洗濯物を取り込むときも、最大の風量で運転すれば、外から室内に入ってくる花粉や排ガスをすばやく除去することができます。また、外に干していた洗濯物には花粉や排ガスが付着しているので、たたむときも大きな風量での運転がおすすめです。

掃除機で花粉

就寝中
最小風量

静かな環境でぐっすり眠れるよう、運転音が最も小さい、最小の風量で運転するのがおすすめです。

それ以外
自動風量

普段は、ホコリの発生量を空気清浄機内部のセンサーがチェックし、風量を自動で調整してくれる自動運転がおすすめです。


空気清浄機のお手入れ

空気清浄機の性能を最大限に発揮させるために、しっかりお手入れしましょう。

大きなホコリを捕まえるプレフィルターは2週間に1度の掃除で清潔に。

一般的に、空気清浄機には複数のフィルターが搭載されています。最も外側に位置し、大きなホコリを捕まえるプレフィルターは、2週間に1度汚れを掃除機で吸い取る必要があります。フィルターが汚れで詰まっていると、空気の吸い込み・吹き出しが妨げられ、効率的に空気をきれいにすることができません。
機種によって必要なお手入れが異なりますので、お使いの機種の取扱説明書にしたがって適切なお手入れをしましょう。

花粉に関する参考情報

花粉の飛散量と花粉症の患者数

飛散量増加の原因は、戦後に建材の確保と治水を目的として全国にスギが植林され、それらが1960年代後半になって花粉生産力の高い樹齢30年程度に達し始めたためだと言われています。
花粉の飛散量が増えたことで、花粉を吸い込む人が増え、花粉症の患者が増えているようです。
今や日本の半数は花粉症世帯です。


花粉症の世帯数(2008年 ダイキン調べ)いまや、2世帯に1世帯は、花粉症の家族がいる時代に

花粉飛散量

花粉飛散量の推移グラフ

出典:東京都福祉保健局

都内の花粉症にかかっている人の割合(推定)
昭和58〜62年度 平成8年度 平成18年度
有病率 10.0% 19.4%(9.4) 28.2%(8.8)

出典:東京都福祉保健局


花粉に対する意識

花粉の種類と飛散する季節

春に飛散するスギ、ヒノキの花粉がよく話題になりますが、実は花粉は「春」だけではなく1年中飛散しています。

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
@ハンノキ                                          
Aスギ                                          
Bヒノキ科                                          
Cシラカンバ                                          
Dイネ科                                          
Eブタクサ属                                          
Fヨモギ属                                          
Gカナムグラ                                          

出典:鼻アレルギー診断ガイドライン「通年性鼻炎と花粉症」 2002年版(改訂第4版)の内容をもとに改編
※飛散時期は日本の各地域(北海道、関東、関西、九州)の飛散時期の合計で記載
※イネ科・・・オオアワガエリ、カモガヤ、ナガハグサなど

花粉:スギ、イネ、ブタクサ、ヨモギなど

出典:相模原病院HP

花粉の飛散量を決める環境要因

花粉が多く飛ぶ気象条件

花粉の飛散量は、気象の影響を受けるので、気象条件を把握すれば、花粉量の予測ができます。

花粉はこんな日によく飛びます

温度 ●晴れて天気が良く気温が高い。
●前日との温度差が大きい日はさらに増加する。
最高気温と花粉飛散量 前日までの気温が低いと、反動で、大飛散となることもある。
湿度 ●空気が乾燥している。(上空が乾燥すると遠くまで飛びやすい。)
●風が強くなると、花粉は落下せず、郊外や都市部に飛散する。風速と花粉数 風が強くなると花粉数も多くなる
●雨の翌日は、2日分の雄花が開花するので、花粉飛散量が非常に多くなることがある。
⇔朝から雨が降ると、スギ雄花は濡れて開花できないので、飛散量は少なくなる。

上記のような条件が揃う日は、花粉の飛散量が多くなるので、上手な対策が必要です。

花粉の飛散量が多くなる前年の気象条件

花粉の飛散量は前年の気象条件も大きく関係すると言われています。
●前年の夏に高気温が続き、日照時間が長かった
●前年の夏に、降雨量が少なかった
●前年の春に、花粉飛散量が少なかった
日照時間が多く、気温が高いと、花芽がよく成長し、翌年の花粉飛散量が多くなります。

花粉数と日射量 前年の日射量が多い年は花粉量も多い

田舎の花粉と都会の花粉の違い

日本のスギ林と花粉症発祥の実態

スギ林が少ない都市部で花粉症にかかっている人の割合が高いのは、なぜ?

スギ花粉症にかかっている人の割合とスギ人工林比率の関係



※スギ人工林比率・・・林野庁業務資料によるスギ人工林面積の都道府県面積に占める割合(2007年)
※地域ブロックは農林水産省の全国農業地域区分による
出典:
●スギ花粉症有症率・・・宇田川勝司 『数字が語る現代日本の「ウラ」
「オモテ」』学研新書(2009年)※花粉症有症率は2008年調査のもの
●その他、農林水産省HP、総務省統計局「日本の統計2009」

都市部は大気中の排気ガスが多く、地表面がアスファルトで覆われているといった特有の事情から、花粉症にかかっている人の割合が高くなっている可能性があります。

都市部の花粉と田舎の花粉の違いを見てみましょう。

田舎の花粉と都会の花粉

都会の空気には、田舎の空気とは異なり、アジュバントと呼ばれる大気汚染物質が多く含まれています。
花粉は、山から移動する際に、この大気汚染物質を吸着して都市に運ばれます。

田舎と都会の花粉の違い

花粉症増加の原因

空気中には、アレルギー症状を悪化させるアジュバント物質が存在します。

花粉症増加の原因●大気汚染●住まいの気密化●地面のアスファルト化●食生活の高タンパク食化●幼児期の過保護●ストレス社会、低体温の増加●スギ花粉の増加

花粉などのアレル物質と一緒に吸うことで、
アレルギー症状が悪化する物質をアジュバント物質といいます。
主なアジュバント物質として自動車から排出されるディーゼル粉塵や建材に使われているホルムアルデヒドなどがあります。

アジュバント物質の代表例 ディーゼル粉塵

外部環境の変化により悪化する都市部の花粉の実態、その【症状悪化の原因】を探ります。

アジュバントによる花粉症悪化のメカニズム

アジュバント物質と花粉症の症状の関係

アジュバント物質であるディーゼル粉塵は、花粉症の症状を2倍に悪化させると言われています。

ディーゼル粉塵有無による花粉症の症状の関係 ディーゼル粉塵と一緒にアレルゲンを吸うと抗体濃度が2倍に増加(アレルギー症状が悪化)

アジュバント効果について 排ガスなどのディーゼル粉塵やホルムアルデヒドなどがアレルギー症状を悪化させる作用のことを「アジュバント効果」という。

公表:2005年6月9日 試験条件:健康なマウスに2週間毎に抗原(卵白アルブミン)を腹腔投与(注射)し、8週間目の血中の総IgE量を測定。(ダイキン工業・和歌山県立医科大学・国立環境研究所と共同研究)


身近にある「アレル物質」と「アジュバント物質」

アレルギーを悪化させるアジュバント物質は、身近にもたくさんあります。

アレルギーを引き起こす物質とアジュバント物質イメージ